スポンサードリンク

Top Page > アブダビのみどころ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    フェラーリワールドの最後は番外編。

    ここはその名の通り、フェラーリのテーマパークでして、
    園内にはたくさんのフェラーリ車が展示してあります。

    アブダビ フェラーリワールド6
    こんな感じの展示がたくさん。

    その中でもある一角に、クラシックな珍しいフェラーリ車が
    まとめて展示されているスペースがありまして。。。

    フェラーリワールド 車1
    こんなんとか。。。

    フェラーリワールド 車2
    こんなんとか。。。

    フェラーリワールド 車3
    こんなんとか。。。

    フェラーリワールド 車4
    こんなんとか。。。

    こんな車、買ったら一体いくらくらいするんだろう、、、と
    思って見ていたら、ふと注意書きに目が。

    フェラーリワールド 車6
    「この展示はMR.Tariq Shaikhのご厚意によるものです。」

    これ、個人のご厚意なんかいな

    よく見ると、ここに展示してある車、
    ほとんどに「Tariq Shaikhのご厚意」の記述が。

    Tariq Shaikhってよく知りませんが、有名なクラシックカーオーナーらしいです。
    ちなみに、ここに展示している車、買いたい人は買えるそうで。

    こんな車が普通に売買されているわけですねー。。。
    やっぱり、アラブの財力はすげーわ。

    ある意味、「アラブらしさ」を感じさせてくれるフェラーリワールド番外編でした。

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


      スポンサードリンク
      スポンサーサイト
      さて、フェラーリワールドの内部へ。

      入場ゲートには、赤い車のオブジェ。

      フェラーリワールド オブジェ
      インド人たちがやたらと集まって写真を撮っているけど、
      この車、フェラーリにしてはちゃちすぎないか???

      アブダビ フェラーリワールド4
      基本的に全てアトラクションは屋内から行けます。
      (ジェットコースターのレールとフリーフォールだけが外)
      ドーム状の園内。
      写真の中央がフリーフォール。

      続いて、乗り物の一部を紹介。

      フェラーリワールド ジェットコースター1
      フォーミュラロッサではない、緩い方のジェットコースターです。
      怖くありませんが、レールは屋外なので、乗っている間は熱風地獄

      アブダビ フェラーリワールド5
      水が流れる中を進むV12というアトラクション。
      カッパを来て乗ります。
      結構濡れます。

      アブダビ フェラーリワールド3
      イタリアの名所のミニチュアの中を進む子供向けアトラクション。
      街や山の造りが尋常でなく雑


      全体的な印象として、やや全ての造りが残念なくらい雑
      乗り物は乗っていないものがいっぱいあるので、何とも言えませんが、
      園内の雰囲気として、遊園地特有の「別世界に入り込める」感がない。。。

      子供向けには、まだいいかもしれませんね。

      周りのアラブ人やインド人はそれなりに楽しんでいるようでしたが、
      日本で遊園地といえば、ディズニーランドに慣れてしまっていて、
      日本人の遊園地への見方は少し厳しくなっているのかも。

      遊園地だと思わず、でっかいゲームセンターみたいな感覚で行った方がいいでしょう。

      実際、せっかく無料券をもらいましたが、もう一度行く気にはなれず、
      友達にあげてしまいました。


      おすすめ度:C
      (ジェットコースター好きかフェラーリ好きでなければ、無理していかなくてもいいかと。)


      スポンサードリンク


      この記事と同じテーマの最新記事


        スポンサードリンク
        今回は、今やアブダビの一大観光名所となったフェラーリワールドについて。

        アブダビ フェラーリワールド1

        2010年10月に正式オープンして1年あまり、
        個人的には特に遊園地に興味がなかったので行ってなかったのですが、
        ドバイにいるなら一度は見ておかないと、ということで11月に行ってまいりました。

        ここの目玉は何といっても、
        世界最速ジェットコースター「フォーミュラ・ロッサ」

        *2秒で時速100kmに到達
        *最高速度時速240km
        *発生Gが1.7G
        というすさまじい代物だそうです。(すごそうだがよくわからん

        これを目当てに行く人が多いのではないでしょうか。

        ですが。。。
        ここで一つ注意を。

        まず行く前に、アトラクションが動いているかを確認しましょう

        「は?何言ってんの?」という人のために説明すると、
        UAEという国では、こんな目玉アトラクションでも、
        しょっちゅう動いていないことがあります

        自分が行った当日も、フェラーリワールドに到着するとこんな表示が。

        アブダビ フェラーリワールド2

        "AVAILABLE RIDES TODAY"は、当日動いているアトラクション。
        "UNABAILABLE RIDES"が、動いていないアトラクション。

        フォーミュラロッサ、動いてないやん
        でも今さら帰れへんやん。。。

        こんな事態を避けるため、事前にお目当ての乗り物が動いているか確認するとよいでしょう。

        確認はこちらのページからどうぞ→フェラーリワールドで今動いている乗り物一覧

        でも、HPでは「今日動いている乗り物」しかわからないので、
        旅行前に確認したら動いてたのに、行ってみたら動いていない、
        なんてこともありえるけどね。。。
        ま、確認しないよりマシ。

        で、自分はというと、現地まで行って帰るわけにもいかないので、とりあえず入場することに。

        入場料はなぜか年齢でなく、身長制でして、

        アブダビ フェラールワールド 料金

        150cm以上の人は225AED(約5000円)、150cm以下の人は165AED(約3500円)。
        150cm以下の大人は安く入れるかもね。

        残念ながら、夫婦ともに150cm以上あるため、二人で450AEDのお支払い。

        すると、チケット販売窓口から意外な返答が。
        「本日はフォーミュラロッサが動いていないので、2名分の次回の無料入場券か
        園内での食事券を差し上げます。」と。

        「おー、メインのアトラクションが二つも動いていないこと自体、異常だけど、
        一応、そういう空気が読めるようになったのか、UAEも」と何かちょっと感動
        (日本ではこれくらいのこと、当たり前なんでしょうけどね。)

        とりあえず、「無料入場券」の方をもらっておきました。


        園内の様子については次の記事で書きますが、
        あなたがジェットコースター好きで、特別フェラーリ好きでないなら、
        フォーミュラロッサの動いていないフェラーリワールドは、行く価値激減だと思います。

        事前にチェックしてフォーミュラロッサが動いていなければ(これが本当に面白いかは別として)、
        観光計画から外してもいいくらいだと思います、個人的に。

        ということで、アトラクションの事前チェックは重要事項ですのでぜひお気を付けを。

        次回は園内内部編です。

        スポンサードリンク


        この記事と同じテーマの最新記事


          スポンサードリンク
          以前、アブダビのみどころとして紹介したシェイクザイードモスク
          シェイクザイードモスク

          金曜日以外には午前中、イスラム教徒以外にも開放されていますが、
          先日ついに中に入ってきました。

          開放されているのは平日の朝10時からのツアー時間と、土曜の9時から12時。
          以前調べたときは予約が必要と聞いていたんですが、
          今は必要なくなっていますので、気軽に訪れることができます。

          シェイクザイードモスク1
          ほんと、いつ見てもこのモスクのスケールには圧倒されます。

          さて、中に入る際ですが、
          女性はアバヤ(イスラム教の黒い衣装)をまとう必要があります。

          男性は基本的に普段着で大丈夫ですが、短パンなどの場合は、
          アラブ衣装をまとわねばなりません。

          衣装は入口で貸してもらえますのでご心配なく。

          シェイクザイードモスク2
          入口での着替えの風景。

          シェイクザイードモスク3
          中へは靴を脱いで入ります。

          入って一言。
          うお!すげー!

          実は「モスク」というものの中に入ったのは今回が初めてなのですが、
          このモスクの内装の美しさと広さには驚かされました。

          壁の装飾、シャンデリア、天井の模様、床の絨毯。。。
          正直、内装にここまでのクオリティーを予想していなかったので、
          ただただ、口を開けて上を見上げるばかり。。。

          シェイクザイードモスク4
          そして、礼拝堂へ。。。

          広い。。。そして天井が高い。。。

          シェイクザイードモスク5
          柱にも装飾が施され、全く隙のない内装。
          ただ見事です。

          美術とか芸術に興味がない自分がそう思うのだから、確かでしょう。

          シェイクザイードモスク6
          天井の模様。

          シェイクザイードモスクのペルシャ絨毯
          床の絨毯。
          これ、世界一の面積を誇るペルシャ絨毯だとか。

          ちなみに、シャンデリアも世界一の大きさらしいです。


          ここは美術館でも博物館でもなく、
          イスラム教徒がお祈りをするための現役の正式なモスクです。

          そこに、ここが宗教施設であるが故の独特な雰囲気があります。
          単に「美しい建造物」という以上の、ある種の荘厳さや神聖さがあります。

          シェイクザイードモスク7

          個人的には、ここに入るだけもアブダビまで来る価値があると思えるほどの
          衝撃を受けました。
          UAEに来たら、ドバイだけでなく是非ここに訪れてほしい場所です。

          お勧め度:A
          (Burj Khalifaと同じくらいの観光の目玉とされてもいいくらいかと。)

          にほんブログ村 海外旅行
          にほんブログ村 中東情報


          スポンサードリンク


          この記事と同じテーマの最新記事


            スポンサードリンク
            2010
            02
            19

            アブダビのビーチ

            アブダビと聞いて、ビーチを想像する人は少ないと思います。
            むしろ、"砂漠"のイメージの方が強いのではないでしょうか。

            しかし、海岸沿いにあるアブダビの中心部は、
            実はむしろ”ビーチリゾート地”と言った方がよいくらいの場所です。

            実際、アブダビ中心部のリゾートホテルには、
            大概プライベートビーチがあります。
            (もちろん、エミレーツパレスにもありますよ。)

            そんな中今回紹介するのは、一般住民が自由に出入りできる
            パブリックビーチ

            もちろん、ホテルのプライベートビーチは素晴らしいのですが、
            せっかく来たなら地元のビーチの雰囲気を味わうのも面白いものです。

            特に「アラブのビーチ」というのは、一般的なビーチリゾート地
            のそれとはまた違った趣があります。

            今回は、夕暮れのビーチに行ってみました。

            CIMG0586_convert_20100221193346.jpg
            海岸沿いは、海水浴用に整備された公園のようになっていて、
            一応有料。(数ディルハムだったと思いますが。)
            夜はこんなライトアップも。

            CIMG0579_convert_20100221193036.jpg
            アブダビの高層ビル群をバックに広がるビーチ。
            日中暑いだけあって、夕暮れ時になっても人が一杯。

            CIMG0584_convert_20100221193627.jpg
            遠くに見えるエミレーツパレス。

            CIMG0578_convert_20100221192835.jpg
            向こう岸にはUAEの旗。光るモスク。
            そして子供と海を見るインド人のお母さん。

            アラブ人の女性が、アバヤ(黒いアラブ衣装)を着たまま
            海に入っている姿なんかもよく目にしますが、
            なかなか普通のリゾート地では目にできない光景が結構あります。

            このビーチは、市民の憩いの場のようにもなっていて、
            4人乗りの自転車などを貸し出していたり、
            ちょっとしたアクティビティーもあるようです。

            アブダビに来たら、一度プライベートビーチを覗いてみるのも
            地元の生活が垣間見えて面白いと思います。

            お勧め度:B(時間があれば覗くだけでも!)


            にほんブログ村 海外旅行
            にほんブログ村 中東情報

            スポンサードリンク


            この記事と同じテーマの最新記事


              スポンサードリンク

              検索フォーム

               

              カテゴリ

              全記事一覧

              お知らせ

              ドバイの旅行情報
              トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

              ドバイ 旅行
              フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

              FC2カウンター

              プロフィール

              kentaro3787

              Author:kentaro3787
              たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
              「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

              S:一生に一度は行きたい
              A:訪れて損はなし
              B:この地域に来たら行きたい
              C:良いけど、省略可
              D:行かなくてもいいかな
              (まあ、基準は適当です。)

              時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

              上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
              HTMHThHhさ