スポンサードリンク

Top Page > ドバイのお土産
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    とにかくショッピングモールの充実したドバイなので、
    ドバイのお土産はモールで買う人が多いと思います。

    実際、大体のものはモールで買えるのですが、
    今回はお土産スポットの穴場をご紹介。

    まあ、穴場と言ってもドバイ在住の日本人にはメジャーだと思いますが。

    まずはカラマスーク
    カラマショッピングセンターという呼び方もあるみたいで。
    正式に何ていうのかはよくわかりません。

    KARAMA スーク2

    インド人がいっぱいのカラマ地区にある商店街みたいなもんです。
    ここにあるものは結構小汚いものが多いのですが、
    モールと違って、ガンガン値切れます

    マトリョーシカなんかもここで買うと安いです。
    でも、たぶん普通の旅行者には行くのが難しい

    実際、外から見てもお土産が売ってるなんてわからないくらい、
    普通の商店街なもんで。
    ドバイに知り合いがいる人はぜひ。


    カラマスークに行きたくても行けない。。。という人も全く心配いりません。
    総合力ではカラマスークよりおすすめなのが、Gold Land

    ドバイ Gold Land

    ゴールドスークの近くです。
    でっかい建物なので、外からでもすぐわかります。

    ラクダの置き物(小物入れみたいなやつ)なんかはここで買えます。
    マトリョーシカはありません。

    ここもガンガン値切ってOK
    日本人と見るや、それなりにふっかけてくるので、元気があれば闘いましょう。
    日本人をなめんなよ

    あと、この中の"Gold Art"というアクセサリー屋さんでは、
    アラブ語で自分の名前をかたどったアクセサリーを作ってくれて、
    ドバイ在住日本人の御用達になっています。

    注文から数日かかると思うので、初日に行ってみるといいかと。


    モール系で意外と穴場なのが、WAFI。
    WAFIについてはドバイのみどころで紹介しましたが、とにかく空いてます。

    <参考記事>
    WAFI

    このモールの地下にスークになっているエリアがありまして、
    その中にアラブ感いっぱいのグラスを売っている店があって、おすすめ。

    ドバイ グラス屋1
    ときどき、店員がいないことがあります。
    ヒマすぎて、どっかに行ってしまったんでしょう

    でも、ちょっと待ってたらどこからか現れます。

    ドバイ グラス屋3
    アラブっぽいですな。

    ただし、ここでは値切れないのでご注意あれ。

    以上、お土産どころの穴場シリーズでした。

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


      スポンサードリンク
      スポンサーサイト
      どこの観光地もそうですが、
      ドバイも例に漏れず、置き物系のお土産は多いです。

      マトリョーシカもそのうちの一つ。

      置き物系お土産の中でメジャーなものを色々。

      ドバイといえば砂漠
      砂漠といえば

      ドバイ 砂の置物
      定番の砂の入ったビンの置き物。
      作り方がおもしろいので、チャンスがあればぜひ見てみてください。
      モールならマディナジュメイラなどで見られます。


      ドバイといえば砂漠
      砂漠といえばラクダ

      ドバイ お土産ラクダ
      ラクダの置き物も定番。
      ラクダの置き物には、こぎれいなやつとそうじゃないやつがあるので、
      色々見てみた方がいいでしょう。
      ちなみに、これは割とこぎれいな方。小物入れにもなってます。


      ドバイといえばアラブ人
      アラブ人といえばサングラス
      (ドバイは太陽が燦々なので、サングラスの普及率がすごいのです。)

      ドバイ 土産人形
      アラブのおっさんの置物。
      首がバネになっていて揺れます。ノリノリだぜ。


      ドバイといえばアラブ人
      アラブ人といえば顔を隠した女性

      ドバイ マグカップ
      アラブ女性を模ったマグカップ。
      これでお茶でも飲めば、変態扱いされること間違いなし。
      置き物として使いましょう。


      最後に、ドバイといえば、世界一高いタワー・Burj Khalifa

      Burj Khalifa Lego
      Burj Khalifaのレゴ。
      Burj Khalifaのお土産屋さんで買えます。

      レゴ好きの人はぜひ。


      スポンサードリンク


      この記事と同じテーマの最新記事


        スポンサードリンク
        まだ自分がドバイにいた何年か前、
        出張でドバイに来たある人がこんなことを言い出しました。

        「お土産でクレオパトラ石鹸を買って帰りたいんですけど。
        スーパーに売っているらしいのですが知りませんか?」

        クレオパトラ石鹸?
        いやいや、クレオパトラはドバイじゃなくてエジプト。
        そんなドバイ土産はないよ。
        わーはっはっは。

        と、心の中で鼻で笑いつつ、念のため、ネットで検索してみたら、、、

        確かにドバイ土産として存在していました

        マジか。。。


        ってなきっかけで知ったのがクレオパトラ石鹸。

        これ↓
        クレオパトラ石鹸 ドバイ
        キンキラキンのパッケージ。
        ピラミッドとファラオのイラスト。

        。。。
        もう完全にエジプト土産やん
        少なくともドバイじゃないね

        ちなみにネットで調べたら、日本でもAmazonなどで販売されていて、
        1個300円くらい。

        ということで、無理してドバイで買わなくてもいいのですが、
        ドバイで買えば50円~100円くらいと激安。

        クレオパトラ石鹸を販売している日本の某サイトの説明文を見ると、、、

        『ぷるんとしたコクのある極上の泡立ちと、独特の気品あふれる
        フローラル系の芳香が特徴の、ラグジュアリーソープの決定版。
        くつろぎのバスタイムを、さらに上質でゴージャスな
        リラックスタイムとして演出してくれる最上級の逸品です。』

        最上級の逸品なのね。
        しかもギリシャ産らしい。(クレオパトラはギリシャ人だから。)

        実際、家で使ってみたら確かに泡立ちは良かったけどね。

        でもこの石鹸、ドバイではなぜかローカルスーパーにしかありません
        (自分の知る限り。)

        自分が見つけたのは、ラムシープラザ(Lamcy Praza)というモールの中のスーパーと、
        その近くの路面店のスーパー。
        しかも、めっちゃ普通の石鹸に埋もれて陳列されてるので要注意。

        たぶん、普通に旅行している分には見かけないと思いますが、
        もし見かけたらレアなんで、ぜひ買ってみてはどうでしょうか。


        おすすめ度:C
        (まあ、厳密には「ドバイ土産」とは言えないので。。。)

        スポンサードリンク


        この記事と同じテーマの最新記事


          スポンサードリンク
          マトリョーシカといえば開けても開けてもさらに小さな人形が出てくる
          ロシア土産の定番。

          マトリョーシカ
          こんなやつですね。

          起源は諸説あるそうですが、1890年代に箱根の名産品である「入れ子人形」が
          ロシアに渡り、ロシア大富豪の発案で作られたとか。

          このマトリョーシカ、今やロシアにとどまらず世界中に広がっているわけですが、
          実はドバイでも、人気のお土産になりつつあります。

          「アラブ人」のマトリョーシカです。
          これがね、意外と結構いいんですよ

          こんな感じ↓

          ドバイマトリョーシカ1
          おりゃ!

          ドバイマトリョーシカ2
          どうじゃ!

          誰がどう見ても「アラブだね!」とわかるのがミソです。

          値段は値切り方次第ですが、
          まあ高くても一個25ディルハムくらいじゃないでしょうか。

          ちなみに、マトリョーシカは普通のモールには売っていなくて、
          割と小汚いところばかりで売っています

          例えば、
          ・カラマスーク
          ・テキスタイルスーク(ドバイ博物館の近く)
          ・ドバイ博物館の中の売店
          など。

          小汚いところばかりで売ってるだけあって、品質は悪いです
          絵もかなり適当です

          でもね、何か惹きつけられるのですよ。


          ちなみに、上の3か所でどこで買うのがいいかというと、、、

          ドバイ博物館の中の売店のやつが一番きれいだと思いますが、
          値切れません。

          カラマスークが一番安いと思いますが、大概汚いです。
          (でも自分は頑張ってカラマスークでなるべくきれいなのを探しますが)
          あと、カラマスークはマイナーなので行きづらいです。

          ということで、テキスタイルスークが無難かな。

          そして、大事な大事な注意事項。
          ドバイでマトリョーシカを買うときは、
          必ずその場で全部開けて中身を確認しましょう。

          でないと、家に帰ってからこんな悲しい目にあいます

          ドバイマトリョーシカ3


          おすすめ度:A
          (ネタ的なお土産として結構いいんじゃないかと。個人的には好き。)

          スポンサードリンク


          この記事と同じテーマの最新記事


            スポンサードリンク
            ドバイのお土産といえば、超定番ブランドが2つ。

            チョコレートのPatchi(パッチ)とデーツのBateel(バティール)。

            もう、これは説明がいらないくらい超定番。

            ドバイモールやモールオブジエミレーツなど、
            色々なモールに出店していて、空港でも購入可能。


            まずはPatchi
            1974年、レバノンで誕生したチョコレートです。
            実はドバイ発祥ではないんですけど、いつのまにかドバイ土産の定番に
            なってしまいました。

            ドバイで「これでもか!」というくらい売り出しているので、
            絶対、ドバイ発祥だと思っている人はいるやろうね

            ドバイ Patchi1
            こんな店が色々なモールに入っています。
            一見、チョコレートの店というよりもこじゃれたブティック的な店構え。

            どこの店舗も無駄に広いしね。
            正直、普通のスイーツ点よりは若干入るのに緊張します。

            ドバイ Patchi2
            商品棚。
            どれもオシャレですが、右上の缶の容器に入ったやつが
            お土産用によく買われていますね。

            とにかくこのPatchi、食べ物系のドバイ土産としては鉄板中の鉄板です。

            とりあえず、無難なものを選びたい人には最適でしょう。
            甘いものがダメな人以外は、大概の人が好きなんじゃないでしょうか。

            「高級チョコレート」としては好みは分かれるでしょうが、
            ハワイとかオーストラリアとかの観光地で買うようなチョコレートとは
            格が違います。

            その分値段もそこそこしますが、小さなセットもあるので、
            配り用にも使えるんじゃないでしょうか。


            次は、王室ご用達の高級デーツ・Bateel

            というか、そもそも日本では「デーツって何やねん??」という人もいると思いますが、
            要はナツメヤシの実

            ドバイ デーツ
            市場ではこんな感じで売られてます。

            このデーツ、干し柿に似たような食感なのですが、
            日本人の中ではかなり好みが分かれます
            おそらく、「デーツは好きじゃない」日本人の方が多いでしょう。

            じゃあ、お土産としてはあかんやん、、、と思いそうになりますが、、
            デーツの中でも、このBateelは割と日本人向け

            高級ブランドだけあって、無駄に「グチュッ」としてないし、
            ナッツが挟まっているもの、レモンピールが挟まっているものなど、
            色々種類があるので、普通のデーツとは全く違います。

            これがダメな人は、どんなデーツを食べてもダメでしょう


            さて、Bateelの店舗も色々なところにあります。

            ドバイ Bateel
            ショーウィンドウにもちょっと写っていますが、
            Bateelのデーツの味以外のもう一つの売りが、箱のオシャレさ。

            追加料金を払えば、めっちゃオシャレな箱に入れてくれます。
            気合いを入れたお土産にはアリじゃないでしょうか。

            ドバイ Bateel
            上の市場とは違うでしょ?

            ただ、王室御用達だけあってそれなりに値がはります。
            色々な人に配るのは大変かも。。。

            おすすめ度:B
            (無難さ重視ならPatchi。アラブ色を出すならBateel。
            どちらかを選べば鉄板です。)


            スポンサードリンク


            この記事と同じテーマの最新記事


              スポンサードリンク

              検索フォーム

               

              カテゴリ

              全記事一覧

              お知らせ

              ドバイの旅行情報
              トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

              ドバイ 旅行
              フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

              FC2カウンター

              プロフィール

              kentaro3787

              Author:kentaro3787
              たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
              「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

              S:一生に一度は行きたい
              A:訪れて損はなし
              B:この地域に来たら行きたい
              C:良いけど、省略可
              D:行かなくてもいいかな
              (まあ、基準は適当です。)

              時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

              上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
              HTMHThHhさ