スポンサードリンク

Top Page > ドバイの出来事
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    ドバイ パブリックビーチ


    久々のドバイネタです。

    ドバイといえば、「人工都市」的なイメージが強いと思いますが、
    このたび、イギリスの新聞で、ドバイのパブリックビーチ
    "世界の都市で旅行者に人気のビーチTop 10"に選ばれたそうで。

    ドバイに住んでいた人間からすると、
    「ほんまかいな??」とつい感じてしまうわけですが、
    最近、ドバイ政府はかなりビーチの整備とプロモーションに力を入れているらしく。

    自分は、開発途中で頓挫してしまった(?)パーム・デイラの埋め立ての様子を
    間近で見ていたもんで、どうしても「ドバイの海がきれい」というイメージがないのですが、
    よく見ると、ドバイのビーチの水って実は結構透き通ってるんですよね。

    ドバイ 海水

    ドバイってそもそも、ほとんどの日が曇っていて、
    快晴!っていう日がないもんで、海もあまり真っ青に見えないのかも。

    意外とドバイのビーチも侮れないな。。。と思った今日この頃でした。

    ただ、、、
    Top 10の残りを見てみると、
    パリ、シドニー、リオデジャネイロ、ブラジリア、バルセロナ、アテネ、ロサンゼルス、
    ケープタウン、上海。

    ん?
    上海???

    「人気のビーチ」は必ずしも”Best Beach”ではないってことね。。。

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


      スポンサードリンク
      スポンサーサイト
      久々にドバイのサッカーの話題でも。

      元イングランド代表FWマイケル・オーウェンの獲得に興味を示していた、
      UAEリーグのアルシャバブ(Al Shabab)が、獲得取りやめを発表しました。

      マイケル・オーウェン

      オーウェンといえば、かつてのイングランド代表のエースストライカーで、
      「ワンダーボーイ」の異名を取った世界的な超有名選手。

      Jリーグにでも移籍しようものなら大変な騒ぎになるクラスの選手です。

      今年で32歳になり全盛期はとうに過ぎているものの、
      先シーズンまでは香川真司が移籍するマンチェスターユナイテッドの
      ユニフォームを着ていた選手。

      そんな大物選手をUAEリーグごときが蹴るとは。。。

      しかも、Gulf Newsにあったアルシャバブ側のコメントが
      「マイケル・オーウェンはもう下り坂の選手で、我々の選択肢にはない」
      「彼はもう32歳で先シーズンも少ししか試合に出ていない」
      「我々のリーグは以前とは違う。日に日に強くなっている。

      ひどい言われようですな。。。
      あと、すごい自信だね

      去年、マラドーナがUAEリーグのアルワスルの監督に就任したとき、
      UAEリーグのレベルの低さについて書きましたが、
      あれから1年、レベルは上がっているのでしょうか。

      ということで、今年のAFCアジアチャンピオンズリーグの状況を見てみましょう。

      2009年~2011年は常にグループリーグでボコボコにされ敗退しましたが
      今年は、、、

      <Group A>
      AL JAZIRA(アルジャジーラ) -5勝0敗1分け 1位通過!
      <Group B>
      BANIYAS(バニヤス) - 3勝1敗2分け 2位通過!
      <Group C>
      AL NASR (アルナスル) - 2勝4敗 3位敗退
      <Group D>
      AL SHABAB(アルシャバブ)- 0勝4敗2分け 4位敗退

      4チーム中2チームがグループリーグ通過!
      確かに成長してる。。。

      まあ、両チームともベスト16で敗れていますが、
      Jリーグのチームも全てベスト16で散ったので他人のことは言えません

      でも、偉そうなコメントを出したアルシャバブだけは1勝もできていませんね。
      この辺はいかにもアラブらしい。

      ちなみに、UAEリーグではこれまでも数々の名選手を獲得してきています。

      例えば、
      ・カンナバーロ
      元イタリア代表キャプテンとしてW杯優勝。
      アルアハリと1年解約も、期待外れで1シーズンのみで契約解除。その後怪我ですぐ引退。

      ・トレゼゲ
      元フランス代表FW。ユベントスでセリエA得点王を獲得。
      バニヤスと1年契約も、ふくらはぎの負傷を理由に、たった2か月程度でアルゼンチンの
      リバープレートへ移籍。

      ・トーニ
      元イタリア代表FW。フィオレンティーナで47年ぶりの30得点以上となる31点を挙げ
      得点王を獲得。アルナスルと1年契約も、故障で半年で契約解除。

      これは確かにひどい
      キャリアの終盤とはいえ、まともに働けないポンコツ揃い。。。

      これじゃあ、ヨーロッパから年取った大物選手を呼ぶのにウンザリする気持ちにもなりますな。

      まあ、UAEリーグも、選手の名前だけでホイホイ獲るようなレベルではなくなってきた、
      ということで、喜ばしいことでしょう。
      コメントの仕方は考えた方がいいと思いますが。。。

      上のコメントを出したアルシャバブのBu Humaidは最後に下記のコメントをしています。

      「ディエゴ・マラドーナのような人物がUAEに多くの雑音をもたらしたのは事実だが、
      彼はアルワスルをGauhoud Bridgeまで連れて行くことさえできていない。」

      Gauhoud Bridgeはドバイの有名な橋ですが、この表現はおそらく
      「リーグでも上位に入れず、ACLのような海外の大会にも連れていけていない」というような
      ことを言っているのだと思います。

      発足当初は海外から超有名選手を連れてきていたJリーグも今やネームバリューで選手を
      獲らなくなった道を、UAEリーグも辿っていくのでしょう。

      スポンサードリンク


      この記事と同じテーマの最新記事


        スポンサードリンク
        今年はUAE建国40周年

        12月2日の建国記念日に合わせ、UAEは11月辺りから完全に祝賀ムードでした。

        UAE 40周年
        これが40周年のシンボルマーク。
        結構かっこいい。

        12月2日の建国記念日には、UAE各地で祝賀イベント、パレードなどが催され、
        国中がお祭りに。

        Youtubeから当日の模様を撮影した動画を拾ってきました。

        まずは「車」。
        UAEではちょくちょくUAE国旗や首長の顔のペインティングを施した車が
        走っていて、その愛国心には感心させられますが、この日は格別。



        この車の列に巻き込まれたら、大変なことになっていただろうな。。。


        そして圧巻がアブダビの花火

        もう言葉はいりません。
        見てください。↓



        なんじゃこりゃ。
        スケールが違う。

        アブダビ、おそるべし。


        ちなみに、日本でも同じ12月2日、UAEの建国40周年記念パーティが
        東京の帝国ホテルで開かれたらしく、福田康夫、安倍信三という二人の元首相も
        出席し祝辞を述べたらしいです。

        うーん、、、なぜ日本でそんなパーティを??
        で、何で元首相が二人も??ヒマなの??

        という率直な疑問はありつつも、とにかくめでたいUAE40周年でした。

        スポンサードリンク


        この記事と同じテーマの最新記事


          スポンサードリンク
          最近、ドバイで、というよりUAEで、信じがたい事態が起きています。

          「オイルマネー」で有名なアラブの国・UAEのガソリンスタンドに。。。

          ガソリンがない!

          UAEガソリン不足1

          世界的な産油国であるこのUAEでガソリンがないなんて
          冗談みたいな話ですが、実際に起きている話です。

          そもそもガソリンがなくて営業していないスタンドが多い中、
          ガソリンのあるスタンドでは、こんな車の長蛇の列。

          実際、自分も先週、車のガソリンが残り少なくなって飛び込んだ
          スタンドで「ガソリンはないよ」と言われ、
          次のスタンドまで冷や冷やモノでした。

          ちなみに、その日、自分より遅く会社を出た同僚は、
          3-4箇所回ってようやくガソリンのあるところを見つけて、
          長蛇の列に並んだ挙句、30AED(約600円)分しか入れてもらえなかったとか。。。


          では、いったい何でこんな事態が起こっているのかというと。。。

          はっきりとはわからないんです。

          なんでやねん


          新聞によると、「ガソリンスタンドのシステム切り替えのため」なんて
          ことが書いてありますが。

          UAEガソリン不足2

          うーん。なんとも腑に落ちん。

          いくら無計画なアラブと言えども、各社が揃いも揃って、ガソリン不足に
          陥るなんて、とてもシステム切り替えだけの問題には見えないのですが。

          それに今回のガソリン不足。
          もともとは既に1,2ヶ月前から、シャルジャなどの他の首長国では既に
          起こっていて、それがいよいよドバイにも押し寄せてきた、と。

          でも、自分の知る限り、
          今のところ「アブダビでガソリンが足りない」という話は聞かない。。。

          首長国同士の問題で、アブダビが石油を他に出さないんじゃないのか?
          とか勘ぐりたくなりますね。
          (ちなみに、UAEは世界6位の石油埋蔵量、世界7位の原油生産量を誇りますが、
          そのほとんどはアブダビにあります。→UAEってどんな国?

          ネット上のUAEのニュースなんかを読んでいると、はっきりとは書かれていませんが、
          なんか、ガソリン価格の問題にも関係してそうな印象を受けますね。

          世界的に高騰している原油の「真の市場価格」を反映させると、
          現在のUAEでのガソリン国内価格・1リッター=1.72AEDは、
          本当は3.16AEDでないといけないそうです。

          そのギャップを、アブダビ政府とドバイ政府が助成金として石油会社に
          出して埋めているらしいですが、その辺の駆け引きがありそうな匂いがしますねー

          ま、真実はわかりませんけどね


          とにかく、車社会のUAEなので、このガソリン不足が住民に与える影響は深刻。
          燃料切れで道路脇に放置されたままの車輌さえ、かなり出てきている状況。

          それなのに、明確な理由も明らかにされなければ、
          この事態がいつ収束するのかも発表されない。

          ほんと、いつもながらこのいい加減さでよく「国」として成り立っているな、
          と感心するくらいです。
          でも、アラブ人である限り、こういう文化はずっと変わらないんだろうなー。

          スポンサードリンク


          この記事と同じテーマの最新記事


            スポンサードリンク
            今回はちょっとマニアックな話をしますね。

            UAE(アラブ首長国連邦)副大統領兼首相で、ドバイ首長国首長の
            シェイクモハメド来日が27日に発表されました。

            殿下はFacebookに自身のコメントを掲載。

            「私は愛馬のダービーを見るため、今週末に日本へ向かいます。
            それはここ数カ月にわたる試練に直面しながらも、
            勇敢に立ち向かう日本国民と過ごす素晴らしい機会です」


            競馬に興味のない方にとっては、「は?愛馬?何それ?」という感じだと思いますので、
            簡単に説明しておきますね。

            今週末の日曜日・5月30日に、日本競馬の一大レース・日本ダービーが行われます。
            そこに、シェイクモハメドの所有するデボネアという馬が出走します。

            日本ダービーに外国人所有の馬が出走するのは今回が初めて

            というのも、もともと日本競馬界では外国人には馬主になる権限がなかったのですが、
            2009年生まれの馬から、外国人にも開放されました。

            もともと、今年日本馬が初制覇して話題になったドバイワールドCの創設者であり、
            世界最大の競走馬生産牧場集団「ダーレーグループ」を統括するオーナーブリーダーであり、
            さらに「ゴドルフィン」というレースチームを率いるシェイクモハメドも早速初年度から馬主に。
            (シェイクモハメドがこれほど競馬に深く関係しているって知ってました?)

            そして、今回の日本ダービーはその2009年生まれの世代が出走できるレースなわけです。
            (日本ダービーは3歳の馬しか出られません。)

            馬主になって初年度でこの日本ダービーに所有馬を出走させられる、というのは
            結構すごいことなんです。さすがシェイク。

            ちなみに、今回の日本ダービー。
            シェイクの馬・デボネアには世界一の騎手、ランフランコ・デットーリが騎乗。

            この騎手が日本ダービーで騎乗するのも今回が初。
            日本の競馬ファンはこの騎手を日本で見られるというだけで大興奮するほどの
            世界的名騎手。
            (自分は、競馬自体すごく詳しいわけではないのでよく知らないのですが)

            本来日本のレースにはなかなか乗らないくらいすごい騎手ですが、
            このデットーリ騎手が上に書いたゴドルフィンの主戦騎手ということで、
            白羽の矢が立ったらしいです。

            さすが、シェイクの力。

            ちなみに、このデボネアという馬、自分もある縁で並々ならぬ思い入れがあり、
            今回の日本ダービーはこの馬をめちゃめちゃ応援しています。


            さて、今回のシェイクの来日ですが、
            通常シェイクが他国のレースを観戦する際には事前に公表しないらしく、
            今回のFacebookでの発言はまさに異例中の異例。
            大震災からの復興を目指す日本に対し、敬意を示したということだと思います。

            当日はSPを40人ほど連れて観戦に向かうそうです。
            さすが、シェイク

            今年は震災直後に、ドバイワールドCで日本馬が初制覇。
            今度は逆に、シェイクの馬が外国人所有馬の日本ダービー初制覇を成し遂げるのでしょうか。

            注目です。


            スポンサードリンク


            この記事と同じテーマの最新記事


              スポンサードリンク

              検索フォーム

               

              カテゴリ

              全記事一覧

              お知らせ

              ドバイの旅行情報
              トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

              ドバイ 旅行
              フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

              FC2カウンター

              プロフィール

              kentaro3787

              Author:kentaro3787
              たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
              「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

              S:一生に一度は行きたい
              A:訪れて損はなし
              B:この地域に来たら行きたい
              C:良いけど、省略可
              D:行かなくてもいいかな
              (まあ、基準は適当です。)

              時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

              上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
              HTMHThHhさ