スポンサードリンク

Top Page > アルアインのこと
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    アルアインには、アルアイン博物館の他にも、
    みどころとなる博物館があります。
    フォートミュージアムとパレスミュージアム。

    今回は、変わり種のパレスミュージアムを紹介します。

    IMG_0733_convert_20100308041643.jpg

    ここは、初代UAE大統領・故シェイクザイード(Sheikh Zayed)首長が
    暮らした宮殿を改築して博物館にしたもの。
    家族の暮らした部屋や客間、閑静な中庭などを見ることができます。

    IMG_0738_convert_20100308042056.jpg
    博物館内部。
    街の喧騒から離れて、静かでのどかな雰囲気です。
    自由に歩き回って見学します。

    IMG_0740_convert_20100308042624.jpg
    客間。
    ものすごい数が座れるようになっています。
    いかにもアラブですね。

    以前仕事でシリアに行った際、取引先の家に招待されたのですが、
    行ってみたら、家族や親戚など総勢20人くらいいて、ちょうど
    こんな感じでした
    (こんなきらびやかな椅子ではなかったですが。)

    IMG_0742_convert_20100308043050.jpg
    中庭には、こんな形の大きなテントが。
    ここに暮らす人たちの憩いの場だったのでしょうか。

    IMG_0744_convert_20100308153327.jpg
    テントの中からの景色。
    芝生や草花、木など緑がいっぱい。
    小鳥の声も聞こえ、何とものどかなひとときです。

    ただ、夏は暑すぎて大変でしょうね

    見て回ってみて、
    全般的に、アラブの大統領の宮殿としては、
    ものすごく質素だな、と感じました。
    シェイクザイード卿は、立派な人物だったのでしょうね。

    ちなみに、このミュージアムは入場料無料。
    自由に館内を見学できます。

    比較的広いですが、見て回るのにそれほど時間はかからないので、
    立ち寄ってみて損はないと思います。

    お勧め度:C(時間に余裕があれば行って損はなし)

    にほんブログ村 海外旅行
    にほんブログ村 中東情報

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


      スポンサードリンク
      スポンサーサイト
      2010
      03
      07

      アルアイン博物館

      ドバイのドバイ博物館については先日書きましたが、
      アルアインにも「アルアイン博物館」があります。

      IMG_0749_convert_20100304171242.jpg

      受付には、アバヤを纏った女性が二人。
      入場料は一人3ディルハムです。

      アルアインの代表的な観光スポットにも拘わらず、
      行った時は来場客は我々だけでした。
      人気ないなー。。。

      IMG_0750_convert_20100304171827.jpg
      中はこんな感じに展示物が立ち並んでいます。

      IMG_0754_convert_20100304172525.jpg
      ドバイ博物館同様、ここでも蝋人形が次々現れます。
      心なしか、ドバイ博物館の人形よりさらに質が低いような。。。

      IMG_0756_convert_20100304173627.jpg
      アルアインでの出土品の展示。
      この辺はこういう土器がよく発掘されるようです。

      IMG_0758_convert_20100304174032.jpg
      なんと日本の兜と刀まで飾ってありました。
      日本企業からの贈り物のようです。

      IMG_0762_convert_20100304175257.jpg
      最後に、一族の樹形図。
      UAEの初代大統領・Sheikh Zayedの子供は実に19人
      しかも、何か同じ名前の子供が何人かいるような。。。

      一夫多妻とはいえ、ちょっと作りすぎやろ。
      子だくさんにも程がある。。。

      ※アラブではSheikh(シェイク)というのは
      「~卿」のような意味で、位の高い人に使います。

      といった感じで、
      この博物館では、アルアインの昔の生活の様子や、
      付近から出土した土器などを色々目にすることができます。

      ただ、印象としては「人気がなかったなー。。。」。
      館内に来場客にアンケートを取っている女性がいて、
      他に人がいなくて気の毒だったので立ち止まって答えてあげた
      のですが、お礼にアブダビMapをくれました。

      お勧め度:C(アルアインの勉強をしたければアリ)

      にほんブログ村 海外旅行
      にほんブログ村 中東情報

      スポンサードリンク


      この記事と同じテーマの最新記事


        スポンサードリンク
        「オアシスに作られた街・アルアイン」と紹介しましたが、
        その名の通り、街中にいくつかの"オアシス"があります。

        今回は、その中でも代表的な「アルアインオアシス」に
        行ってみました。

        IMG_0747_convert_20100303051039.jpg
        「ようこそ アルアインオアシスへ」

        ところで、オアシスというと何を想像しますか?
        「砂漠のど真ん中で一時の潤いを与えてくれる、
        水の溢れた天国のような場所」を想像しませんか?

        ↓例えば、こんな感じのイメージでしょうか。
        lrg_10059668[1]_convert_20100304153143
        (これはオアシスのイメージ写真)

        でも、アルアインオアシスは違います!
        なんてったって、水なんて一滴もありません!
        むしろ、ひからびてます。

        IMG_0726_convert_20100303051726.jpg
        一言で言うと、「デーツの気が茂った迷路」といった感じ。
        中はやたらと広いですが、どこまで行っても同じ景色。

        IMG_0727_convert_20100304152751.jpg
        上を見ても、デーツしか見えない。

        結局、入ってきた入口にたどり着くことができず、
        アラブ人労働者が群がる裏口みたいなところから出ました。

        入口でも「勝手に入れば」といった感じですし、
        案内標識もほとんどないですし、
        ここを「観光名所」と言ってよいのだろうか。。。

        ただ、場所はアルアイン博物館の隣ですので、
        ちょろっと入ってみるくらいならいいのかな。

        まあ、こういうオアシスも世界にはあるんだ、ということで
        勉強になりました。

        <注意>
        徒歩で行くと、中で迷いすぎておそらく発狂するので、
        車で行くことをお勧めします。

        お勧め度:D(相当期待のハードルは下げましょう)

        にほんブログ村 海外旅行
        にほんブログ村 中東情報

        スポンサードリンク


        この記事と同じテーマの最新記事


          スポンサードリンク
          実はおそらくアルアインで一番人気であろうスポットは、
          Al Ain Zoo (アルアイン動物園)です。
          といっても、大半は地元UAEからの入場客だと思いますが。

          IMG_0764_convert_20100227211839.jpg

          実はアルアインの観光スポットは、マイナーなだけあって、
          閑散としているところが多く、
          ラクダ市なんかも、アラブ人以外、我々しかいなかったのですが、
          ここは多くの家族連れで賑わっていました。

          ドバイにもDubai Zoo(ドバイ動物園)というのがあるのですが、
          規模も動物の種類もこちらの方が圧倒的に上。

          UAEでは、ダントツの動物園です。

          ざっといる動物を挙げてみると。。。

          オリックス。
          これはAl Mahaのところで紹介しましたが、
          砂漠に住む鹿みたいな動物。
          IMG_0766_convert_20100227212410.jpg

          プレーリードッグ。だったかな。。。
          IMG_0771_convert_20100227212543.jpg

          キリンもいっぱいいます。
          IMG_0794_convert_20100227212746.jpg

          水を飲むライオン。
          IMG_0777_convert_20100301021326.jpg

          あと、この動物園の目玉にしようとしているようですが、
          ホワイトライオンもいました。
          (わかりにくいですが、これ、シロクマじゃないです。)
          IMG_0787_convert_20100301021521.jpg

          他にも、ダチョウやらゴリラやらヒョウやらワニやら、
          とにかく動物の種類は豊富。

          そして、広大な敷地に放し飼い風に飼育されているので、
          日本の動物園みたいに臭くないんですね。
          ピクニックスペースなんかもあって、開放感いっぱいでした。

          ただ、広大な分、歩き回るのは大変。
          こんな乗り物もあって、なかなか人気を博していました。
          IMG_0779_convert_20100227212210.jpg

          でもやっぱり夏は避けた方がいいかもしれませんね。
          (既に、動物もへばり気味でしたし

          今後、この一帯はサファリパークとして開発される計画らしいです。
          それが完成すれば、UAEの一大人気スポットになるかもしれませんね。

          お勧め度:B(子供連れの場合-子供は喜びそう。)
                 C(子供のいない場合-動物好きならぜひ。)

          にほんブログ村 海外旅行
          にほんブログ村 中東情報

          スポンサードリンク


          この記事と同じテーマの最新記事


            スポンサードリンク
            2010
            02
            26

            ラクダ市

            アルアインのみどころとして、
            いかにも「アルアインならでは」という意味で面白いのが、
            ラクダ市”。

            ラクダ市といっても、食物や他の家畜を取引する市場の中の
            「ラクダ区画」という感じの場所です。

            IMG_0812_convert_20100227161422.jpg
            こんな感じで、ラクダを売る区画が軒を並べています。

            以前は「ラクダ専門の市場」として、
            アルアイン中心部から離れたところでやっていたそうですが、
            現在はBawadi Mallというモールの裏で、市場の一区画として
            やっています。

            ガイドブックの地図では、まだ昔の場所が載っていたりするので
            ご注意を。
            (自分はかなり迷って、結局地元のバスの運転手に聞いて初めて
            たどり着けました。)


            IMG_0802_convert_20100227154217.jpg
            とにかくラクダがいっぱい。
            めちゃくちゃ大きいやつから赤ちゃんラクダまで。

            しかし、これだけたくさんいて、どうやってラクダの
            良し悪しを見分けるのだろう。。。

            IMG_0811_convert_20100227165339.jpg
            アラブ衣装を纏った男たちがラクダを囲んで集まっています。
            商談でしょうか。

            IMG_0815_convert_20100227153604.jpg
            買われていくラクダ。
            新しい飼い主の元でもたくましく生きていってください。

            という感じで、
            UAEでも砂漠地域に行けば、ちょくちょくラクダを目にすることは
            ありますが、これだけ多くのラクダをいっぺんに見ることは
            なかなかない経験です。
            一度見てみるのは面白いと思います。

            ※もう一つ注意事項
            各店のアラブ人たちは、やや強引なくらいに、
            「こっちへ来い」と誘ってきますが、
            おそらく、ラクダに乗せたり写真を撮ったりして、
            観光客からお金を取ろうという魂胆だと思いますので、
            あまりほいほい近づかないよう、ご注意を!


            <おまけ> 子ヤギも売っていました。
            IMG_0814_convert_20100227153946.jpg

            にほんブログ村 海外旅行
            にほんブログ村 中東情報

            お勧め度:B

            スポンサードリンク


            この記事と同じテーマの最新記事


              スポンサードリンク

              検索フォーム

               

              カテゴリ

              全記事一覧

              お知らせ

              ドバイの旅行情報
              トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

              ドバイ 旅行
              フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

              FC2カウンター

              プロフィール

              kentaro3787

              Author:kentaro3787
              たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
              「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

              S:一生に一度は行きたい
              A:訪れて損はなし
              B:この地域に来たら行きたい
              C:良いけど、省略可
              D:行かなくてもいいかな
              (まあ、基準は適当です。)

              時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

              上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
              HTMHThHhさ