スポンサードリンク

Top Page > F1グランプリ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    さあ、いよいよレース直前。

    F1 アブダビGP1
    レース直前、スタンドも埋まってきました。

    F1 アブダビGP3
    上空にはスポンサーであるETIHAD AIRWAYのF1仕様飛行機が。
    さすが演出しますね

    そして、いよいよ
    年間チャンピオンを決める運命の1戦がスタート

    F1 アブダビGP5

    レースはいきなり波乱の展開を迎えます。

    F1 アブダビGP6
    1週目でいきなりシューマッハがスピン。
    そこに後続のリウィッツィが突っ込み大クラッシュ。

    即、2台ともリタイヤ。
    ドライバーの身体は無事だったようで何よりでした。

    しかし、往年のヒーロー・シューマッハのレースを見に来たファンも
    多かったでしょうから、場内は騒然とした雰囲気に。


    一方、チャンピオン争いの方は、
    アロンソ、ウェバーがレース序盤にピットインしますが、
    そのタイミングが仇となり、
    それぞれ7番手、8番手辺りまでポジションを下げてしまいます。

    その間に、年間3位のベッテルが予選からのトップを守り快走。

    このままでは、ベッテルが大逆転で年間チャンピオンに。
    アロンソとしては、地力で順位を上げなければいけなくなりました。
    さあ、アグレッシブに仕掛けていくのか。

    しかし。。。

    アブダビGP8
    アブダビのコースレイアウトは、追い抜きポイントがほとんどないらしく、
    前の車を抜くことができません。。。
    その後ろを走るウェバーも同様。

    ただただ、周回を重ねるばかり。。。
    ぐるぐるぐるぐる。

    そして。。。

    そのままレースは終わりました。。。

    F1 アブダビGP9
    勝利に沸くレッドブルのスタッフ。
    おめでとうございます

    うーむ、ベッテルの大逆転チャンピオンはおめでたいのですが、
    最終戦のレース内容としては、何とも不完全燃焼感。

    結果は1位:ベッテル、7位:アロンソ、8位:ウェバー
    でした。

    ところで、こんなことを書くとF1ファンの方々に怒られそうですが、
    F1って現地で観戦してて楽しいのでしょうかね

    コースの一部しか見えないし、だんだんぐるぐる何週もしているうちに
    どの車がトップかもわからなくなるし
    F1素人の自分には、レース自体の楽しみ方がなかなか難しかったな、と。

    チケットが結構な値段するので、ファンの方々の醍醐味は何なのかなー、
    と素朴に思ったりしました。

    F1観戦記、おわり。

    にほんブログ村 海外旅行
    にほんブログ村 中東情報

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


      スポンサードリンク
      スポンサーサイト
      いきなりホテルの話になりましたが、
      メインのレースの話題に戻りましょう。

      さて、F1好きな方はよくご存じでしょうが、
      今年のF1のチャンピオン争いはこのアブダビでの最終戦まで
      もつれ込みました。

      最終戦を残して、
      1位:フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)246P
      2位:マーク・ウェバー(レッドブル) 238P
      3位:セバスチャン・ベッテル(レッドブル)231P

      1位には25Pが与えられるため、
      最終戦の結果次第で、3人のうち誰がチャンピオンになるか
      わからない状況。

      そして予選の結果は、
      ベッテル1位、アロンソ3位、ウェバー5位。

      ウェバーがアロンソより後ろからのスタートとなったことで、
      アロンソ圧倒的有利な状況で本選を迎えました。

      加えて、今回のアブダビGP、
      もともとF1ではフェラーリの人気が高い上に、
      コースの隣には"Ferrari World"という一大遊園地がオープン
      したばかりとあって、フェラーリのホーム状態。

      正直、会場の多くはアロンソがリードを守りきって
      チャンピオンになるのを望んでいたと思います。
      フェラーリ陣営の意気込みも相当なものだったかと。

      F1 アブダビGP2
      スタート前のUAE国家斉唱の時の一幕。
      赤い服の人が結構いるでしょ。
      みんな、フェラーリのシャツを着たファンです。

      F1 アブダビGP7
      出店も、フェラーリ人気が圧倒的。

      アブダビGP10
      レース前のピットでも、フェラーリが一番盛り上がっていました。
      写真はマッサとそのスタッフが取材写真に応じている様子。


      こんな状況の中、レーススタートです!

      にほんブログ村 海外旅行
      にほんブログ村 中東情報




      スポンサードリンク


      この記事と同じテーマの最新記事


        スポンサードリンク
        オーストラリアネタはまだまだあるのですが
        ここらで一旦中断して、たまにはUAEネタを。

        一応、ブログ名は「ドバイ発」ですからね

        ということで、今回はF1の話。

        先週末、アブダビにてF1グランプリの最終戦が行われました。
        仕事のつてでちょっと行ってまいりました。

        F1グランプリ1
        赤と銀の平たいやつが、アブダビのF1コースです。

        で、レースのことでも少し書こうかと思ったのですが、その前に。。。

        ここに着いてまず度肝を抜かれたのが、この敷地内にある
        高級ホテル・YAS ISLAND HOTEL

        YAS MARINA HOTEL1
        こんな形のホテルです。

        手前にクルーザーがたくさん停泊していますが、
        このホテル、「車で来るお客さん入口」と「船で来るお客さん入口」
        があるらしく。

        YAS MARINA HOTEL2
        ほら、ホテルの周りは水に囲まれており、お客さんのクルーザーだらけ。

        F1最終戦を見に、世界中のお金持ちたちが、集まってきているわけですね。
        一体、F1期間中は一泊いくらくらいするんだろうか。。。

        夜は、青くライトアップされ、幻想的です。
        YAS MARINA HOTEL3

        で、ここでもう一つ。
        このホテル、F1のコース内にあるんですね。

        意味わかります?

        YAS MARINA HOTEL
        わかりますかね?

        もう少し拡大してみましょうか。

        YAS ISLAND HOTEL5
        ほらね

        ホテルのど真ん中をコースが突っ切っているわけです
        こりゃすごいわ。

        まさに贅の限りを尽くした感じ。
        このホテル、ドバイのBurj Al Arab同様、一般人は入れないらしいです。

        このYAS ISLANDは振興開発地で、そこまで国外に知れ渡っていませんが、
        F1コースの隣には”Ferrari World”という一大遊園地もオープンし、
        アブダビグランプリの時期以外にもこれから注目のスポットになりそうです。


        最後にホテルの網の目模様の拡大写真。
        YAS MARINA HOTEL4

        アブダビ、勢いに乗っています。

        にほんブログ村 海外旅行
        にほんブログ村 中東情報

        スポンサードリンク


        この記事と同じテーマの最新記事


          スポンサードリンク

          検索フォーム

           

          カテゴリ

          全記事一覧

          お知らせ

          ドバイの旅行情報
          トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

          ドバイ 旅行
          フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

          FC2カウンター

          プロフィール

          kentaro3787

          Author:kentaro3787
          たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
          「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

          S:一生に一度は行きたい
          A:訪れて損はなし
          B:この地域に来たら行きたい
          C:良いけど、省略可
          D:行かなくてもいいかな
          (まあ、基準は適当です。)

          時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

          上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
          HTMHThHhさ