スポンサードリンク

Top Page > ドバイお役立ち情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    海外旅行で困ることの一つが、チップですね。

    海外を旅行していると、「これってチップ払った方がいいのかなー」と迷ってしまう
    ことがよくあります。

    日本のホテルに泊まるときには、ほとんどの場合チップなんて払いませんよね。
    (旅館の仲居さんへの「心付け」というものはまだあるようですが、金額的にも
    大きいですし、チップとは異なる性質のものと思っていいでしょう。)

    逆に日本で、裸でそんなお金を渡そうものなら、不快に感じられるのが関の山です。
    2013年の流行語にもなった「おもてなし」の心をお金で判断することになってしまう
    わけで。

    ただ、多くの国では日本よりサービスに関する考え方がシビア。
    「サービス=対価」という発想が根づいている国では、チップを払わないと
    サービスの質が悪くなったりする場合もあります。

    さて、海外旅行中迷ってしまう場面としてよくあるのが、

    ①ホテルでポーターが部屋まで荷物を運んでくれたけど?
    ②ルームサービスを持ってきてくれたけど?
    ③ベッドメイキングの人のためにお金を置いておくべき?
    ④レストランで、支払いのときにチップを払うべき?

    といったシチュエーションだと思います。

    ドバイの場合ですが、
    自分のイメージでは、どの場合にもチップを払うのがベターです。

    ただし、③については払わなくても問題はないかな、と思います。

    チップというのは、基本的に「サービスの質」に対して支払うものなので、
    別途メイキングのように実際に目の前で相手を見ていない場合、
    サービスの質も判断しづらい部分もあるので、払わなかったとしても、
    サービスする側も気分を害することはないでしょう。
    (これはあくまでドバイ基準で、他の国だと異なりますので要注意。)

    で、チップの額の目安ですが、
    ドバイで大活躍するのがお札で一番小さな単位の5ディルハム札です。

    これ。↓
    5 Dirham

    買い物などで、この5ディルハム札が入手できたら大切に持っておいてください。
    ちょっとしたサービスを受けた場合(荷物を運んでもらった、など)はこれで対応できます。

    多くの場合5ディルハムで十分ですが、もし「絶対ケチだと思われなくない」という人は
    10ディルハム札を渡せば間違いないでしょう。

    また、レストランでの食事の場合は、食事代の10%程度をテーブルに置いておけば
    十分ですね。


    ということで、「ドバイでは基本的にはチップを払った方がいい」と書いてきましたが、
    実際のところ、欧米ほどシビアではありません

    観光本によっては「ドバイではチップ不要」と書いているものもあるほどです。

    なので、行く場所行く場所でチップのことをそこまで気にする必要はありません。
    もともと、チップの文化のないアジア方面の住民が多い都市なので、従事する側も
    そこまで厳格にチップを求めている、ということでもないんですよね、実際。

    気づいたときに、そっとチップを払えば十分だと思います。


    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


      スポンサードリンク
      スポンサーサイト
      シドニーの旅行記をひたすら書いている途中ですが、
      最近、あまりにもドバイネタが少ないので、
      初心に返ってたまにドバイの話も挟んでいこうかと思っています

      このブログの検索キーワードを見ても、ドバイ関連で検索頂いている方が
      多いですし、少しは役に立つ情報も書かないと

      ということで、今回はドバイの通貨について。

      ドバイの通貨は”ディルハム(AED)”といいまして、
      米ドルとの連動性になっています。

      大体、US$1=3.667AEDくらいで固定されています。

      ですので、日本からの旅行者の方々にとっては、
      円高になればお得になるということになります。
      (もちろん、対ドルという意味での円高ですよ)

      また、ディルハムは中近東各国の通貨ともほぼ連動していますので、
      結局のところ中近東各国の通貨は全てほぼ米ドルと連動して動く
      ことになります。

      この「ドル連動性」のことは意外と一般には知られていませんが、
      昨今の急激な円高は中近東旅行にとって、かなりお得感が増している
      のが実態です。

      特にドバイはもともとショッピングで有名ですが、
      1AED=30円くらいのときから「日本よりブランド物が相当安い」と
      言われていて、実は自分の結婚指輪もドバイで買ったのですが、
      1AED=25円を切っている今、さらにお得な状況になっています。

      最近、日本人観光客はやや減ってきている印象を受けますが、
      ドバイ旅行のお値打ち度としては、今は結構チャンスな気がします。


      また、通貨といえば両替についても。
      ディルハムといっても日本人には耳慣れない通貨ですので、
      旅行前の両替をどうするか悩まれる方もいるかもしれません。

      結論から書くと、ディルハムは米ドルと連動しておりますので、
      「日本で円を米ドルに換えて現金で持ってくる」
      というのが良いと思います。

      というのは、ドバイでは"米ドル⇔ディルハム"の両替の場合、
      ほとんど手数料を取られません
      連動性だからでしょうね。

      といっても、ホテルでの両替となると若干レートが高くなるので、
      空港かショッピングモールあたりで米ドルからディルハムへ替えると良いでしょう。
      (ショッピングモールの方がレート的にはよりお得)


      また、ドバイにはクレジットカード文化がかなり根づいていて、
      ほとんどの場所でクレジットカードが使えます。

      ショッピング大国としてその辺の仕組みも整備されているので、
      新興国で心配されるような「スキミング」の心配もかなり少ないと考えて
      いいと思います。

      自分はドバイで暮らした5年以上の間で毎日のようにクレジットカードを使って
      いましたが、一度もドバイでのスキミング被害にはあいませんでした。
      (チェコやモロッコで被害にあいましたが。)

      ドバイに旅行に行く際には
      クレジットカードは必ず1枚持っておいた方がいいです。

      JCBは時々使えない店があるので、VISAがいいですね。

      <参考記事>
      海外旅行で知っておくべきクレジットカードの基礎知識


      尚、余談ですが、
      この「米ドル連動性」には中近東各国でも問題視する声がありまして、
      ヨーロッパのユーロのような中近東統一通貨を作るという議論も行なわれています。

      しかし、中近東の権力重視の社会の中で、
      統一に向けた各国の足並みを揃えるのは容易ではなく、
      実現されるとしても、かなり先の話になると思います。

      スポンサードリンク


      この記事と同じテーマの最新記事


        スポンサードリンク
        さて、ドバイのライブ事情の続きです。

        ドバイのライブの特徴を続けます。

        特徴4,
        結構、自由。

        ドバイのライブ会場内では、普通にビールが売っていまして、
        飲みながら見ることができます
        これ自体は結構ドバイでは普通のことなんですが、
        今回のWestlifeの場合は屋外ライブで、なんと特設2階席が。

        Westlife5

        そして、この2階席、立ち飲みバーみたいになっていまして、
        フェンス際のテーブルで飲みながら、ライブを眺められるわけです。

        こんな風に眺められるWestlifeはどんな気持ちなんだろう。。。

        特徴5,
        豪華なフィナーレ。

        屋外会場だった今回のライブでは、ライブの後に花火が。

        Westlife7
        いやー、ライブの後のおまけというにはあまりにすごい規模の花火。
        まるで一つの花火大会。

        こんな間近にこの規模の花火を見られることもそうはありませんぜ。

        Westlife6
        すごいや、こりゃ

        ドバイはほんとに花火好き。

        Westlifeの大ファンの人にとっては何から何までたまらない
        1日だったんじゃないでしょうかねー。
        (観客はやっぱり白人が多いです。)


        お目当ての外国人アーティストのドバイ公演があるような場合は、
        それに合わせてドバイ旅行、なんていうのも乙なものかも。

        それくらい日本ではありえない特徴満載のドバイライブ事情です


        おまけ:
        ドバイのライブで一つ注意点。
        開演時間に始まるとは限りません。

        その辺のルーズさはドバイ基準。
        1時間待ちくらいは覚悟しましょう。
        (今回は幸運にも30分遅れくらいで始まりました。)

        スポンサードリンク


        この記事と同じテーマの最新記事


          スポンサードリンク
          今回は久々に地元・ドバイの話。

          先日、アイルランドのポップグループ"WESTLIFE"のライブに行ってきました。

          Westlife2

          "WESTLIFE"をご存じない方のために注釈しますと、
          「デビュー以来7曲連続で全英シングル・チャートNo.1を獲得するという快挙を
          成し遂げ、1stアルバム『ウエストライフ』(99年)が全世界で700万枚の
          セールスを記録したスーパー・アイドル・グループ」(Yahooミュージックより)
          で、世界的にも超有名アーティスト。

          ドバイは、そういった世界の超有名アーティストがわんさか来る場所でもあります。

          例えば先月だけでも、他にMaroon5、シャキーラといった、
          日本でもおなじみの面々がライブを行いました。

          さて、そんなドバイでのライブですが、ドバイならではの特徴が盛りだくさん。
          この機会にその辺を紹介したいと思います。

          特徴1,
          めちゃくちゃ有名アーティストのライブなのに売り切れない

          日本でのライブなら数分で完売確実のアーティストでも、
          チケットが完売しているのをほとんど見ないし、聞きません。

          今回のWESTLIFEはもちろん、
          昨年はもっと知名度の高いバックストリートボーイズのライブにも行きましたが、
          当日まで「チケットあり」。

          で、その翌週くらいに日本でやったライブは10分で即完売。

          なんじゃ、この差は
          まあ、ドバイ在住者としてはありがたいですけどね。

          特徴2,
          余裕でかぶりつき!

          日本でなら、超有名アーティストのライブを1列目で見るとか、
          触れるくらいの距離で見るとかって、まあありえないですよね。

          でも、ドバイでは余裕

          Westlife4

          今回、自分は「一般エリア」(5,000円くらい?)でしたが、
          1万円くらい出せば、「プレミアムエリア」へ行けます。

          プレミアムエリアでの位置取りは早い者勝ちですが、
          早めに会場へ行けば1列目も十分可能ですよ。

          特徴3,
          写真取り放題!

          上の写真を見て気づいた方は鋭い。
          観客がみんな、カメラを構えてます。

          そう、ドバイでのライブは写真が取り放題

          Westlife8
          アップで撮ると、一般席からでもこんな写真が取り放題なわけで。。。

          日本じゃ絶対ありえん。。。


          てな感じで、続きはドバイのライブ事情②にて♪



          スポンサードリンク


          この記事と同じテーマの最新記事


            スポンサードリンク
            最近、「ドバイ 治安」というキーワード検索でこのブログに辿り着かれている
            方が増えています。

            やはり、チュニジア、エジプト、バーレーン、リビアと続く
            アラブ諸国の混乱に、「ドバイは大丈夫か?」と思われる人も多いようです。

            結論から書きますと、ドバイの治安は全く問題ありません。

            どれくらい問題ないかというと、
            日本企業のエジプト駐在員が、ドバイに避難してくる
            くらい問題ありません。

            先日、エジプトで大規模デモが起こった際、
            各日本企業は、こぞって「エジプト駐在員を一旦安全な場所へ退避させろ」
            となったわけですが、その主な避難先がドバイなんです。

            日本人を避難させるといえば、一旦日本に戻すのが普通でしょうが、
            「日本に戻さずにドバイに家族ごと避難させる」企業が増えています。

            それだけドバイの安全度への認識が高い、ということなんですね。


            さて、ドバイの治安については、以前別の記事で紹介しました。
            ドバイの治安が良い理由について、結構わかりやすいと思うので、
            ぜひご一読あれ。

            ドバイの治安事情

            今回のアラブ情勢と比べてみますと、
            UAEと他のアラブ諸国の大きな違いとして、
            「長期間の失業者が存在しない」ということがあります。
            (詳しくは上の記事ご参照あれ)

            チュニジアやエジプト、リビアといった国が大量に自国民の失業者を
            抱えているのに対し、UAEは80%を占める外国人労働者に働かせて、
            自国民のアラブ人は警察や公務員といった職についてぬくぬくと生きている
            んですね

            UAE、特にドバイはもともと何もない砂漠に突然できた摩天楼のような国なので、
            下層の労働力の大部分を外から流入した労働者でまかなったわけです。

            で、出稼ぎで来た外国人労働者は、何かの信念があるわけではなく、
            そこに職があるから来ている、と。
            政治に文句を言ったって「じゃあ、国に帰れば?」と言われるだけ。

            結局、暴動を起こして得をする人間がいないんですね。

            もちろん、一応はアラブの国なので、今後絶対影響がないとは言えませんが、
            当面はドバイ旅行への治安の心配は不要でしょう。
            旅行を予定されている方はご安心を。

            あえて言えば、心配は空港の混雑でしょうか。
            ドバイ空港は今や世界を結ぶハブになっているので、
            中東諸国から国民が大量に国外脱出するような事態があれば、
            空港の混雑に巻き込まれる可能性はあるかもしれませんね。

            といっても、今現在は特にドバイ空港に混乱はありませんのでご心配なく

            スポンサードリンク


            この記事と同じテーマの最新記事


              スポンサードリンク

              検索フォーム

               

              カテゴリ

              全記事一覧

              お知らせ

              ドバイの旅行情報
              トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

              ドバイ 旅行
              フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

              FC2カウンター

              プロフィール

              kentaro3787

              Author:kentaro3787
              たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
              「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

              S:一生に一度は行きたい
              A:訪れて損はなし
              B:この地域に来たら行きたい
              C:良いけど、省略可
              D:行かなくてもいいかな
              (まあ、基準は適当です。)

              時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

              上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
              HTMHThHhさ