スポンサードリンク

Top Page > ウィーンの移動手段
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    ウィーンを一通り回った後は、列車でプラハへ移動。
    Wien Meidling駅からPraha駅まで、約5時間の列車旅です。

    ウィーン-プラハ間列車旅1

    切符は"QBB"というサイトで事前に簡単に予約できます。
    予約表(仮のチケット)がパソコンから出力できて、それで乗れますので、
    列車内で回ってくる係員さんに見せましょう。
    切符を出してくれます。

    個人的に、今回の列車旅で心配していたのは、席と荷物
    とにかく、長期旅なので、荷物がでかい
    そして、2等車を予約したのはいいものの、席が決ってない

    もしかして、席もいっぱいで、荷物を置く場所もないのでは。。。
    ガタイの良い白人たちに気圧されて、隅の方に追いやられるのでは。。。
    意地でも席を確保するぞ!と大荷物を背負って列車に駆け込んだら、

    ウィーン-プラハ間列車旅2
    部屋でか!

    ウィーンからプラハの列車は2等車も個室制で、ガラガラ。
    余裕で荷物が置けるやないか
    結局、プラハまで3列シートx 2の一部屋を二人で使うことに。

    とりあえず、3列使って横向きに思いっきり寝てやりました

    ちなみに、今回はシーズンオフの4月でしたが、それでも、
    途中の駅から、他の個室は2グループで使っていたところもあったので、
    夏場にはもう少し混むと思います。
    (今思うと、自分の部屋は、3列使って爆睡していたので誰も
    入ってこなかったのかも)

    心配な人は座席指定しておくことをお勧めします。
    (座席指定されている個室には、入口にネームプレートが下がっています。)

    それでも、シーズン中は一部屋一組は難しいでしょうから、
    荷物は最悪、部屋の外に置いておけばよいでしょう。

    ウィーン-プラハ間列車旅4
    窓からの景色。
    遥かなる大地だねー。

    途中、川が流れていたり、林が出てきたり、いくら見ても飽きません。
    。。。
    という風情を自分が感じるはずはなく、30分も景色を見ていると眠くなって、
    また寝ることになります
    寝ては起き、景色を見て、またいつの間にか寝る、の繰り返し。


    ウィーン-プラハ間列車旅6
    折角なので、食堂車にも。

    生まれて初めての食堂車。
    流れる景色を見ながら奥さんはワイン、自分はカフェラテ。

    なんか、優雅な気分は味わった気がする
    でも、飲み物の味はおいしくないので、期待なさらぬよう。

    これだけの長距離を海外の列車で移動したのは初めてでしたが、
    思っていたより、かなり快適でした。
    まあ、シーズンオフで空いていたというのが大きいのでしょうが。

    尚、個室制かどうかは、列車によるのかもしれません。
    実際、プラハからウィーンまでの帰りは、個室制ではなかったので、
    そちらについては、またプラハ編にて。

    おすすめ度:A
    (快適。トイレも各車輌にあり心配なし。
    東欧内の移動には飛行機でなく、ぜひ電車を使いたい。)


    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


      スポンサードリンク
      スポンサーサイト
      ウィーン空港に着いて、まず待っているのは街中への移動。

      ドバイならタクシーが安いので楽なんですが、
      ヨーロッパでタクシーに乗って街中まで行こうものなら、
      とんでもない金額になりますからね。

      ということで、空港からの移動手段ですが、
      今回使ったのはエアポートバス

      ウィーン エアポートバス2
      さすが、先進国のバスって綺麗だよなー
      とこんなことにしみじみ感動するアラブ在住4年目の自分。

      チケットは空港の出口近くでも買えますし、バスの車掌さんからも買えます。
      料金は片道6ユーロ。

      ちなみに、バスの車掌さんは十分お釣りを持っていますのでで、
      大きなお金しかない人もご安心を。

      自分は100ユーロ札しか持っていなかったので、
      「100ユーロ札しか持っていないんだけど、乗れる?」と恐る恐る聞いたら
      「オッケー、オッケー。ノープロブレム!」と出てきたのはでっかい財布
      もちろん中にはお釣りがみっちり。

      さすがウィーン。行き届いとる!
      ドバイのタクシーで、こんな気持ちの良い対応をしてくれるやつは、
      1万人に1人くらいでしょうな。

      ウィーン エアポートバス1
      車中も快適。

      今回はホテルがウィーン・ミッテ(西)駅の近くだったので、
      そこまでバスに乗って、あとは歩き。

      ホテルまでこれだけ快適だったのは久々ですな。
      (いつも電車とか地下鉄に乗って、大荷物抱えてヒーヒー言いながら行くのでね


      一方、観光中に利用するのは、地下鉄トラム

      ウィーン 地下鉄
      やはり一番便利なのは地下鉄。
      U1~U4とU6の路線があるので、自分のホテルのある路線を覚えておいて、
      駅の入口にある看板で確認すればよいでしょう。

      街中にもちょっと歩けば、たくさん地下鉄の駅があるので、
      まあ少々迷っても大丈夫ですしね。

      トラムは地下鉄よりも小回りの利く近距離移動的な感覚でしょうか。

      ウィーン トラム

      地下鉄と違って車窓の景色が見えるので乗っていても楽しい。

      尚、地下鉄とかトラムは共通チケットで、
      1回券で1.8ユーロ、1日券で5.7ユーロ。

      自分はほとんど1日券の方を使ってましたね。

      ちなみに1日券は、地下鉄の入口に「ガチャン」と刻印するやつがあって、
      そこから24時間ですね。

      ウィーンは英語も通じるので、移動にはあまり困らんです。
      駅員さんも観光客慣れしている感じですしね。

      いやー、それにしても先進国の交通は発達してるなー。



      スポンサードリンク


      この記事と同じテーマの最新記事


        スポンサードリンク

        検索フォーム

         

        カテゴリ

        全記事一覧

        お知らせ

        ドバイの旅行情報
        トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

        ドバイ 旅行
        フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

        FC2カウンター

        プロフィール

        kentaro3787

        Author:kentaro3787
        たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
        「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

        S:一生に一度は行きたい
        A:訪れて損はなし
        B:この地域に来たら行きたい
        C:良いけど、省略可
        D:行かなくてもいいかな
        (まあ、基準は適当です。)

        時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

        上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
        HTMHThHhさ