スポンサードリンク

Top Page > スペインのこと
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    バルセロナ旅行記の最後は、バルセロナのおみやげについて。
    やっぱり旅行におみやげはつきものですからね。

    オーソドックスなものばかりですが、個人的におすすめできるものを挙げておきます。

    まず食器
    旧市街にあるLa Caixa de Fangという店。

    バルセロナ La Caixa de Fang

    カタルーニャ地方の陶器をはじめ、絵皿やカップ、台所用品が豊富。
    写真で見てもわかるように、いかにもスペインらしい鮮やかな色合いの
    ものが多いです。

    今回は奥さんが食器を買って帰りたいと熱望していたので、
    何件かガイドブックに載っている有名どころを回ってみましたが、
    値段とデザインセンス的に、回った中ではここが一番でした。

    絵皿とコーヒーカップを購入。


    続いて、雑貨
    カサ・ミラ近くのグラシア大通りに面しているバルセロナ最大の雑貨屋。

    バルセロナ VINCON

    この店、雑貨屋という側面もさることながら、
    1899年にAntoni Rovira i Rabassa の設計で建てられたもので、
    かつてバルセロナの人気画家、Ramon Casasが住んでいたそうで。

    その名残で、1階は雑貨屋、2回はミュージアム的な開放的な空間になっています。

    文房具や台所用品系で、ハイセンスなものがもりだくさん。
    中も驚くほど広いので、見て回るだけでもおもしろいっす。


    次はスナック類
    「スペイン」の味といえば、生ハム

    ということで、スペインには「生ハム」味のスナックがあります。

    バルセロナ ポテトチップス
    生ハム味のポテトチップス。"(Jamon=生ハム"です。)

    配る用のちょっとしたおみやげが必要なら、こういうのも面白いかも。
    "Jamon味"っていかにもスペインだしね

    カサを取るのでスーツケースに詰めるのは面倒かもしれませんが。
    おみやげが安く上がるのは間違いなし。

    めちゃくちゃうまい、というほどでもないですが、
    ちゃんと生ハムの味がしますよ。


    最後に、料理用具

    奥さんが熱心に見ていたのが、ルクルーゼの鍋ルクエ製品

    バルセロナ ルクルーゼ鍋
    今回買ったルクルーゼの鍋。

    日本で買うより圧倒的に安いらしいです。
    何かよくわからんけど、一人で勝手に異様に興奮してました。
    (面倒なので放置しておきましたが。)

    有名百貨店・「エル・コルテ・イングレス(El Corte Ingles)」などで
    売っています。

    ただし、この鍋、鉄でメチャメチャ重いです。
    持って帰るのは結構大変ですのでご注意あれ


    以上、バルセロナでおすすめできるおみやげでした。

    これにてバルセロナ旅行記、並びにスペイン旅行記終了です。

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


      スポンサードリンク
      スポンサーサイト
      スペインのグルメの都・バルセロナにはとにかくレストランがいっぱい。
      ガイドブックにも山ほどレストランが紹介されています。

      ということで、今回はガイドブックを頼りに行ってみた2店のレストラン
      について書きます。

      まずは、レイアール広場にある人気レストラン・Les Quinze nits 

      バルセロナ Les Quinze nits 2
      レストランがひしめくこのエリアでも特に人気のレストラン。
      テラス席だけは16:00からやっているようですが、ディナーの開店は20:30。
      (20:30からレストランの中の席もオープンします。)

      このレストラン、予約が不可なので、実際に行って並ぶしかないんですよね。

      どのサイトでも「行列が絶えない」と書いてあるので、
      早めに行こう、ということでディナー開店30分前の20:00くらいに行ってみると。。。

      バルセロナ Les Quinze nits1 
      なんじゃこりゃ。

      30分前の時点で既にこの行列。
      サグラダファミリア、ピカソ美術館に続きこの長蛇の列。
      しかもまだ開店30分前ですよ。。。

      スペインの行列、恐るべし

      並んでいるのはほとんどが白人で、アジア人の姿はまばら。
      ヨーロッパの方のガイドブックに大きく紹介されているのかもね。
      (それか、みんな地元の人???)

      でも、せっかくだから並んで入ってみよう、ということで待つこと30分。
      20:30にレストランの中へ。

      バルセロナ Les Quinze nits 7
      中は適度に薄暗くて、良い雰囲気。
      2階席もあってかなり広いので、あれだけの行列でも
      大体20:30の時点で中に入れます。

      ただ、席は先に入ったグループから窓際などのいい席を取っていくので、
      早めに並んでおいた方が得は得です。


      で、これだけ並んだ挙句の肝心の料理ですが。。。

      バルセロナ Les Quinze nits 3
      シーフードのスープ。
      普通

      バルセロナ Les Quinze nits 4
      マグロのステーキ。
      普通

      バルセロナ Les Quinze nits 5
      何だったか忘れましたが、魚系の煮込み料理。
      普通

      うーん。。。
      味は総じて普通でした。
      でも、値段はリーズナブル。

      なので、コストパフォーマンスは結構高いと思います。
      バルセロナでは、「オシャレなファミレス」的な位置づけなのかな。

      どうも、後で調べたらここの一押し料理は、イカ墨のパエリアらしく。
      これを食べなきゃいけなかった。。。

      ということで、これから行く人はこれを食べましょう。
      他は総じて普通です。
      (自分が食べたメニューの限りですが。)


      ということで、スペイン旅行で初めて並んで入った人気レストラン。
      率直な感想としては、「無難なレストランだなー」という印象でした。

      これだけ並んでもう一回入るか、というと微妙かな。。。
      もしもう一度チャンスがあるなら、絶対、イカ墨のパエリアですね。

      おすすめ度:C
      (一押しのイカ墨のパエリアを食べなかったので。。。
      スペインにしてはとてもリーズナブルなレストランですが、
      是非行った方がよい、というほどではないと思います。)


      スポンサードリンク


      この記事と同じテーマの最新記事


        スポンサードリンク
        マドリッドの回でも書きましたが、
        スペイン料理といえば、最もメジャーなのはやはりパエリアですね。

        せっかくスペインに来たならやっぱり美味いパエリアを食べたい。

        マドリッドではパエリア専門店・LA BARRACAでイカ墨パエリアを食べましたが、
        バルセロナでは、めちゃうまパエリアを食べに、評判の店・エルチェ(Elche)へ。

        バルセロナ エルチェ1
        店が開くのが12:45なので、1時ごろを目指していけばいいかと。

        バルセロナ エルチェ(Elche)2
        まずは前菜で出てくるパンと鶏レバーのペースト。
        ペーストが美味い。

        バルセロナ エルチェ(Elche)3
        コロッケ。
        クリーミーで美味い。

        バルセロナ エルチェ(Elche)4
        そして、定番のシーフードパエリア
        初めパエリア鍋で持ってきてくれて、皿に取り分けてくれます。
        (1人前だけ頼んでも2つに分けてくれます。
        スペインのパエリアの「1人前」は量が尋常じゃないので注意が必要です)

        一口食べた瞬間、「さすが!」と思わせる味。

        パエリアの種類が違うので一概に比べられませんが、
        LA BARRACAで食べたイカ墨パエリアより美味い。

        高級店だけあってそこそこ値段もはりますが、「さすが」です。

        ただ、混んでる時間帯だったこともあり、店員の応対はもう一つだった
        気がします。
        昼に行くなら、混み出す前の早い時間に行くことをおすすめします。


        おすすめ度:A
        (「さすが」のパエリアを食べさせてくれる店です。)



        スポンサードリンク


        この記事と同じテーマの最新記事


          スポンサードリンク
          実はバルセロナで食べた物の中で一番印象に残ったのは、ムール貝

          ムール貝といえばどちらかというとベルギー名物として有名で、
          「バルセロナでムール貝??」と思われるかもしれませんが、
          そこは地中海に面したシーフードの宝庫・バルセロナ。

          ムール貝もとてもメジャーだそうでして。

          といっても、もともとムール貝を食べようと思っていたわけではないんですが、
          サグラダファミリアから徒歩で移動しているときにたまたま見つけたこの店。

          バルセロナのムール貝
          ムール貝専門店・"LA MUSCLERIA"。

          前を通りかかったときにふと中を覗くと、お客さんで大盛況。

          サグラダファミリアを見学した後、昼過ぎでかなり腹ペコだったので、
          看板のムール貝の絵に誘われるように中へ。

          スペインって英語が通じないことがちょくちょくあるので、
          基本的にはガイドブックやインターネット情報を頼りにレストランを
          選んでいたわけですが、この時は腹ペコすぎて「もうとりあえず入ってまえ!」
          ということで中へ。

          バルセロナのムール貝
          地下に下りていく造りで、中はこんな店。
          お昼時を過ぎると一旦店を閉めるらしく、写真を撮った時は
          人も少なくなっていましたが、入った時は人がいっぱいでした。

          店員さんは英語が不自由ですが、英語メニューがあったので注文も問題なし。

          ムール貝専門店なんだから、もちろん、
          注文するのは迷わずムール貝のポット(鍋に入ったムール貝)。

          驚いたのは、味付けのメニューが異常にたくさんあること。
          塩・コショウだけのシンプルなものから、クリーム味、カレー味、ガーリック味、
          チーズ味、ボロネーゼ味、ソースとハムのミックス味などなど何と20種類以上。

          ムール貝の味付けってそんなにあったんかいな

          とりあえず、塩・コショウのオーソドックスなものを選択。
          やっぱりオーソドックスな方が素材の味が一番分かるからね
          (といいつつ、よくわからんから一番上に書いてあったやつにしてみたけどね)

          そして、、、

          バルセロナのムール貝
          ムール貝、どどーん!

          鍋に山盛りのムール貝。
          これで10ユーロしないんだから、やっぱり本場ですな。
          日本でこれだけ食べたらいくらするんだろうか。

          そして、、、美味い


          バルセロナのムール貝
          イワシのフライも注文。
          これも素朴な味でうまい。ぺろっと平らげてしまいました。


          いやー、こういうシンプルなものがやっぱり美味い。
          そして安いし。
          満足感は高かったです。

          おすすめ。

          おすすめ度:B
          (いかにも「スペインらしい」という種のレストランではないので、
          観光中にどうしても行くべき、とは言いませんが、
          味と値段のレベルを考えると、かなりおすすめできるレストラン。)

          スポンサードリンク


          この記事と同じテーマの最新記事


            スポンサードリンク
            マドリッドのグルメではサンミゲル市場を最初に取り上げましたが、
            バルセロナでもやっぱりグルメの主役は市場

            スペインの食材はやっぱりすごいですから。

            ということで、バルセロナでもやっぱり市場へ。

            観光的にバルセロナで有名な市場が二つありまして、
            一つはバルセロナ最大の市場・サン・ジョセップ市場
            もう一つがモダンな雰囲気のあふれるサンタ・カテリーナ市場です。

            とにかくスペインの市場は良い。
            もうこりゃ行くしかありませんな。

            まず先にサン・ジョセップ市場へ。

            バルセロナ サン・ジョセップ市場1
            立派な門がトレードマーク。
            午後2時を過ぎてから行ったのにすさまじく人が多い。。。

            バルセロナ サン・ジョセップ市場2
            八百屋。
            色とりどりの野菜や果物がずらり。
            とりあえず、カットフルーツを買って食べました。

            バルセロナ サン・ジョセップ市場3
            スペインではおなじみの生ハム屋。
            天井からぶらさがる肉がサンミゲル市場で見たのよりグロい

            市場の中にバルがあるとガイドブックに書いてあったので、
            そこで何か食べたかったのですが行った時間が悪くてダメでした。残念

            そのせいか、このサン・ジョセップ市場の方は、
            やたらと人が多いばかりで、あまり印象良くなかったんですよね。。。

            今から行く人は、昼前に行くことをおすすめします。(11時くらいかな?)


            ということで、リベンジを期して後日サンタ・カテリーナ市場へ。

            バルセロナ サンタ・カタリーナ市場1
            屋根がカラフルで、外からではここが市場だとはわからないほど。
            カタルーニャを代表する建築家で45歳の若さで亡くなったエンリク・ミラージェス
            という人の設計だそうです。

            バルセロナ サンタ・カタリーナ市場4
            市場内には、人気レストラン"Cuines Santa Caterina"があり、ここで昼食を。
            人でごった返すサン・ジョセップ市場に比べると、
            市場全体、こちらの方が落ち着いた雰囲気。

            バルセロナ サンタ・カタリーナ市場2
            パスタで作るパエリア「フィデウア」。美味い!
            しかし、すごいボリューム。

            バルセロナ サンタ・カタリーナ市場3
            バルセロナのマグロは日本より美味いと聞いていたので、
            マグロのたたきを注文。
            マグロは美味かったけど、ソースが少し甘くて残念
            それでも美味いけどね。

            あと、他のテーブルで頼まれていたブイヤベースみたいなメニューが
            美味そうでした。
            もしもう一度行くチャンスがあればあれを食べたい。

            いやー、さすが市場のレストラン。
            混んでてカウンターに座ったんですが、目の前で作られる料理が
            どれも美味そうなこと、美味そうなこと。

            そりゃ、市場にこれだけ大々的に併設のレストランを構えたら、
            下手なものは出せないでしょうね。

            やっぱりスペインの市場は良い
            スペインのグルメを味わうにはまず市場でしょう。


            おすすめ度:B
            (サンタ・カテリーナ市場のレストランは奇麗で観光客にも
            安心感があり、とても良いと思います。
            昼のレストラン選びに困ったときにはおすすめ。)

            スポンサードリンク


            この記事と同じテーマの最新記事


              スポンサードリンク

              検索フォーム

               

              カテゴリ

              全記事一覧

              お知らせ

              ドバイの旅行情報
              トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

              ドバイ 旅行
              フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

              FC2カウンター

              プロフィール

              kentaro3787

              Author:kentaro3787
              たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
              「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

              S:一生に一度は行きたい
              A:訪れて損はなし
              B:この地域に来たら行きたい
              C:良いけど、省略可
              D:行かなくてもいいかな
              (まあ、基準は適当です。)

              時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

              上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
              HTMHThHhさ