スポンサードリンク

Top Page > はじめに
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    これまで、UAE、オマーンと中近東のことを書いてきましたが、
    旅行で行った、別の地域のことも書いていこうかと。

    せっかくなので行ったところは記録しておきたいですし、
    中近東も、そうそうネタがあるわけではないですしね

    この前、オーストラリアに旅行に行ったので、
    その辺りのことから気になったことを書いていきます。

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


      スポンサードリンク
      スポンサーサイト
      2010
      02
      15

      UAEってどんな国?

      これまでドバイ限定で色々書いてきましたが、
      周辺地域についても少しずつ書いていきたいと思っています。

      その前に、まずUAEという国についてごく簡単に紹介を。

      UAEの正式名称は、”United Arab Emirates" = アラブ首長国連邦。
      下記の7つの首長国から構成されています。
      *アブダビ
      *ドバイ
      *シャルジャ
      *フジャイラ
      *ラス・アル=ハイマ
      *アジュマン
      *ウンム・アル=カイワイン

      首長国といっても、言語も通貨も同じ。行き来も自由です。
      法律は首長国によって若干異なりますが、根本的に異なるものではなく、
      アメリカでいう”州”をイメージをしてもらえばよいかと思います。

      ドバイは、UAEを構成する単なる首長国の一つ。

      これがUAEの大まかな地図です。
      UAE_en-map[1]

      巷では、ドバイばかりがクローズアップされていますが、
      実はドバイは、上の茶色の部分のみ。
      国土の大部分を占める黄色が首都でもあるアブダビ首長国です。

      はっきり言って、UAEのほとんどがアブダビですよね
      そりゃ、石油もほとんどアブダビにあるわけです。

      では、なぜドバイばかりが注目されるかというと、
      一つ前の記事で書いた通り、近年、一気に世界の金融・貿易拠点、
      そして一大リゾート地として急成長したからです。

      UAEが国として発展したというより、ドバイだけがバブル化した感じ。
      今や、アブダビの人口の2倍以上の人がドバイに住んでいます。

      しかし昨今は、ドバイの影響もあってか、他の首長国でも観光事業が
      整備されつつあります。

      今後、私が訪れた周辺地域についても紹介していくつもりです。

      にほんブログ村 海外旅行
      にほんブログ村 中東情報


      スポンサードリンク


      この記事と同じテーマの最新記事


        スポンサードリンク
        ドバイで働き始めてから、ずいぶん経ちます。

        ドバイの観光名所はもちろんですが、
        仕事柄、湾岸諸国など、
        普通の人があまり行かないところへも
        行くことも多い人間です。

        せっかく海外の色々なものを見るチャンスに
        恵まれているので、旅行や仕事の合間にこの目で
        見たものを記録していきたいと思っています。


        スポンサードリンク


        この記事と同じテーマの最新記事


          スポンサードリンク

          検索フォーム

           

          カテゴリ

          全記事一覧

          お知らせ

          ドバイの旅行情報
          トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

          ドバイ 旅行
          フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

          FC2カウンター

          プロフィール

          kentaro3787

          Author:kentaro3787
          たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
          「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

          S:一生に一度は行きたい
          A:訪れて損はなし
          B:この地域に来たら行きたい
          C:良いけど、省略可
          D:行かなくてもいいかな
          (まあ、基準は適当です。)

          時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

          上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
          HTMHThHhさ