スポンサードリンク

Top Page > 海外旅行で知っておくべきこと
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク


    <海外旅行で知っておきたいクレジットカードの知識>

    1, 海外旅行ではクレジットカード払いが得。
    2, 海外旅行でのクレジットカードの「キャッシング」とは?
    3, 海外では「クレジットカード=信用」である。
    4, クレジットカードの「海外旅行保険」とは?
    5, 結局、海外旅行におすすめできるクレジットカードはどのカード?
    6, もしクレジットカードのトラブルがあったら?



    久々に、海外旅行におすすめのクレジットカードの話です。

    以前の記事で、海外旅行でのクレジットカード利用については色々書いてきました。
    そして、おすすめとして自分も持っている三井住友VISAカードと楽天カードを挙げています。

    結局、海外旅行におすすめできるクレジットカードはどのカード?

    今回は久々にこのネタということで、何か他に良いカードが出てきていないかなー、と
    自分のためも兼ねてもう一度見直してみました。

    が、、、結論としてはやはり、
    まず作るなら三井住友VISAと楽天カードの組み合わせ
    でよいと思います。
    (ただ、カード種類で一つ補足がありますので、最後に追記します。)

    これでほぼ問題ないです。

    いやー、2枚も持ちたくない、、、という人は、
    ・海外旅行中の安心を取るなら、三井住友VISAカード。
    ・海外旅行後も含めたポイント還元率を取るなら、楽天カード。
    といったところでしょうか。

    なぜその2枚なのか、ポイントを書いておきます。

    (1) 無駄な年会費は必要なし。

    自分もそうなのですが、海外旅行に適したクレジットカードを作ろうという人は、
    そもそもクレジットカード自体にそれほど過度なことを求めていないと思います。

    ・海外でトラブルなく支払いが行えて、万一のトラブルの際にもしっかり対応できる。
    ・海外旅行ではそれなりに支払いも大きくなるので、ポイント還元もほしい。
    ということが満たされればOKじゃないでしょうか。

    色々なステータスや特典を謳って、結構お高い年会費を取るものも多いですが、
    最近は年会費が無料 or 安いものでも一般人には十分な機能がついていますから、
    上の2つのポイントを実現するのに、無駄な年会費は必要ありません。

    とりあえず海外旅行用に作るのであれば、そういったカードで十分です。


    (2) 安心感を取るなら三井住友VISAが最も手頃。

    海外旅行での"安心感"というと、「海外旅行保険」の金額などに目が行きがちですが、
    実は「サポート体制」が大事な要素です。
    その点では、三井住友VISAがおそらく最上位じゃないかと思います。

    もちろん、VIP会員用に色々なサポートデスクを設けている会社は色々ありますが、
    三井住友VISAカードの場合は、普通のクラシックカード保有者でも、世界55か国の
    「VJデスク」という24時間年中無休での日本語サポートが使えます。

    正直、「お得感」という意味では、三井住友VISAはあまりぱっとしないのですが、
    この辺の体制というのは圧倒的な会員規模数のなせる業。

    年会費も大してかかりませんから(条件を満たせば無料)、とりあえず作るには鉄板です。


    (3) ポイント還元率と海外旅行保険とのバランスでは楽天カード。

    ただ、三井住友VISAカードは、ポイント還元率がたったの0.5%なんですよね。
    海外旅行はお金を多く使う場面ですから、しっかりポイントを取っておきたいところ。

    そこでお得感をしっかり取るのにおすすめなのが楽天カードです。

    楽天カードはもともと1%の高還元率で評価が高いクレジットカードですが、
    以前も書いた通り、毎月キャンペーンというのをやっていまして、
    事前にWebサイトでエントリーすれば、海外使用での還元率が驚きの1.5%になります。

    知っておきたい楽天カードのお得なキャンペーン

    年会費無料にもかかわらず、この1.5%というレベルはおそらく数あるクレジットカードの中でも
    最高レベルじゃないかと思います。

    さらに、三井住友VISAほどではありませんが、楽天カードにも海外旅行保険がついていますので、
    海外旅行へのおすすめ度としては非常に高いです。


    (4) 他のおすすめ候補

    ということで、結論が前回とほぼ同じになってしまいましたが、
    今回チェックした中でもう一つ他に気になったカードが「エポスカード」

    マルイでの買い物がお得になったりするカードですね。
    年会費は無料ですし、海外旅行保険機能の内容は楽天カードを凌ぐと思います。
    なので、「年会費無料のカードの中で海外旅行保険が最も良いカードがよい」という人には、
    おすすめできそうです。

    ただ、残念なのが還元率。
    三井住友VISAと同じ0.5%ではちょっと買い物系のカードとしては低すぎ。
    この還元率なら、少々の年会費がかかっても三井住友VISAを持つ方がいいです。

    (5) ベストな組み合わせは「楽天カード」と「クラシックカードA」。

    ということで、やはり、年会費も大してかけずに十分なメリットが得られる、ということで、
    楽天カードと三井住友VISAカードで良いと思うのですが、
    これまでの記事で書いていなかったのが、「選ぶべきカードの種類」

    楽天カードはそもそも種類が少ないので普通のカードでよいのですが、
    三井住友VISAカードは、「クラシックカード」ではなく「クラシックカードA」を選ぶ方がよいです。

    なぜなら、海外旅行保険が自動付帯になるから。

    三井住友カード一覧はこちら

    海外旅行保険には「自動付帯」と「利用付帯」というのがあり、
    自動付帯は、そのカードを持っているだけで保険が適用されますが、
    利用付帯は、海外旅行でそのクレジットカードを使用すれば保険が適用されます。


    今回おすすめしている組み合わせの場合、
    楽天カードで主な支払いをして、楽天カードの保険機能も適用されるようにし、
    予備として持っている三井住友VISAカードでは、クラシックAで自動付帯にしておけば、
    両方の保険が適用されることになるわけです。

    年会費は2年目以降1,500円と、クラシックカードより150円上がりますが、
    Web明細書にすることで540円割引になるので、年間960円。

    1年で1,000円以下であれば、海外旅行に行くことのある人は持っておいて損はないと思います。


    カード名三井住友VISA
    クラシックカードA
    楽天カード
    特徴ほとんどの場所で使え
    サポート体制がとにかく高い。
    ポイント還元率が高く
    保険サポートも充実。
    年会費1,500円(初年度無料)
    Web明細書で960円
    永久無料
    カード申込三井住友VISAカード入会楽天カード新規入会


    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


      スポンサードリンク
      スポンサーサイト
      多忙でしばらく更新が滞ってしまいましたが、久々の更新です。
      復帰第一回は、久々に海外ホテル予約について書いてみます。

      このブログではこれまで、海外ホテル予約のおすすめサイトについて何度か解説してきました。
      ご存知の通り、最近は「ホテル料金比較サイト」というものが充実していまして、
      数多くの予約サイトを一つ一つ検索しなくても、最安値プランを探すことができます。

      どこの比較サイトも、何十、何百というホテル予約サイトを比較しているわけですから、
      「ホテル料金比較サイトであらば、どこのサイトでも機能は同じだし、
      大体同じようなプランを探せるでしょ?」と思いがちです。

      でも、実際はそうではないんですよね。
      同じ「ホテル料金比較サイト」でも、サイトによって出てくる最安値プランは違いますし、
      サイトの使い勝手も全然違います。

      なぜ違いが出るのかというと、「海外ホテルの日本語予約」だからです。
      これが国内ホテルの予約であれば、少し話は違います。
      国内ホテル予約の大手サイトはどこも日本の会社が運営しているものであり、
      比較サイトでなくても、例えばじゃらんや楽天トラベルといった旅行サイトも十分内容が
      充実していて、どこのサイトで探してもそれほど失敗はしません。

      しかし、海外ホテル予約の場合は、日本の会社のサイトの競争力があまり高くありません。
      日本企業のサイトでも海外ホテル予約を扱っているところはありますが、
      格安で良いホテルを予約するには、海外企業のサイトを使うべきです。

      例えば、TVで頻繁にCMをやっているTRIVAGOはドイツの会社ですし、
      このサイトでおすすめしているHotels Combinedはオーストラリアの会社。
      さらに、海外ホテル予約としては1,2の知名度を誇るBooking.comはオランダの会社、
      エクスペディアもアメリカの会社の運営するサイトです。
      (TRIVAGOとエクスペディアに関しては、以前の記事でも書いたのですが、
      実はTRIVAGOはエクスペディアの傘下にあります。)

      しかし、海外企業のサイトを使うべきとはいえ、
      日本向けに対応していないサイトから予約するのは抵抗があると思います。
      実際、妙なサイトを使うとトラブルが起きることもあります。

      ですので、海外企業の大手サイトの中でも、
      しっかりとした日本向けの対応がされているサイトを使うべきです。

      そういう意味では、上に挙げたTRIVAGO、Hotels Combined、Booking.com、
      エクスぺディアなどはまさにその候補になりますが、
      以前から当ブログでは、私の経験からHotels Cobminedをおすすめしています。

      海外旅行のコツ②格安で良いホテルの探し方

      最近も価格はチェックしていますが、やはりここのサイトの価格競争力は高いです。
      そして、サイトの使い勝手も海外サイトの中では優秀だと思います。

      今すぐ試してみたいという人は、下の検索フォームに条件を入れてホテルを検索してみてください。
      Hotels Combinedの一括検索がここからできます。



      ※使い方のわからない方はこちらの記事をどうぞ。
      ホテル予約サイトの上手な活用術("Hotels Combined"の場合)


      逆にTRIVAGOに関してはかなり辛らつな評価を書いてきました。

      最近、CMでよく見る"TRIVAGO"を評価してみる。


      前回書いた時から随分時間が経ちましたが、Hotels CombinedとTRIVAGOの差は縮まっているのか?
      最新価格で比較をしてみました。

      今回は、「日本人にとって海外旅行といえば?」というと一番に挙がるであろうハワイの人気BEST5のホテルで比較してみます。

      HISのランキングでは、ハワイのBEST5ホテルは下記の通り。

      1位:ヒルトン ハワイアンビレッジ ワイキキ ビーチリゾート
      2位:ハイアットリージェンシー ワイキキ ビーチリゾート&スパ
      3位:シェラトン ワイキキ ホテル
      4位:アウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾート
      5位:ホリデイ イン ワイキキ ビーチコマー

      今から10日後のお盆真っ盛りの8月15日の1泊2名の条件で最安値を比較してみました。
      その結果がこちら。

          Trivago Hotels
      Combined
      1位 ヒルトン ハワイアンビレッジ 見つからず 28,830
      2位 ハイアットリージェンシー ワイキキ 33,933 29,828
      3位 シェラトン ワイキキ 35,649 31,328
      4位 アウトリガー・リーフ・ワイキキ 30,468 26,110
      5位 ホリデイイン ワイキキ ビーチコマー 見つからず 25,154

      うーん。。。
      見事なまでにHotels Combinedの勝ちですね。

      ここまで差が出るとは思いませんでした。
      まあ、たまたまこの日程条件で検索したから出た差でしょうし、
      プラン詳細内容までは確認していないので、一概にこれだけで評価できませんが、
      少なくともHotels Combinedの価格競争力が高いのはわかると思います。

      そして、TRIVAGOで困ったのが1位と5位のとホテルがそもそも見つからなかったこと。
      少なくともハワイのホテルのおすすめ順の上位には出てきませんでした。

      何でこんな人気上位ホテルが上の方に出てこないのかもよく理解できませんが、
      仮にそうであってもホテル名で検索する機能がないのは致命的な気が。。。
      (自分が探した限りでは見つかりませんでした。)

      Hotels Combinedはちゃんとサイドバーに検索機能があって、
      ホテル名の一部でも入力すれば該当するホテルが出てきます。

      以上より、やはり現時点でのおすすめはまだまだHotels Combinedですね。

      自分の経験上、意外なほどお得な価格が出てくる可能性もあるので、
      ぜひ上の検索バーから試しに検索してみてください。↑


      また次回、他の国のホテル、他の日程でも検証してみたいと思います。

      スポンサードリンク


      この記事と同じテーマの最新記事


        スポンサードリンク


        <海外旅行で知っておきたいクレジットカードの知識>

        1, 海外旅行ではクレジットカード払いが得。
        2, 海外旅行でのクレジットカードの「キャッシング」とは?
        3, 海外では「クレジットカード=信用」である。
        4, クレジットカードの「海外旅行保険」とは?
        5, では、海外旅行におすすめのクレジットカードは?
        6, もしクレジットカードのトラブルがあったら?



        その6, もしクレジットカードのトラブルにあったら?

        というわけで、海外でのクレジットカードの必要性を書いてきましたが、
        とはいってもやはり、盗難やスキミングなど、カード関連のトラブルの
        リスクはつきまといます。

        最後に、もし運悪くクレジットカードのトラブルに巻き込まれた場合の
        対処法について書いておきます。

        クレジットカードで身に覚えのない使用があった場合、
        原則として、所有者に非がなければ、
        カード会社が補償してくれます

        なので、必要以上に怖がる必要はありません。

        どうしても海外で使うとなるとリスクが高いように感じるかもしれませんが、
        ネットショッピングがこれだけ普及している現在、海外でなくても、
        カード情報を誰かに知られてしまえば、不正利用される可能性は日本でも
        普通にあります。

        大事なことは、不正利用されていないかを定期的にチェックすることと、
        不正利用された際にはすみやかにカード会社に問い合わせることです。

        カード会社のコールセンターの番号を控えておくことをおすすめします。

        上に「所有者に非がなければ」と書きましたが、
        何が「所有者の非」に当たるかというと、主に二つ。

        ・カードの裏面にサインがない。
        ・すみやかにカード会社に連絡しなかった。


        普段の生活でクレジットカードを使わない人は、
        使用明細をいちいち見るのはめんどくさいかもしれませんが、
        最近は簡単にネット上で確認できるので、
        ざっとだけでもチェックするようにしましょう。


        スポンサードリンク


        この記事と同じテーマの最新記事


          スポンサードリンク
          【この記事は定期的に最新の情報に更新しています。】

          「海外旅行のおすすめクレジットカード」として、楽天カードを紹介しましたが、
          楽天カードには、海外旅行で利用することでお得になるワザがあります。

          楽天カード2

          毎月楽天カードサイト内で紹介される「海外利用でポイント50%アップキャンペーン」。

          これにエントリーしておくと、
          海外での支払いにカードを使ったときに還元されるポイントが1.5倍になります。

          楽天カードはもともと還元率1%というお得なカードですが、
          海外での利用の場合はそれが1.5%という高還元率になるということです。

          この還元率は驚異的ですね。

          エントリーは簡単。
          楽天カードの管理ページである「楽天e-NAVI」からキャンペーンページに行き、
          当該キャンペーンの「エントリー」ボタンをクリックするだけ。

          楽天カード1

          これで海外旅行のクレジットカードの準備はOK。

          この「エントリー」を意外と知らない人もいるのですが、
          これから海外に行くという人で、楽天カードを持っている人は忘れずにエントリーして
          から出発しましょう。


          <楽天カード>
          海外旅行には最強に近い一枚。
          しかも作って1回使うだけで5000円プレゼントのお得さ。
          定期的に6,000円~10,000円還元のキャンペーンも実施しているので、
          キャンペーン中ならさらにお得です。



          スポンサードリンク


          この記事と同じテーマの最新記事


            スポンサードリンク
            【この記事は定期的に最新の情報に更新しています。】


            <海外旅行で知っておきたいクレジットカードの知識>

            1, 海外旅行ではクレジットカード払いが得。
            2, 海外旅行でのクレジットカードの「キャッシング」とは?
            3, 海外では「クレジットカード=信用」である。
            4, クレジットカードの「海外旅行保険」とは?
            5, 結局、海外旅行におすすめできるクレジットカードはどのカード?
            6, もしクレジットカードのトラブルがあったら?



            その5, 結局、海外旅行におすすめのクレジットカードはどのカード?

            クレジットカードの種類によってそれぞれ良さがあると思いますが、 自分の海外経験から検討してきた結果、今は下記の2枚をメインに使っています。
            年会費もほとんどかかりませんので、誰にもおすすめできるカードとして紹介しておきます。

            三井住友VISAカード

            一言でVISAカードといっても、今や数多くのカードがありますが、 その中で一番信頼性が高いのがこの三井住友VISAカードです。

            「信頼性が高い」というのはどういうことかというと、 まず一つは、世界中どこでも「使える可能性が高い」ということ。

            海外に慣れている人はわかると思いますが、同じVISAカードでも、 カードによって使える場所、使えない場所が色々です。

            どういうことかというと、そのホテルやレストランがVISAを扱っていて、クレジットカード読取機があるのに、読取機に通してもカードによっては、エラーになってしまうことがあるのです。

            しかし、三井住友VISAカードはどこでもほぼ確実に使えます。
            自分の経験上、カードが原因で使えなかったことは記憶にありません。
            (読取機の通信機能が故障したとか、店側の理由で使えないことはまれにありますが。)

            そしてもう一つは、サポート体制の信頼性

            三井住友VISAカードは日本で2,000万人以上が加入しているカードなので、 何かあった時のサポート体制が非常に充実しています。

            海外で使うとなるとどうしてもスキミングなどの不正使用のリスクはつきまとうので、こういう信頼性は気になるところですよね。

            また、ICカードチップを搭載しているので、暗証番号が分からない限り不正使用はできませんし、万一盗難に遭っても60日間の損害補償もついていますし、 かなりセキュリティレベルの高いカードです。

            年会費はカードの種類によりますが、 インターネット申込みの場合、普通のクラシックカードで、初年度無料、2年目以降は年間1,250円+消費税=1,350円。

            三井住友カード一覧はこちら

            カード利用代金をWeb上で閲覧する「Web明細書サービス」にすれば、 毎年500円+消費税=540円割引なので、810円/年ですね。

            また、そもそも入会時にギフトカードがプレゼントされるので、 実質的には初めの数年間は年会費負担がないのと同じことになります。


            三井住友VISAカード
            世界で一番使えるカードと言ってもいいほど、ほとんどの場所で使えます。
            銀行系のカードでありながら年会費負担の少ない、かなり希少な1枚。
            迷うならこれを持っておけばいいと思います。




            楽天カード

            楽天カードの魅力は、何といっても年会費無料でポイント還元率が高いこと。

            日本国内で使うだけでも十分魅力的なのですが、 それに加え、海外旅行保険やそのサポートも充実。

            海外旅行保険のところで説明した「治療費」も200万円まで補償されます。
            三井住友VISAでも100万円までなので、これはすごい水準。

            しかも、三井住友海上の提供する 海外アシスタンスサービス医療費キャッシュレスサービス まで利用できます。

            前回、現地では予期せぬ高額な治療費がかかることがある、と書きましたが、 そんな現金を持っているわけはありません。
            キャッシュレスサービスは、そんなときに医療費をこの海外旅行保険機能で処理してくれる、 というもの。

            年会費無料とは思えないほど、海外旅行への補償度の高いカードです。

            また、楽天カードには毎月エントリーする「キャンペーン」というのがありまして、 エントリーすれば海外での使用に対してさらにポイントをつけてくれます。
            <参考記事>
            知っておきたい楽天カードのお得なキャンペーン

            常時、新規入会特典として 最低5,000円分のポイントがプレゼントされるため、年会費がかからないどころか、入会するだけで収支はプラスになります。

            強いてこのカードの弱点を挙げるとすると、キャッシングを使った際に自動的に「リボ払い」になってしまう、というところ。
            <参考記事>
            海外旅行初心者のためのわかりやすい「クレジットカードの仕組み」

            後で簡単にネット上で変更できるので、一括返済に変更すれば済む話ですが、キャッシングメインでクレジットカードを持ちたい人は、三井住友VISAカードの方をおすすめします。

            理想的には、三井住友VISAカードと楽天カードを両方持っておいて、基本的には還元率の高い楽天カードを全て支払うようにし、
            楽天カードでエラーになった時、もしくはキャッシングする時に三井住友VISAカードを使う、という感じにすれば、高いポイント還元率と高い信頼性を両取りできるので鉄板です。

            楽天カード
            年会費永久無料ではこのカードがダントツ。しかも作って1回使うだけで5000円プレゼントのお得さ。
            ときどき還元額増額のキャンペーンまでやってます。 




            まとめ

            かれこれ10年近くこの2枚で十分こなせているので、個人的には鉄板の組み合わせです。
            入会時の還元を考えれば、2枚とも年会費はかからないも同然なので(楽天はそもそも無料ですが)
            どちらも持っておいて損はしないカードです。

            カード名三井住友
            VISAカード
            楽天カード
            特徴ほとんどの場所で使え
            サポート体制も高い。
            ポイント還元率が高く
            保険サポートも充実。
            年会費1,350円(初年度無料)
            Web明細書で810円
            永久無料
            カード申込三井住友VISAカード入会楽天カード新規入会

            スポンサードリンク


            この記事と同じテーマの最新記事


              スポンサードリンク

              検索フォーム

               

              カテゴリ

              全記事一覧

              お知らせ

              ドバイの旅行情報
              トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

              ドバイ 旅行
              フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

              FC2カウンター

              プロフィール

              kentaro3787

              Author:kentaro3787
              たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
              「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

              S:一生に一度は行きたい
              A:訪れて損はなし
              B:この地域に来たら行きたい
              C:良いけど、省略可
              D:行かなくてもいいかな
              (まあ、基準は適当です。)

              時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

              上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
              HTMHThHhさ