スポンサードリンク

Top Page > これまでいただいたQ&A
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    両替に関する質問も比較的多くいただきます。

    確かに、ドルやユーロといった主要通貨なら別として、アラブのマイナー通貨って
    どこでどのタイミングで両替したらいいのか、迷いますよね。

    ドバイの両替については以前書いているのですが、
    基本的に中近東・アフリカのアラブ地域に旅行する際は、
    日本で円からドルに両替し、現地でドルから現地通貨に換える
    のが基本です。

    <参考記事>
    ドバイの通貨事情

    また、1回で2か国以上に行く場合は、マイナー通貨を残しても仕方ないので、
    1か国目で残った現地通貨は、次の国で換えてしまってもいいと思います。

    例えば、ドバイに行った後、ヨルダンに入るようなケースであれば、
    ドバイでドルからUAEディルハムに換えて、
    残ったUAEディルハムはヨルダンでヨルダンディナールに換えるのがいいでしょう。

    アラブ内であれば、マイナー通貨からマイナー通貨であってもそれほど両替手数料は
    高くありません。

    また、現地で両替する場所ですが、
    一般的にはどこの国でも下記のような主な選択肢があります。

    ①着いたときに空港の両替所で両替する。
    ②宿泊しているホテルで両替する。
    ③街中やモールの両替所で両替する。

    レートとしては普通、良い順に③→①→②です。

    ホテルで両替するよりは、空港で両替してしまうのが得です。

    後進国なので、「街中での両替はちょっと。。。」という人は、
    空港に着いたときに換えてしまうのが安心でしょう。

    ちなみに、よくやりがちなのが、
    出発前に、日本の空港で日本円から現地通貨に換えるケース。

    これはできるだけ避けた方がいいです。
    恐ろしい率の手数料を取られるのは間違いありません。

    出発前に日本の空港で替える場合も、まずドルにしましょう。

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


      スポンサードリンク
      スポンサーサイト
      ドバイの治安については以前書いたことがあるのですが、
      ドバイという国の治安は「非常に良い」と言っていいと思います。

      <参考記事>
      ドバイの治安事情

      ドバイといえば、「アラブ首長国連邦」の名の通り、
      イスラム教のアラブ諸国の一部。

      イスラム教といえば、日本ではどうしても、
      「テロ」のイメージが付きまとうと思いますが、
      ドバイはトラブルの火種となる思想対立があまりありません。

      俗に言う「アラブの春」ともそれほど関係がありません。

      なぜなら、ドバイの人口の80%以上は
      イスラムとは関係のない外国人
      だからです。

      その中でも最も多いのはインド人
      その他にはフィリピン人、パキスタン人、スリランカ人などが多いです。

      インド人と聞くと、最近は「え、インド人?」と逆に不安になる人もいるでしょう。

      昨今、インドでは婦女暴行事件が相次いでいます。
      「インド人だらけのドバイもやばいんじゃないの?」と思うのは当然です。

      結論から言いますと、大丈夫なんです。

      これはインドに駐在していた友人が言っていたのですが、
      「ドバイとインドではインド人の質が違う」んですね。

      ドバイのインド人が紳士的というわけでは必ずしもないのですが、
      ドバイではそういった目を覆いたくなるような犯罪は極めて少ないのが現状です。

      インド人を含め、ドバイの外国人はあくまで外国に生活の糧を求めて来ている人なので、
      自分を外国人と自覚しています。
      日本人だって、外国で凶行に走る人は国内より稀です。

      凶悪犯罪って、ホームグラウンドでこそ起こすものなんですよね。

      また、片言でも英語が話せるくらいの人がほとんどですので、
      インド人の中でも質の良い人が来ているのでしょう。

      そして、治安維持に功を奏しているのが、
      ドバイの場合、欧米と異なり、外国人に国籍を与えないことです。

      あくまで外国人は何年たっても外国人労働者のまま。
      外国人旅行者を迎える側も外国人なんですね。


      そして、上の記事でも書きましたが、2番目の大きな理由として、
      ドバイは警察が怖いということがあります。
      婦女暴行なんかで捕まろうものなら、一生刑務所か死刑になるでしょう。

      インドであれだけ婦女暴行がまかり通っているのは、
      昔から国として女性に対する暴力を軽視してきたため、
      女性の殺人や暴行が発覚しても処罰されなかったからです。

      ドバイは、日本なんかよりも数段、この辺の処罰には厳しいものがあります。


      旅行者が治安の面で気をつけるとしたらタクシーでしょう。

      ちゃんとメーターもあるし管理されていますが、
      遠回りしたり、場所を知らないのに知っているふりをしたり、乗車拒否したり、
      はざらにあります。

      <参考記事>
      ドバイのタクシー事情

      もし可能なら、ホテルで目的地までタクシーで大体いくらくらいか
      聞いておくとよいでしょう。

      スポンサードリンク


      この記事と同じテーマの最新記事


        スポンサードリンク
        先日、サッカーのヨルダン戦がありましたが、
        昨今、ヨルダンが旅行先として日本でも注目を集めているようです。

        「ヨルダン 治安」というキーワードでこのブログを読んで頂いている人も
        増えています。

        読者の方からも、たまに、
        「ヨルダンの治安はどうなのでしょうか?アラブなので危ないでしょうか?」
        といったようなご質問を頂くようになりました。

        特に最近は世界遺産ランキングでぺトラ遺跡が上位にランキングされることが
        増えたからか、女性の方からお問い合わせ頂くことも増えてきました。

        ということで、今回はヨルダン旅行の安全度について書いておきます。

        ヨルダン旅行は、旅慣れていれば、女性一人でも可能だと思います。
        以前は爆弾事件などもありましたが、最近は他の国と比べても、
        ヨルダンが特に治安が悪い、ということはありません。

        ただ、ヨルダンで気をつけるべきは政情よりも、イスラム教の後進国である
        ということです。

        ヨルダンという国がどうこうというより、後進国の国を旅行するときに怖いのは、
        以下の4点です。

        ① 後進国では、公共交通機関が発達していない。
        ② 後進国では、貧富の差が大きいので、旅行者から金を巻き上げようとする人が多い。
        ③ 後進国では、「日本人」という人種は、常にターゲットになり得る。
        ④ 後進国では、警察がしっかりしていない。 

        ヨルダン旅行記でも書きましたが、ヨルダンのような後進国ではタクシーに乗るにしても、
        メーターがついているわけではなく、トラブルになりやすい国です。
        トラブルになっても、警察は助けてくれません。

        そして、やはりイスラム教の国ですので、
        そもそも女性が一人で動き回ることが珍しいお国柄です。
        日本人でしかも女性一人となると、当然目立ち、狙われやすくはなります。

        イスラム教の後進国に慣れていない女性の方は
        無理して自力で行くと、旅行中にそういったストレスを抱えっぱなしで旅行自体が
        満喫できない可能性もあると思いますので、
        個人的にはツアーで行かれることをお勧めします

        また、そもそもヨルダンは、外国人にとって、ぶらぶら街を歩いたり、
        店に入ったりして、街の雰囲気を楽しめる国ではありません。
        そもそも外国人が気軽に入れるような店が少ないですし、英語も通じません。

        自力で行ったとしても移動はタクシーを手配することになるので、
        毎日「何時出発」といった制限はかかりますから、自力で行ったからと言って、
        自由気ままに滞在を満喫できる、というわけでもないです。

        ぺトラとか死海とかワディラムといった自然遺産的な観光地を楽しむところと
        考えた方がいいでしょう。
        そういう意味では、ツアーでも楽しみやすい国と言っていいと思います。

        ヨルダンと聞くと、
        「アラブだから暴動が起きるんじゃないか」
        「イスラム教だから、テロが頻繁に起きるんじゃないか」
        といった発想を日本人は持ちがちですが、
        そういった国自体の治安というより、イスラム教の後進国としての心配の方が
        大きいんじゃないでしょうか。

        一人旅をお考えの方は、その辺を踏まえ慎重に検討頂ければ、と思います。

        スポンサードリンク


        この記事と同じテーマの最新記事


          スポンサードリンク

          検索フォーム

           

          カテゴリ

          全記事一覧

          お知らせ

          ドバイの旅行情報
          トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

          ドバイ 旅行
          フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

          FC2カウンター

          プロフィール

          kentaro3787

          Author:kentaro3787
          たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
          「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

          S:一生に一度は行きたい
          A:訪れて損はなし
          B:この地域に来たら行きたい
          C:良いけど、省略可
          D:行かなくてもいいかな
          (まあ、基準は適当です。)

          時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

          上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
          HTMHThHhさ