スポンサードリンク

Top Page > ロンドンの見どころ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    ロンドンでお土産を買う場所の定番と言えば、
    イギリスでも超有名な老舗デパート・ハロッズ

    個人的にはあまりデパートには興味なかったのですが、
    奥さんのお土産探しにつきあって、行ってみました。

    ハロッズ3
    あまりに大きいもんで、全体像を写そうと思ったらこんな斜めな写真になってしまいました

    なんせ、20,000㎡の敷地に、90,000㎡以上の売り場面積という巨大デパートだからね。

    ちなみに、夜はこんな感じになるそうで。↓
    ハロッズ4

    さすがロンドンを象徴する老舗デパート。
    自分は真昼間に行きましたが、せっかくなら夜行った方が感激も大きいでしょうね。

    とにかくこのハロッズ、世界的に有名なデパートだけあって、
    この重厚な外観だけでなく、内装も豪華絢爛。

    ハロッズの店自体は、ヒースロー空港にも出ていますし、
    わざわざここに足を運ばなくても買えるかもしれませんが、
    やっぱり「本場のハロッズの中に入った」という満足感はたまりません

    売り場も「これぞ、ハロッズ!」という感じで、
    ハロッズベアやハロッズバッグといったオリジナルグッズが溢れます。

    ハロッズ2

    売り場だけでなく、もう一つ注目なのはトイレ
    世界で最も有名なデパートのトイレは、ロンドンで最もきらびやかなトイレ。
    せっかくならぜひ立ち寄りましょう。

    このハロッズ、単純に買い物をする場所というよりは、
    ロンドンの一大観光名所として成り立っていると思います。

    ちなみに、このハロッズ、
    「イギリスの老舗デパート」と言われていますが、
    実は、1985年にエジプトの大富豪モハメド・アルファイドに買収され、
    さらに2010年にカタール政府系の投資ファンド・カタールホールディングスに
    買収されています。

    。。。
    実質的には、イギリスの老舗デパートちゃうやん

    ロンドンを象徴する由緒あるデパートが、アラブ人同士で売買されてるって、
    何だか切ないものが。。。

    それにしても、アラブ人おそるべし。


    ということで、アラブ人経営にはなってしまっていますが、
    今や観光地ともなっているこの巨大デパートでは、定番のロンドン土産には事欠きません。

    奥さんは紅茶を買っていましたが、
    自分もせっかくなので、記念にこれを買いました↓

    ハロッズベア

    ただ、残念なのは、もうここは観光地化しているので仕方ないのですが、
    デパートにしてはちょっと、あからさまな観光客が多すぎる。。。
    (まあ、自分もその一人なんだけどね。)

    ハロッズグッズコーナーは長蛇の列です。

    結局、ちゃちゃっとお土産だけ買って、時間をかけずに出てきてしまいました。

    おすすめ度:C
    (せっかくなら行っておきたいですが、巷で言われているような「皇室ご用達」
    というほどでもないし、ハロッズグッズに興味なければスルーもありかも。
    実はアラブ人経営だしね。)

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


      スポンサードリンク
      スポンサーサイト
      日本にもレインボーブリッジや、瀬戸大橋、明石海峡大橋など、
      有名な橋がたくさんありますが、
      世界で最も有名な橋と言えば、テムズ川にかかるタワーブリッジでしょう。

      タワーブリッジ1

      その名の通り両端のタワーが印象的な開閉橋。
      この橋が建設されたのが1894年なので、もう120年もたつわけですが、
      今もロンドンのシンボル的存在として君臨しています。

      ちなみに、この「タワーブリッジ」という名前、
      30代~40代の男にとっては、キン肉マンに出てくる必殺技としても超有名。

      ロンドン出身の正義超人・ロビンマスクの必殺技ですね。

      というか、自分のようなキン肉マンにはまっていた人間には、
      むしろこっちの方がなじみがあるんですけどね。。。

      これね。↓
      タワーブリッジ4
      確かに橋っぽいよね。

      まあ、そんなことは置いておきまして、
      「世界一有名な橋をじっくり眺めておかないと!」ということで、
      わざわざ昼と夜の2回に分けて、眺めてみました。

      タワーブリッジ2
      夜の光景はこれ↑

      一見すると、上の方にある横棒が「橋」のように見えますが、
      これは観光用の歩行者通路(ウォークウェイ)で、橋は下にある方です。

      ウォークウェイまでは42.4mもあって、上からはロンドンの景色が
      一望できるとか。

      セントポール大聖堂の記事で書いたように、
      高さとしてはセントポール大聖堂の方が圧倒的に高いので、
      自分は上には登らず、外から眺めるだけにしました。

      <参考記事>
      ロンドンの眺めはここから。セントポール大聖堂。

      さて、タワーブリッジをどこから眺めるかというと、、、

      ①少し離れたテムズ川沿いで見るか。
      ②テムズ川はを運行するリバーボートから見るか。

      どちらでもばっちり見えます。
      上の昼の写真が船から撮ったやつで、下の夜の写真がテムズ川沿いから撮ったやつ。

      ちなみにリバーボートからだと、
      タワーブリッジの手前で、HMSベルファスト号という巡洋艦が停泊しています。

      タワーブリッジ3
      右のやつ。

      それにしてもヨーロッパの橋は何とも風情があるねぇ。
      近代的な橋とは違った趣きです。

      プラハのカレル橋も良かったですけどね。

      ちなみに自分、タワーブリッジは「ロンドン橋落ちた、落ちた、落ちた♪」の、
      橋だと思っていて、タワーブリッジを眺めながら、
      「へー、こんなのが落ちたんだ―。。。」と一人で感慨に浸っていたのですが、
      タワーブリッジとロンドン橋とは別物だそうで。

      ロンドン橋はタワーブリッジの隣にかかっている地味な橋の方らしいです。
      自分と同じ勘違いをしている人は結構いるようなので、これから行く人は
      アホな感慨に浸らないように気をつけましょう。


      おすすめ度:B
      (趣きのある橋ですが、圧倒される威圧感とか美しさとか、そういうインパクト
      はないかと。遠くからちょっと眺めるだけでもいいかな、と。)

      スポンサードリンク


      この記事と同じテーマの最新記事


        スポンサードリンク
        歴史的な観光スポットの多いロンドンにおいて、
        近代的なロンドンの象徴的な存在になっているのが、
        世界最大級の観覧車・ロンドンアイ

        ロンドンアイ1

        西暦2000年の「ミレニアム記念事業」により、1999年末に開業。
        当時は世界最大の観覧車として注目され、その大きさは実に直径135m
        そして、カプセル1個当たり定員25人というすさまじいサイズです。

        その後、2006年に中国で高さ160m、2008年にシンガポールに高さ165mの
        観覧車ができ、世界一の座は奪われましたが、今も「世界最大級」であることは
        変わりません。

        ちなみに、現在営業している観覧車で日本最大のものは、2001年に開業した
        葛西臨海公園内にあるダイヤと花の大観覧車(高117m、径111m)だそうで、
        ロンドンアイはそれよりかなりでかいことになります。

        せっかくならそのでかさを体験したい、ということで乗ってみることに。

        ロンドンアイ2
        下からのロンドンアイ。
        いやー、ほんと、でかいね。

        チケットは観覧車下のオフィスで買えますが、
        公式ページから事前に買っておいた方が若干割安になり、
        万一並んでいる時でも並ばずに乗ることができます。

        ロンドンアイ公式ページ

        ただ、このロンドンアイは料金がバカ高く、
        当日チケットで大人1人19.20ポンド=約3,000円

        いやいや、観覧車乗るのに3,000円って高すぎるやろ

        旅行者は「せっかく来たんだから」と少々高くても買って乗りますが、
        地元民はどうなんだろうなー。。。


        さて、いよいよ実際に乗りこみます。
        1カプセル25人乗りだけあって、何組かが一緒に乗ることになります。

        ロンドンアイ3
        こんな感じ。
        カプセルは全面ガラス張りで、中を移動しながら、
        360度の周囲の景色を見渡すことが可能。

        そして、どんな景色が見えるのかというと、、、

        ロンドンアイ4
        テムズ川とロンドンの街並み。
        まあ、きれいな景色といえばきれいな景色ですが、普通といえば普通。
        テムズ川の水は汚いね。

        一方、、、

        ロンドンアイ5
        ビッグベン。

        まあ、これは写真撮るタイミングをミスッたので変な鉄柱みたいなのが
        写ってますが、一応観覧車から見下ろすことができます。

        でも、逆光で見え方はちょっと微妙でした。

        。。。
        結局ロンドンアイに乗ってどう感じたかというと、
        観覧車には大勢で乗るもんじゃない。

        同じカプセルに何組もいると、
        見たい時に見たい景色が見えない
        撮りたい時に撮りたい写真が撮れない
        しかも、観覧車は動いてるから戻ってはくれない

        カプセル内では、外人カップルに「写真撮って」とか言われるし。
        観覧車みたいなところで背景に景色入れてきれいに撮れるか

        まあ、そんな個人的な文句を抜きにしたとしても、
        ロンドンアイから見える景色はあまり印象的ではありませんでした。

        ビッグベンも、昼に遠くから眺めても特別美しいものでもありません。
        夜のライトアップが美しいらしいので、ロンドンアイに乗るなら夜景の方が
        いいんじゃないかと。


        おすすめ度:C
        (あくまで昼のロンドンアイということで。これで3,000円というのは高いかな、
        と思ってしまうくらい。夜はきっとまた違った顔があるはず。)

        スポンサードリンク


        この記事と同じテーマの最新記事


          スポンサードリンク
          バッキンガム宮殿の見どころはその内部だけではありません。
          宮殿の前で行われる衛兵交代

          こちらは8,9月の2ヶ月間だけでなく、年中開催されてます。
          5-7月は毎日開催、それ以外の月は1日置きに開催です。

          交代式は11:30からですが、とにかく混み合うので、
          最低でも30分前には行って場所取りしておくべきでしょう。

          ちなみに、見る場所は主に2か所に分かれて、

          バッキンガム宮殿 衛兵交代6
          宮殿正門側と、、、

          バッキンガム宮殿 衛兵交代4
          噴水側。

          新たに任務につく兵隊がこの正門側と噴水側の間の人垣の
          間を通って、交代式に入ります。

          ベストポジションはというと、正門側の門の傍(出来れば向かって左側)。
          なぜかというと、交代式自体は正門の中で行われるから。

          自分の場合、そんなの全く知らずに噴水側で陣取ってたんで、、、

          バッキンガム宮殿 衛兵交代7
          ただ遠くから、正門に入っていく衛兵たちの後ろ姿を茫然と見送ることに

          交代式を見たい人は、正門側に陣取りましょう。

          特に門の傍にいれば、行進している兵隊も交代式も両方見ることが
          できます。
          ちなみに門の真ん前にいる人は、兵隊の行進が始まる前に、
          警備員さんに排除されます。門の脇くらいにいるのがいいんじゃないでしょうか。


          ところで、ロンドンの衛兵といえば、やっぱりこのイメージでしょ。

          イギリス衛兵 レゴ
          赤と黒の制服にモコモコ帽子。
          衛兵交代式を見に行ったからには、やはり目当てはこのモコモコ帽子。

          交代式は見られなくても、この格好した兵隊だけはやっぱり見ておきたい。
          本当に、この格好した兵隊が来るのかなー、、、と待っていたら、

          バッキンガム宮殿 衛兵交代1
          イメージ通りの兵隊が来た。
          うーん、いい感じでモコモコしとるねー

          モコモコがキビキビ行進してました。

          バッキンガム宮殿 衛兵交代3
          交代式が終わって、噴水側の方に来た衛兵。
          真夏にこの帽子は暑いやろうな。お疲れさん。
          一緒に写真撮ってほしけりゃ撮ってくれます。

          まあ、モコモコ衛兵をしっかり見られたので、これで良しとしよう。

          ちなみに、冬はコートみたいな制服に変わるので、
          服が赤ではなく、グレーになるらしいです。

          赤と黒のお馴染みのやつを見たい人は、夏に行った方がいいですね。


          おすすめ度:B
          (まあ、ロンドンに行けば必ず見る定番だと思うのですが、
          間近で見られるのは行進だけなんで、そこまですごいものではないです。
          正門側にいても交代式は鉄格子越しに見ることになるのが残念。)

          スポンサードリンク


          この記事と同じテーマの最新記事


            スポンサードリンク
            最近もキャサリン妃の出産が連日ニュースになったばかりですが、
            日本でも何かと話題になるイギリス王室。

            そんな歴代イギリス王室のロンドンでの公邸であり、
            現エリザベス女王の住まいでもあるのがバッキンガム宮殿

            バッキンガム宮殿1
            (中庭の方から撮った写真が普通ですけど、裏から撮ってみました。)

            ロンドン旅行者でここに来ない人はあまりいないでしょう。
            ロンドンで最もメジャーな観光地と言っていいかと。

            世界には他にも、ヴェルサイユ宮殿(フランス)、シェーンブルン宮殿(オーストリア)、
            アルハンブラ宮殿(スペイン)など、立派な宮殿がありますが、
            それらと比較しても、バッキンガム宮殿の存在感は全く引けを取りません。

            <関連記事>
            シェーンブルン宮殿
            "フランスの栄華の象徴"・ヴェルサイユ宮殿に行ってみた。
            ヴェルサイユ宮殿の醍醐味・「庭園」。

            そして、このバッキンガム宮殿、何がすごいかというと、
            世界でも珍しい現役の宮殿であること。

            実際、エリザベス女王は平日はここに住み、実務に当たっています。
            (週末はウィンザー城に滞在。)
            要は女王の家を一般観光客に公開しているわけで

            「なんて寛大な王室やねん!!!」と驚くなかれ、
            この一般公開の入場料、立派なイギリス王室の収入源。
            ちなみに、中で売っているグッズも立派なイギリス王室の収入源。

            イギリス王室って、不動産収入やこういった観光収入により、
            自分たちで稼いだお金で生活してるんですよね、実は。
            (日本の場合は、皇室の費用は国家予算で賄われてます。)

            ちなみに、このバッキンガム宮殿の一般公開は、
            1992年に火事になったウィンザー城の修復費のために始まったんですね。


            さて、観光情報に戻りますが、
            宮殿を一般公開するといっても、実際に公務が行われている場所に
            観光客を入れるわけには当然いかないので、公開されているのは、
            女王がスコットランドで過ごす8月、9月の2か月間のみ。

            そんな期間限定なもんだから、余計に観光客が殺到するわけで。

            当日券狙いだと朝から行列に並んだ上に、入場できるのは夕方になるので、
            できる限り事前にネット予約しておきましょう。

            公式サイトから予約できます。

            ここ↓
            https://www.rceltickets.com/eventlist.asp?VenueID=1&proid=NET

            予約番号と送られてくる予約確約メールのコピーを用意しておけば、
            現地のチケット売り場でチケットと交換できます。


            そして、いよいよ宮殿の内部ですが、、、

            残念ながら撮影は禁止。

            入場料には、オーディオガイド料も含まれているので、
            じっくり説明を聞きながら見学しましょう。(日本語版あり)

            バッキンガム宮殿2
            宮殿の内部はもちろんたくさんの部屋がありますが、
            どこの部屋もとにかく絢爛豪華。

            とにかく一目見て「こりゃ金かかっとるなー」という
            部屋のオンパレード。

            絵画の間には、ルーベンスだのレンブラントだの貴重な絵画がいっぱい。
            そこらの有名美術館より上じゃないか???

            ただただ「イギリス王室ってすげー。。。」と。

            現在も執務に使われている、ということだったんですが、
            度の部屋を見ても、全く自分には使われているイメージが湧かん。。。

            まあ、そもそも「舞踏会」って聞いてもシンデレラくらいしか思いつかない
            レベルなんでイメージ湧かなくて当然なんだけどね

            これぞ、ヨーロッパの一流の宮殿!って感じなんで、
            日常とは一線を画した豪華さを堪能したい人には、とてもいいと思います。

            バッキンガム宮殿3
            見学を終えて出てくるのが中庭。

            豪華な場所から出てきたからか、個人的には意外とここが印象的でした。

            きれいに整備はされていますが、人工的な手があまり入れられている
            感じもなく、何だか癒される佇まい。

            ヴェルサイユ宮殿なんかは庭園もいかにも「貴族の庭園」感があるんですが、
            ここの庭園は非常にシンプル。

            何だか「現在も使われている」感を初めて実感した気がしました。


            宮殿の内部については、人によって評価は分かれると思います。
            圧倒的な豪華さに感動する人もたくさんいると思いますし、
            自分なんかはその辺の感受性が低いもんで、正直「典型的な豪華な宮殿」
            的な印象でした。

            といっても、宮殿の内部に入場できるのは1年で2カ月だけですし、
            この時期に訪れた人はせっかくなので、入っておくべきでしょう。

            バッキンガム宮殿といえば、もう一つの見どころは「衛兵交代」ですが、
            長くなったのでそこは次に記事にて。

            おすすめ度:B
            (衛兵交代もあるし、やっぱりバッキンガム宮殿は外しにくいです。
            ただ、個人的には宮殿内部にはあまり印象度が高くはなく。。。)

            スポンサードリンク


            この記事と同じテーマの最新記事


              スポンサードリンク

              検索フォーム

               

              カテゴリ

              全記事一覧

              お知らせ

              ドバイの旅行情報
              トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

              ドバイ 旅行
              フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

              FC2カウンター

              プロフィール

              kentaro3787

              Author:kentaro3787
              たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
              「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

              S:一生に一度は行きたい
              A:訪れて損はなし
              B:この地域に来たら行きたい
              C:良いけど、省略可
              D:行かなくてもいいかな
              (まあ、基準は適当です。)

              時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

              上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
              HTMHThHhさ