スポンサードリンク

Top Page > ロンドン郊外の見どころ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    ストーンヘンジをあとにして、次の目的地・バースの街へ。

    バース5

    正直、今回のバスツアーの目的はウィンザー城とストーンヘンジだったので、
    この街については全く予備知識がなかったんですが、何やら緑の多い、
    ほのぼのとした街です。

    このバース、何で有名かというと「バス」の語源になった街なんですね。

    「バス」といっても、乗るバスじゃなくて「風呂」のバスね

    実はここはもともとローマ時代の浴場の遺跡があった場所。

    紀元前44年、この地に湧き出る温泉に魅了されたローマ人によって
    神殿と大浴場が建設されたそうで。
    その後、ローマ人の撤退に伴ってバースの街も一時衰退したものの、
    18世紀になると、上流階級の温泉保養リゾート地として発展しました。

    イギリス版「テルマエロマエ」だね。

    ということで、この街の目玉であるローマン・バースへ。
    日本語では「ローマ浴場跡」と訳され、今は博物館になっています。

    バース2
    ローマ時代の風呂。
    テルマエロマエで何かこんなの見たね。

    濁ったプールみたいに見えますが、これ、ちゃんとした温かい温泉です。
    ここには現在も温泉が湧き出ていて、1日約125万リットルにもなるとか。

    でも、ここで入浴はできないのであしからず

    バース6
    建物内部の風呂。
    コインがたくさん沈んでいてキラキラ。

    ティールームでは、飲料用の鉱泉を飲むこともできるらしいです。
    絶対美味くはないだろうね。


    ローマン・バースを出た後は、街の中をぶらぶらと。

    街中で一番目立つ建物がこれ↓
    バース1

    ローマンバースの隣にあるバース寺院(Bath Abbey)。
    1616年建立の歴史ある建物ですが、とても美しいですね。

    大窓の両側には、はしごを昇る天使が装飾されていますが、
    これは当時の司教オリバー・キングが、天国と地上の間のはしごを上る天使の
    夢を見た際に「寺院を再建せよ」との神のお告げがあったことからだそうで。


    そして、中心部から少し離れたところにもう一つ目を引く建物が。

    バース3

    三日月形みたいな曲線の建物。
    こんな建物、初めて見たわ。

    全く予備知識がなかったもんで、「変わった形やなー」ということで、
    パシャっと1枚撮っただけだったんですが、後から調べたら、
    これも有名な建物らしく。

    ナンバーワン・ロイヤルクレセントといって、
    「建築家ジョン・ウッド親子によるジョージアン様式のテラスハウスの
    中で最も有名な建物。」だそうで。
    (英語では、"Number One Royal Crescent")

    「ジョン・ウッド親子」も「ジョージアン様式」も全く知らんけど、
    何やら大した建物らしい。。。

    ナンバーワン・ロイヤルクレセントの内部は博物館になっているらしいので、
    時間のある人は見てみてはどうでしょうか。


    ということで、ウィンザー城とストーンヘンジのおまけ的な感覚で訪れた街でしたが、
    とても雰囲気のあるいい感じの街でした。

    アンティークショップなんかも結構あったので、時間をかけて街を散策するのも
    楽しいかも。


    ということで、以上3か所のバスツアーでした。
    効率的に観光名所を回れるのでツアーとしては悪くないと思いますが、
    このロンドン郊外の観光地自体が、個人的にはそこまでのインパクトがなかったかな―。。。


    おすすめ度(バース単体のおすすめ度です):C
    (雰囲気を楽しむ街ですかね。日本から遠路はるばる行って、時間をかけるかは微妙。)


    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


      スポンサードリンク
      スポンサーサイト
      ウィンザー城からさらに西に向かい、ロンドンから200km辺り。
      ソールズベリーという町の外れの大平原にストーンヘンジはあります。

      ストーンヘンジ1

      世界で最も有名な先史時代の遺跡で、
      この遺跡がどうやって作られたのかもまだ謎に包まれているという、
      まさに考古学ファンにはたまらないスポット。

      1986年には世界遺産に指定されていますから、
      考古学に興味のない自分のような人間にとっても当然、注目スポットなわけです。
      (世界遺産、バンザイ

      大平原の中をバスでしばし揺られ、突如現れた駐車場にバスは停まり、
      徒歩でストーンヘンジがある方向に向かいます。

      ストーンヘンジ4
      この日は大した人手ではありませんでしたが、"Overflow Car Park"って
      書いてあるくらいなんで、混むときはすごく混雑するんでしょうね。

      そして、ストーンヘンジが目の前に。

      ストーンヘンジ5

      高さ7mもある巨大な石の上に横たわっている、これまた巨大な石。
      一目見た印象は、「積み木みたいやなー。。。」

      適当に積んだ積み木みたいなのに、何で倒れないんだろう。。。
      と思っていたら、
      この石はただ乗せられているだけではなく、
      縦向きの石と横向きの石は凸凹を組み合わせて接合されていて⇒「ほぞさし式」というらしい
      横向きの石同士は溝でつなぎあわされているそうですね。⇒「さねはぎ式」というらしい

      何気にすごい技術や

      とはいえ、実際には、何千年もの間に多くの石が倒れ、あるいは持ち去られて
      しまっているとのこと。

      まあ、いくら「ほぞさし式」を使ったとしても、長年雨風にさらされ続ければ
      倒れるものもあるでしょう。。。


      それにしても、エジプトのピラミッドもそうですが、
      こんな巨大な石を3500年以上前の古代人がどうやって運んだのか、
      は本当に不思議。

      ブルーストーンと呼ばれる、最初に置かれた石は、
      実に320kgも離れたウェールズから運ばれたとか。。。

      とんでもないな。

      <参考記事>
      意外とイメージと違う?エジプト最大の見どころ・ピラミッド。


      さて、このストーンヘンジ、この石群を色々な角度からじっくり見るわけですが、
      まあ、ずっと見ていると飽きます

      だって、石だからね

      圧倒されるほど大きいわけでもないし、すごく綺麗というわけでもないしね

      45分ほどのストーンヘンジ滞在でしたが、15分くらいでお腹いっぱい。

      ちなみに、飽きるのは自分だけではないようで、観光客は割とこんな感じでした。↓

      ストーンヘンジ3

      続いてバスはバースへ向かいます。(シャレじゃないよ)

      おすすめ度:C
      (世界遺産なんだけど、、、まあ石ですよね。。。)

      スポンサードリンク


      この記事と同じテーマの最新記事


        スポンサードリンク
         「ロンドン旅行に行って、市内だけ見て帰ったんじゃもったいない。」
        というのは、多くの旅行者の意見の一致するところじゃないかと思います。

        なんせ、ロンドンから日帰りできる場所に、
        ウィンザー城ストーンヘンジという
        世界的に有名な観光地がありますからね。

        ということで、自分も、
        「せっかくロンドンまで来たんだから、ロンドン郊外まで足を伸ばすぞ!」
        と意気込んでみたものの、旅行日程上、割ける日数はたったの1日。

        ウィンザー城もストーンヘンジもロンドンから電車で行けるものの、
        ストーンヘンジの方は、最寄駅からバスに乗らなきゃいけないみたいで、
        こりゃ、自力で1日で両方行くのは結構しんどいなー。。。

        ということで、今回は自分の「基本、ツアーは使わない主義」は置いておいて、
        ウィンザー城、ストーンヘンジ、バースを1日で回る日帰りツアー
        に参加してみました。

        ロンドンとの位置関係はこんな感じ。↓
        ロンドン近郊ツアー
        ロンドンの西にウィンザーがありまして、ストーンヘンジとバースはさらに西ですな。

        まず向かったのはウィンザー城

        ウィンザー城3

        バッキンガム宮殿のところでも書きましたが、
        エリザベス女王が週末に滞在するのがこのウィンザー城です。

        英国王室の住居なもんで、バッキンガム宮殿同様、こちらもとにかく広大。
        城の面積が10.5ヘクタールということなので、東京ドーム2個分ちょっとかな。

        部屋数は951部屋もあり、そのうちの225が寝室とか。。。

        ウィンザー城1
        バスで向かう途中、突然車窓に現れたウィンザー城へ続く並木道。
        どれだけ長いねん。。。

        調べてみたら、これは「ロングウォーク」という遊歩道。
        ロイヤルファミリーが馬車でアスコット競馬場に向かうために設けられたもので、
        5km以上もまっすぐな道が続くとか。

        ウィンザー城2
        さて、いよいよウィンザー城の中へ。

        ウィンザー城の内部はどんな感じかというと、、、

        残念ながら、バッキンガム宮殿同様、撮影禁止

        ということで、写真はありませんが、
        個人的印象を一言で言うと、
        バッキンガム宮殿との違いがよくわからん。。。
        (ウィンザー城ファンの皆様、並びに英国王室ファンの皆様、ごめんなさい。)

        さすがに違いがわからないのは自分の目が節穴なせいですが、
        それくらい似たテイストを感じたんですよね、ほんと。

        まあ、どちらも英国王室ゆかりの場所なので、当然と言えば当然ですが。

        内部を一通り見学した後は、11:30から衛兵交代

        ウィンザー城4

        バッキンガム宮殿のようなモコモコ帽子はいませんでしたが、
        こちらは比較的見物客も少ないので、間近でみることができます。

        衛兵交代好きの人にはおすすめ。

        ちなみに、衛兵交替式は、4月~7月は毎日、それ以外の時期は1日おきなので、
        8月~3月に行く人は、やっている日を狙って行った方がいいです。
        (日曜日は休み。雨天中止。)

        そして続いてストーンヘンジへ向かいます。


        おすすめ度:C
        (正直、内部といい、衛兵交代といい、バッキンガム宮殿とかぶってるなー、、、と。
        バッキンガム宮殿に行く場合はここは省略ありかも。)

        スポンサードリンク


        この記事と同じテーマの最新記事


          スポンサードリンク

          検索フォーム

           

          カテゴリ

          全記事一覧

          お知らせ

          ドバイの旅行情報
          トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

          ドバイ 旅行
          フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

          FC2カウンター

          プロフィール

          kentaro3787

          Author:kentaro3787
          たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
          「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

          S:一生に一度は行きたい
          A:訪れて損はなし
          B:この地域に来たら行きたい
          C:良いけど、省略可
          D:行かなくてもいいかな
          (まあ、基準は適当です。)

          時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

          上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
          HTMHThHhさ