スポンサードリンク

Top Page > 南アフリカのこと
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    喜望峰1

    ケープタウンは、アフリカ大陸のほとんど一番下に位置しているわけですが、
    ここまで来たら、やはり一番端まで行きたい!というのが人情というもの。

    ということで、ケープタウンを散策した後、いよいよアフリカ大陸の最南端・喜望峰へ向かいます。

    喜望峰といえば、
    1488年に、ポルトガルの航海士バーソロミュー・ディアスによって発見され、
    1497年に、ヴァスコ・ダ・ガマがここを経由してインド航路を開拓したことで有名な岬。

    発見当初、インド洋と大西洋が交わるこの海域が強風で荒れやすかったため、ディアスによって「嵐の岬」と名付けたものの、香辛料貿易のルート短縮がポルトガルの希望につながるという願いをこめて、ポルトガル国王が後に「喜望峰」と名前を変えたとか。

    もちろんこんな歴史知識を自分が知っていたはずもなく、ネットで調べた「しったか情報」なんですが、調べているうちに「へ~」と思ったことが2つありまして。

    1, 「希望峰」でなく「喜望峰」。

    希望を込めた岬ということで、漢字で書いても「希望峰」だと思っていたら、正解は「喜望峰」だそうで。なんでそんなひねりを加えるかというと、英語名が"Cape of Good Hope"だからですね。。。Goodが“喜”、Hopeが“望”と。

    英語名が"Cape of Hope"だったら、そのまま「希望峰」だったんでしょうけどね。
    一説には、日本語訳した時の誤植という話も。。。

    2, 喜望峰は最南端じゃない。

    喜望峰はアフリカ大陸の一番南にあって、それより南にはもう海しかないんだぜ!
    と思いきや、ここは、実は「最南端」ではないそうで。

    地図ではこんな感じ↓
    アグラス岬

    確かに最南端じゃないね。。。
    本当の最南端は、喜望峰からさらに南東に150kmほど行った「アグラス岬」。
    (それにしては、アグラス岬って知られてないけどね)

    「じゃあ、喜望峰は南西端か♪」と思いきや、さらにもう一つトラップがありまして、
    喜望峰って実はケープ半島の突端ではなく、実はそのちょっと脇にあるんですね。
    ケープ半島の突端は「ケープポイント」といいまして、こっちが本当の南西端。

    結局、喜望峰は厳密にはアフリカの「最南端」でも「最南西端」でもないわけです。
    うーん、、、なんのこっちゃ。

    まあ、そんな細かいことはさておき、目指すは南アフリカを代表する観光地・喜望峰や!
    ということで、ケープタウン市街から走ること約70km。
    喜望峰より先に到着したのはケープポイントでした。

    ケープポイントは喜望峰から車で5分くらいのごく近くにありまして、喜望峰とケープポイントはほぼ1セット。実は多くの日本人が「喜望峰」だとイメージしているものがおそらくこのケープポイントですね。

    喜望峰6

    絶景ポイントである灯台までは車では行けないので、徒歩かケーブルカーで登ります。
    歩いても15分程度っていうことだったので、歩いて登ることに。
    喜望峰2

    。。。
    階段(+坂道)、急すぎるよね。
    どのくらい急かというと、途中で嫌になって登るのやめようかと思うくらい急だよね
    でも、途中まで行ったら下りるのもつらいから登るしかないよね
    そして、15分以上は余裕でかかるよね

    ということで、結構ここで足腰をやれました。
    「苦労の果てについにこの絶景きたーーー!」という達成感を感じたい、ということでなければ、ケーブルカーをおすすめします。
    ただ、登っている最中に景色は結構見えるので、登りながら景色を楽しみたい人は歩きでもいいかもしれませんが。

    たぶん、ここを徒歩で登った人の脳裏にはかなりの割合で「灯台まで登るのきつかった。。。」という記憶が植えつけられているはずなので、これから行く人は


    そして、ついにたどり着いた、灯台からの眺めがこれ。

    喜望峰5

    見渡す限り全部青。
    それ以外何もなし。

    写真ではわかりづらいんですが、水平線が若干まるみを帯びているのがわかりますかね?
    海と水平線と空と雲しかないと、地球が丸いのがよくわかります。

    いやー、月並みですけど、ここまで圧倒的な光景の前で感じることはやはり、ただただ自分はちっぽけだな、と。
    この壮大な大海原に自分の心まで洗われて、「自分の悩みなんてなんてちっぽけなんだ!」と思わされるわけです。

    でもまあ、喜望峰を立ち去った瞬間に、またちっぽけじゃなくなるんですけどね。。。

    ということで、南アフリカへ行った人はぜひ、このアフリカの”ほぼ最南端”からの景色に圧倒されてほしいと思います。

    ちなみに、喜望峰の方は一番上の写真なんですが、イメージ的には、海沿いの岩場です。"CAPE OF GOOD HOPE"の看板があるのでわかりますが、看板がなければ単なる岩場にしか見えないでしょう。
    傍らの丘に登ることもできるのですが、ケープポイントからの絶景を見た後ではそれほど大したこともなく。。。

    看板のところがいわゆる写真スポットなわけですが、喜望峰に行ったぞ!という証拠写真のいらない人は、ケープポイントだけでもありだと思います。

    おすすめ度:B
    (Aと迷ったのですが、ケープポイントは人が多くて絶景を前にも少しせわしないこと、喜望峰は普通の岩場ということで、「アフリカ最南端に立ったぞ!」的な感慨は物足りないので、割り引きました。ただ、”ほぼ”アフリカ最南端から望む大海原は一見の価値があると思います。)

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


      スポンサードリンク
      スポンサーサイト
      南アフリカ旅行記。今回からはケープタウン編。

      南アフリカで最もおすすめはやはりクルーガー国立公園なんですが、
      ケープタウンで個人的に最もおすすめしたいのがボルダーズビーチ

      ボルダービーチ

      世界で唯一、間近でアフリカペンギンを見ることができる場所です。

      「アフリカにペンギンなんているの??」と思うなかれ、
      世界にいる18種類のペンギンのうち唯一、このアフリカペンギンだけが
      このアフリカ大陸に生息してるんですね。

      ケープ半島に生息してるんで、「ケープペンギン」とも呼ばれています。

      とはいえ、自分も「野生のペンギンを間近で見るとなると、
      相当人里離れた遠隔地なんじゃないか、というのは覚悟してたんですが、
      行ってみると驚くくらいケープタウンの近郊。

      ボルダーズビーチ1

      ボルダーズビーチの近くの高台から撮った近辺の景色。
      (このビーチ自体はボルダーズビーチとは別です。)

      こんな「町」に野生のペンギンがいるわけです。
      しかもその数、3,000羽とか。

      いやー、ペンギンってこんなに人間の身近にいたのね。。。


      さて、このボルダーズビーチ、何がすごいかというと、
      ペンギンとの間に柵がないこと。

      ビーチに入ると、本当に触ろうと思えば触れる距離で野生のペンギン。
      大げさでなく、まさに「目の前」にペンギン。

      ボルダーズビーチ2

      ビーチの砂の上で写真を撮る自分、それを傍観している彼(彼女?)。
      (どっちが観察されてるのかよくわからん

      その間、遮るものは何もなし。
      世の中にそんな場所があったこと自体にただただ驚かされます。

      ただし、このボルダーズビーチは普通のビーチというわけではなく、
      テーブルマウンテン国立公園内の「ペンギン保護区」のような扱いになっていて、
      ペンギンに触ったり、餌をあげたりするのは禁止らしいです。
      (入場料は500円ほど)


      そして、このボルダーズビーチでのペンギン観察の魅力がもう一つ。

      ボルダーズビーチ4

      赤ちゃんペンギンがいます。

      ビーチ内にペンギンの巣があって、まさにそこで産卵をしているので、
      動物園ではそうそうお目にかからないような赤ちゃんペンギンがそこらじゅうに。

      普通の大人ペンギンでも愛らしさはかなりのもんですが、
      このふわふわの毛に覆われた赤ちゃんペンギンはやっぱり格別。

      ぬいぐるみが動いているみたいで違和感を感じるくらい。

      いやー、たまりませんな

      それにしてもペンギン全体がそうなのか、ここのアフリカペンギンがそうなのか
      知りませんが、人間への警戒感が全然ないので、相当近くまで近寄れます。

      それだけに余計に、柵に遮られずこれだけの至近距離に近づけるこの場所は
      価値あり。

      さらには、今このアフリカペンギンも絶滅危惧種に指定されており、
      数が減ってきているという話もあるので、自分のような動物好きのみならず、
      是非行ってください。

      癒されること間違いなし。

      おすすめ度:A
      (これだけ間近で野生のペンギンを見られる場所は他になし。
      ケープタウンに行くなら絶対行ってほしい場所。)

      スポンサードリンク


      この記事と同じテーマの最新記事


        スポンサードリンク
        南アフリカ パノラマルート5

        ヨハネスブルグからクルーガー国立公園へ向かう途中、
        クルーガー国立公園から見て西側に、
        パノラマルートと呼ばれる、山の中のドライブコースがあります。

        このエリアの観光地としてはとにかくクルーガー国立公園が圧倒的に有名なため、
        海外からの観光客にはあまり注目されていないようですが、
        実はここ、自然に囲まれた南アフリカの中でも、最もダイナミックな自然の絶景を
        目の当たりにできるスポットと言っても過言ではない場所なんですね。

        マップ的にはこの辺↓
        パノラマルートマップ

        ムハマランガ州に位置する「ブライデ・リバー・キャニオン自然保護区」
        というエリアですが、実はこのブライデ・リバー・キャニオンは、
        アメリカのグランドキャニオン、ナミビアのフィッシュ・リバー・キャニオンに次いで
        世界で3番目の大きさの大渓谷だそうで。

        とにかく、ここは自然のスケールがどでかいです。

        ルートの中には、山の上からの絶景だけでなく、
        麓の町や滝、洞窟などの見どころが多く、そっちもめちゃくちゃ気にはなったんですが、
        今回の行程では、クルーガー国立公園に行った後、ヨハネスブルグまでの帰り際に
        寄ったため時間がなく、とにかく山の上からの絶景を目指しました。

        南アフリカ パノラマルート

        右も左も見渡す限り緑の自然。
        対向車も滅多に通らないので、余計に広大に感じます。

        途中で、「この景色が永遠に続くんじゃないか」と変な錯覚に陥ったくらい。

        南アフリカ パノラマルート2

        山が見えてきました。
        お、珍しく対向車。

        もうね、こんな中を走っていると、自分という存在がすごく小さく感じるわけです。
        ここを車で走っているだけで、大自然にパワーを与えられているような気が。

        そして、山岳地帯を走り、いよいよ山の上のビューポイントへ到着。

        南アフリカ パノラマルート4
        これぞ、大自然!どどーん!

        景観としては、以前オーストラリア旅行記で書いたブルーマウンテンズに似てますが、
        スケールはこちらの方が上です。

        というのも、上で、「ここは世界で3番目の大渓谷」と書きましたが、
        グランドキャニオンとフィッシュリバーキャニオンはいわゆる「岩山」なので、
        緑に覆われた渓谷としては、ここは世界一なわけですよ、実は。

        さらに、ブルーマウンテンズとは違って人があまりいないので、
        「大自然に囲まれている」感が半端ない。

        ただただ、じーーー、、、と圧倒的な大自然を眺めてました。

        南アフリカ パノラマルート6

        こちらは「岩の塔」と呼ばれる別のビュースポット。
        この突き出た岩が何とも神秘的ですな

        そして、ここのもう一つの景観の魅力はやっぱり「水」ですかね。
        「ブライデ・リバー・キャニオン」というだけあって、このエリアは水も豊富。

        一番上に写真を載せたのが最もお気に入りの景観ですが、
        遥か彼方のなだらかな山並みと遥か800m下方に青い水を湛えた湖との
        コントラストはただただ絶景です。

        この光景を目に焼き付けて、ヨハネスブルグへの帰路に着いたのでした。

        おすすめ度:A
        (南アフリカに行くなら、絶対に見ておきたい絶景。
        クルーガーだけで終わらせるのはもったいない。
        このパノラマルートのために1泊する価値も十分あるかと。)

        スポンサードリンク


        この記事と同じテーマの最新記事


          スポンサードリンク
          これまでの記事
          これこそ本当のサファリ。クルーガー国立公園。(公園施設編)
          これこそ本当のサファリ。クルーガー国立公園。(動物編その1)
          これこそ本当のサファリ。クルーガー国立公園。(動物編その2)

          【希少度-高】
          なかなか遭遇できない、お宝動物。


          さて、いよいよ最も希少度の高い動物たちの登場です。

          まずは、誰もが知る百獣の王・ライオン

          クルーガー国立公園 ライオン3

          やはり「サファリで見たい動物No.1」でしょう。

          しかし、クルーガーで素人がライオンにお目にかかるのはなかなか大変。
          「適当に車で走っていて突然道端にいた!」なんてことはまずないです。
          レンジャーを付けていれば、いそうな場所を狙えるのでしょうが、
          素人ではそういうわけにもいきません。

          そこで、このレベルの希少動物になってくると、
          車で走りながら動物を自分の目で探す、というよりは、
          「路上に停まっている車」を探す方がメインになってきます。

          どういうことかというと、、、
          ①誰かが遠くにライオンを見つけると、停車して望遠鏡等で観察し出す。

          ②その姿を見て他の車もその周辺に停まり、一緒の方向を観察し出す。

          ③複数の車が停まっているところには、希少動物がいる可能性が高い。
          ってな簡単な理屈なんですが、、
          要は、車が複数停まっている場所に合流した方が手っ取り早いんですね。

          上の写真も、薄暗くなってきた頃に2,3台が道端で遠くを見ていたので、
          合流してみると、確かにおぼろげにライオンの姿が。

          クルーガー国立公園 ライオン2

          これが少しでもこちらへ近づいてこないか、じっと観察して待つわけですね。
          運が悪いと、何十分も待ってさらに遠くに行ってしまうこともざら。

          今回は運良く近づいてきたので、何とか薄暗いながらもその姿をパチリ、と。

          ただ、これはあくまで運が良買った場合で、、、

          クルーガー国立公園 豹

          ヒョウに関しては、こんな感じでおぼろげに見ることしかできませんでした。

          ヒョウはライオンよりさらに見るのが難しいので、
          こうやって見られただけでも御の字ではあるんですけどね。

          うーん。。。これで「ヒョウを見た!」と言えるのか。。。
          という葛藤も頭の片隅にありつつも、見られたことに変わりはないので、
          ゾウ、ライオンに続いて、Big5の3頭目の目撃達成、と。

          ちなみに、実は肉食獣の中で、ヒョウよりさらに見るのが難しいのがチーターだそうで。
          といっても、そもそもヒョウとチーターなんて見分けつかないけどね

          チーターとヒョウ

          上がチーターで下がヒョウですね。
          うーん、遠目からはほぼ一緒ですな

          そして、Big5の残る2頭。
          サイは、1回遭遇できたんですが、写真が撮れませんでした。
          いやー、もっさりしているように見えて、結構すぐ逃げちゃうんですよね。

          「またチャンスあるだろう」と油断していたらそれっきり。残念。

          野生のサイのほとんどは南アフリカに生息していまして、
          このクルーガー国立公園にもシロサイとクロサイの2種類がいます。
          自分が見たのはシロサイでしたが、クロサイはかなり見るのが難しいそうで。

          そして最後のもう1頭、バッファローなんですが、、、
          実は、これは見たかどうか、記憶が定かじゃありません。
          前回書いた通り、他の牛系の動物との見分けが厄介なこともあって、
          あまり意識して見てなかったんですよね。

          うーん。痛恨のミスや。。。

          ということで、
          Big 5コンプリートが達成できたかどうかは微妙なところなんですが、
          素人でも1泊してひたすら走り回れば、何とかこれくらい見られます。

          逆に言うと、レンジャーをつけないと、このくらいのレベルです。
          Big5レベルを間近で見るのはなかなかの至難の業ですね。

          レンジャーをつけるか、自分で探し回るかは難しいところですが、
          この広大なサバンナの中を自分で走って動物を探し回るのも、
          それはそれでなかなか他に替えがたい体験でした。

          どちらがいいかは難しいところですが、
          もし自分で四駆で走り回る気合いのある人は、
          セルフでチャレンジする価値はあると思います。


          ちなみに、このゲームドライブとは別に、
          各キャンプからは夜間の動物観察ツアーが出ていまして、
          レンジャーが夜の公園内を案内してくれます。

          クルーガー国立公園 キリン(夜)
          暗くてよくわかりませんが、夜のキリンです。

          自分が参加した日は、大した収穫はありませんでしたが、
          ヒョウなどは基本夜行性なので、運がよければ昼間に見られなかった希少動物に
          間近で遭遇できるかも。

          クルーガー国立公園、朝から夜まで動物ざんまいです


          ということで、4回にわたってクルーガー国立公園のことを書いてきましたが、
          それだけ記憶に残る、スケールの大きい場所でした。
          特に、動物好きの人にはおすすめです。

          おすすめ度:S
          (人生に一度、こういうサファリ体験するのもありかと。
          南アフリカを訪れるなら絶対行ってほしい場所。)

          スポンサードリンク


          この記事と同じテーマの最新記事


            スポンサードリンク
            これまでの記事
            これこそ本当のサファリ。クルーガー国立公園。(公園施設編)
            これこそ本当のサファリ。クルーガー国立公園。(動物編その1)

            【希少度‐中】
            そんなに簡単には遭遇しないが、滞在中に1度は出会えるだろう動物。


            ここから、アフリカのサファリならではの人気動物が続々登場してきます。

            遭遇する難易度がそこまでは高くない「希少度-中」の動物の中で、
            特に遭遇した際のインパクトが絶大なのが、キリン

            ご存知の通り、陸上で最も背の高い動物ですから、
            突然3mもの巨体が目の前に現れたときには、思わず「うお!キリンや!」と。

            ここから、アフリカのサファリならではの人気動物が続々登場してきます。

            遭遇する難易度がそこまでは高くない「希少度-中」の動物の中で、
            特に遭遇した際のインパクトが絶大なのが、キリン。

            ご存知の通り、陸上で最も背の高い動物ですから、
            突然3mもの巨体が目の前に現れたときには、思わず「うお!キリンや!」と。

            クルーガー国立公園 キリン

            キリンはあまり人を恐れないのか、他の大型動物に比べて、
            路上や道端をのんびり歩いていることが多いんですよね。

            なので、間近で見られるチャンス大。
            動きも割とゆっくりなんで、写真を撮る余裕も十分。

            キリン(アップ)
            こっちをじっと見てた時に慌ててパチリ。

            個人的には、ここで遭遇できる動物の中では、キリンが一番好きですねー。
            やっぱりあの巨体を間近でじっくり見られるのはすばらしい。


            そして、こちらも動物園では主役の1頭、ゾウ
            「Big5の一つなのに、なんで希少度=中やねん!」
            とツッコミを受けそうですが、実はゾウを見るのはそれほど難しくないんですよね。
            結構な数が生息しています。
            よっぽど運が悪くなければ、一度はお目にかかれるはず。

            クルーガー国立公園 象(小)

            ただ、ゾウは群れで草原や水場にいることが多いので、
            近くで見るとなるとちょっとハードルが高いかも。

            自分は遠くのゾウしか見られませんでしたが、
            チェックリスト消込み派の自分は、とりあえず見られたから、ヨシと。


            続いては、日本でもお馴染みのカバ

            クルーガー国立公園 カバ

            水中に住んでいるので、ゾウよりさらに近くで見るのが厳しいですが、
            公園の中に通っている大きな河川をじっと見ていると、結構水面に出てきます。
            「岩かな?」と思ったら割とカバですね。


            最後に、希少度のランクは微妙ですが、意外と遭遇してうれしいのが

            クルーガー国立公園 鳥

            キャンプのレストランで朝食をとっていると、テーブルに飛んできた一羽。
            キハシコサイチョウという名前だそうで。
            顔つきと同じく態度もふてぶてしくて、全く逃げません。

            うーん、このふてぶてしさ、悪くないね

            では、いよいよ最後は「希少度―高」の動物たちです。

            といったところで、またまた長くなったので次の記事にて。


            スポンサードリンク


            この記事と同じテーマの最新記事


              スポンサードリンク

              検索フォーム

               

              カテゴリ

              全記事一覧

              お知らせ

              ドバイの旅行情報
              トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

              ドバイ 旅行
              フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

              FC2カウンター

              プロフィール

              kentaro3787

              Author:kentaro3787
              たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
              「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

              S:一生に一度は行きたい
              A:訪れて損はなし
              B:この地域に来たら行きたい
              C:良いけど、省略可
              D:行かなくてもいいかな
              (まあ、基準は適当です。)

              時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

              上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
              HTMHThHhさ