スポンサードリンク

Top Page > モルディブのリゾートの選び方
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    では、自分がサンアイランドで感じた良かった部分&悪かった部分をベースに、
    自分なりの「モルディブ旅行でのリゾートの選び方」を書いてみたいと思います。

    リゾートに関する情報収集の仕方についてですが、
    基本的にはホテル予約サイトで調べられます。

    以前の記事で紹介したHotels Combinedを使えば、
    有名サイトの価格比較も含めて一発でできるので、便利です。

    Hotel Combinedのトップページへ

    サイトの使い方については、以前書いた記事を参考にしてみてください。

    <参考記事>
    海外旅行のコツ②格安で良いホテルを探す

    巷ではよく「モルディブ旅行はツアーにした方がいい」という言われていますが、
    ツアーがいいか、個人手配がいいかは微妙だと思います。
    (ちなみに、自分はホテル予約サイトで予約して行きました。)

    モルディブは他の観光地と異なり、超割安なツアーはほとんどなく、
    特に人気シーズンは、かなり前から予約が必要な上に軒並み高額になります。

    ホテル予約サイトであれば、ツアーよりは時間的余裕がありますし、
    意外とお手頃な価格のリゾートが見つかるケースも少なくありません。

    航空券代などとの兼ね合いもあるので、必ずしも個人手配の方が安くなる
    とは言えませんが、確認しておく価値はあると思います。

    少なくとも、値段の面で「ツアーの方が断然お得!」という感じはしませんね。
    ツアーの予定の人も、事前にサイトで見ておくのもいいんじゃないでしょうか。


    では、ここから、自分が思う「モルディブのリゾートの選び方」について
    いくつかの観点から書いてみることにします。

    (1)マーレに一泊するか、島に直行するか。

    まずは日程面。
    モルディブへのフライトはモルディブの首都・マーレ到着が夜になります。

    水上ボートで行ける範囲のリゾートなら夜のうちに島に入れますが、
    国内線や水上飛行機で行く必要のあるリゾートは、
    マーレで1泊して次の日に移動になるので、島に着くのは翌日の午後

    となると、マーレで1泊するか、その日のうちに島に入るかで、
    実働時間に1日近くの差が出ます。
    日程が短い場合は、ボートで行けるリゾートを選んでその日のうちに島に入ってしまい、
    翌日の朝から活動した方がいいかもしれません。

    マーレから近い北マーレ環礁、南マーレ環礁ならボートで行けますね。

    ただ個人的には、もし日程が許すならマーレに1泊した方がいいと思います。

    理由はこんな感じ。

    ①深夜に着いて翌朝から行動するのは体力的に結構大変。
    ②初日は寝るだけなので、マーレの安めのホテルで十分。
    水上飛行機から見る海の景色が捨てがたい

    モルディブ 水上飛行機2
    水上飛行機の高度はそれほど高くないので、海の濃淡がはっきり見えます。

    せっかくモルディブに行くなら水上飛行機もいい経験じゃないかと。
    とはいえ、日程との相談次第ですかね。


    (2)島で何をしたいか。

    モルディブのリゾートは、島によってかなりタイプが違うので、
    「自分が何を重視するのか」を考えておいた方がいいでしょう。

    ひたすらダイビングをしたいのか、デラックスなリゾート気分を味わいたいのか、
    はたまたごく少人数の小さな島で無人島気分を楽しみたいのか。

    例えば、自分が行ったサンアイランドは「ジンベエザメと泳ぎたいダイバー」
    に向いたリゾートで、自分のように「ライセンスを取りたい初心者」には
    あまり向いているとは言えませんでした。

    しかし、ビーチでのんびりしたり、シュノーケリングしたり、体験ダイビングを
    したり、というオーソドックスな過ごし方をするには十分です。

    こういった、「モルディブでこれをやろう!」という部分については、
    お目当てのリゾートがちゃんと対応しているかどうか、確認しておいた方が
    いいでしょう。

    モルディブでは滞在中、その島からほぼ出られませんので、
    「いざ行ってみたら思っていたのと違ってた」となると切ないことになります。


    (3) 1泊いくらを目途にするか?

    モルディブの場合、リゾートによって値段がピンキリです。
    時期によっても随分変わりますが、「1泊20万」みたいなリゾートもざらです。

    一方、モルディブといえば、ものすごく高いという印象があると思いますが、
    お手頃なリゾートも意外とあります。

    ホテル予約サイトで値段で絞ってみると結構出てきますよ。

    <参考>
    ホテル予約サイトの使い方(Hotels Combinedの場合)

    値段の観点から、大まかにリゾートのタイプを分けると、
    ①贅沢感を満喫できる超高級リゾート(超高額)
    ②小さな島で手つかずの自然を満喫できるリゾート(結構高い)
    ③有名ホテル系リゾート(まあまあ高い)
    ④カジュアルな大型リゾート(割とリーズナブル)

    といった分け方ができると思います。

    自分が行ったサンアイランドは、④に当たりますね。
    主な旅行会社で扱っているツアーで多いのは①か③じゃないでしょうか。

    ④といえども、ちゃんとした「リゾート」なので、決して粗末なわけではありません。
    (値段も決して安くありませんし。)

    また、リゾートのタイプ云々というより、とにかく水上コテージ
    泊まってみたい人もいるでしょうが、特に水上コテージ体験目当ての場合、
    こういったカジュアルなタイプの大型リゾートはありだと思います。

    部屋数が多い分、料金が抑えられていますし、
    なんせ水の上なので、リゾートごとの設備の差も陸上ほどはないと思います。

    自分は前半をビーチヴィラ、後半を水上コテージにしましたが、
    サンアイランドの水上コテージで十分感動できました。


    (4) 大きな島がいいか、小さな島がいいか。

    これはリゾートのタイプにも影響しますが、モルディブには部屋数が数部屋という
    小さな島から、サンアイランドのような大きな島まで、サイズにかなりの差があります。

    小さな島の方がプライベート感という意味では素晴らしいと思いますが、
    同じ島に1週間もいると、どうしても飽きます

    いや、飽きない人もいると思いますが、自分はやや飽きました

    サンアイランドくらいの大型リゾートになると、レストランもいくつかありますし、
    毎日色々なアクティビティーが企画されていますし、なんと卓球台まであり、
    時間を持て余さずに済みます。

    「モルディブまで来て卓球なんてやるやつなんておらんやろ。。。」と思うなかれ、
    何を隠そう、モルディブで卓球をやったのは我々夫婦です。。。

    まあ、卓球は特例としても、「滞在中ずっとダイビング!」という人でない場合は、
    時間を持て余さないようなリゾート選びもありだと思います。

    複数のレストランがあるのも思った以上に助かります。

    プライベート感を取るか、持て余さない規模を取るか、ですね。


    (5) アジア人の多い島をどう考えるか?

    モルディブの観光客には日本人も多いですが、何といっても中国人の数が
    急増しています。
    今やモルディブ観光客の3人に1人が中国人、それに加えて日本人、
    さらには韓国人も増えているそうで、なかなかアジア人の少ないリゾート選びも
    難しくなっているかもしれませんが、その中でもアジア人の多いリゾートには
    特徴があると思います。

    ①団体客を受け入れるだけの部屋数がある大型リゾート
    ②大手旅行代理店が扱っているような有名ホテル系リゾート
    ③日本人スタッフがいるリゾート

    ①~③を満たすリゾートは、アジア人が多い可能性が高いと言っていいかと。
    ③の「日本人スタッフ」がいても、中国人や韓国人には関係ないと思うかもしれませんが、
    日本人対応のために日本人スタッフを置いてきたリゾートは、昨今急増している
    中国人対応の措置をしないはずがありません。

    時期によっても大きく変わると思うので一概には何とも言えませんが、
    アジア人が多い状況を避けたい人は、有名ホテルチェーン系は避けた方が無難かも
    しれません。

    ただ、アジア人観光客の多そうな有名リゾートは必ずしも悪いわけではなく、
    それだけアジア人にとって安心とも言えます。
    自分が目的の一つとしていたダイビングのライセンスも、こういったリゾートの方が
    受け入れ体制が整っているに違いありません。

    言語対応も含め、そういった安心を優先する手もあります。


    (6) ネット上の旅行記やYahoo知恵袋で名前が挙がっているか。

    モルディブの場合、ネット上に個人の人が書いている情報が色々とあるので、
    やはり過去に行った人の情報は見ておいた方がいいと思います。

    ホテル予約サイトの口コミだけでなく、
    ブログでの旅行記や、Yahoo知恵袋の情報など、色々な人が体験談を書いてくれて
    いるので、できればそこで薦められているところは候補として参考にしたいところ。

    逆にあまり名前が出てこないところは穴場である可能性もありますが、
    それ相応のリスクもついてくると言っていいと思います。

    自分の場合、今回、サンアイランドでアリ問題に遭遇しました。
    ネットで調べておけばアリ問題が防げたわけではないのですが、
    やはり後から見てみると、サンアイランドについての情報はかなり少ない印象を受けました。

    また、「サンアイランドではサービスは期待したらダメ」という体験談もありました。

    候補とするリゾートがあれば、YahooやGoogleで検索してみてください。
    (ホテル予約サイトの口コミを読むのはもちろんです。)

    Hotel Combinedのトップページへ

    以上、つらつらと「モルディブのリゾート選び」について思うところを書いてみました。
    どこか、これから行く人に参考になることがあればいいのですが。。。

    次回の記事から今回のモルディブ旅行記を書いてみたいと思います。

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


      スポンサードリンク
      スポンサーサイト
      前の記事でも書いた通り、モルディブ旅行では、
      「リゾート選び」(=島選び)がめちゃくちゃ大事です。

      今回は、自分が訪れたサンアイランドリゾートを例に、
      モルディブ旅行におけるリゾートの選び方について書いてみます。

      サンアイランドリゾートはアリ環礁の南端に位置するモルディブでも最大級の
      リゾート
      です。

      モルディブ サンアイランド4

      全景はこんな感じ。島のサイズは横に1.6km、縦に400m。
      部屋数は400以上、水上コテージとビーチヴィラ(陸上コテージ)があります。

      上の写真で、島の奥の真ん中くらいから突き出ているのが水上コテージですね。

      さて、なぜ自分がこの島を選んだかというと、、、
      以前モルディブ旅行でこの島を訪れたことのある友人が教えてくれたから。

      なんせ、モルディブには100近くものリゾートがありまして、
      初心者にはどこを選べばいいか、なかなか判断がつきません。
      そんなときに、周りに相談したら、このリゾートを教えてくれたわけです。

      自分の考えていた条件としては大きく二つ。

      ①値段がそこそこリーズナブルなところ。
      ②日本人(アジア人)だらけじゃないところ。

      サンアイランドリゾートはこの2点の条件に合致しそうだったんで、
      特に深く考えることもなく、このリゾートに決めたのですが。。。

      結果的には、このサンアイランドリゾート、
      想像していたより、良いところ悪いところもあったんですよね。

      今後、モルディブに行かれる方のリゾート選びの参考になるよう、
      行く前の想像より良かった部分と悪かった部分を体験談として
      書いておきたいと思います。

      まず、良かったところ。

      サンアイランドには、実に400以上もの客室がありますが、
      そんな大規模リゾートにもかかわらず、人の多さを全く感じません

      夕食のときにレストランで「こんなに人がいたんかいな」と驚くくらい。

      おそらく、それだけ敷地が広いことと、このリゾートはそもそも
      ダイビング目当ての観光客が多いからではないでしょうか。

      モルディブ ビーチ
      ビーチも、真昼間にもかかわらずこんな感じ。
      ほとんど誰もいません。

      非日常の世界を好きなだけ満喫できます。

      日本人を含めたアジア人もたまに見かけるくらいで、客層欧米人がメイン。
      他の人によって、リゾートの雰囲気を壊されることがありません。

      個人的には、それだけでも十分価値のあるリゾートだと思います。


      一方、悪かったところ。

      今回は2日間だけ水上コテージに泊まり、基本、こんなビーチヴィラで過ごしたんですが、、、↓

      サンアイランド4

      アリがいっぱい出ました

      砂浜からそのまま続いているヴィラなので、部屋に少々いるくらい気にならないんですが、
      浴槽の壁のいくつかの穴から、すさまじい数のアリが。。。

      で、フロントに電話したら、、、

      従業員がやってきました。
      殺虫剤を持って。

      部屋は満室で、換えられないそうな。

      挙句の果てに、「殺虫剤持ってきたからチップくれ」と。

      なんでやねん

      まあ、日本なら考えられないでしょうが、海外でたまにあるこういうサービスの悪さには
      慣れっこになってるもんで、呆れつつも「殺虫剤で死ぬならいっか。」と考えてたら、、、

      アリがしぶとい

      アリの巣と思しき壁の穴に殺虫剤をスプレーするも、しばらくしたらまた新しいやつが
      次から次へと出てくる。。。
      結局、アリの巣と思しき穴をくまなく探して、全てティッシュを詰め込んでふさいでやりました。

      ついにアリに勝利!
      いやー、それにしてもなかなかリゾート地では体験できない戦いだった。。。

      まあ、このリゾートを薦めてくれた友人は全くそんなことはなかったそうなので、
      泊まる部屋によって当たり外れがあるのでしょう。

      ただ、ここのリゾートに行く人は、サービスレベルにはあまり期待しない方がいいです。


      あと、このリゾートでもう一点、予想外だったのは、
      ダイビングセンターがあまり初心者仕様ではなかったこと。
      (これは自分の認識が甘かったのですが。)

      実は自分、モルディブに行くまでダイビングは全くの未経験で、
      この旅行中にダイビングのオープンウォーターライセンスを取ったんですが、
      サンアイランドは「ジンベイザメと泳げる」というのが一つの売りのリゾートのため、
      初心者の観光客はかなり少ないようで。

      リゾート地だし、初心者がいっぱい集まってくるんだろうと思いきや、
      全然そんな雰囲気じゃなく。。。

      そういえば、ここを教えてくれた人もダイビング経験者だった。。。

      しかも、「ダイビングセンターに日本人がいる」という触れ込みだったんですが、
      自分が訪れた時期には不在で、片言の日本語が話せるインストラクターの人に、
      英語と片言の日本語で習うことに。

      もちろん、インストラクターの人はやさしく教えてくれますが、
      初心者客の少ないダイビングセンターだけあって、割と「どんどん潜れ」的な進め方。
      個人的にはどんどん潜れる分楽しかったですが、人によっては疲れてしまうかも。

      ライセンスを取るかは別として、ダイビングセンターの雰囲気的に
      「ダイビング未経験だけど、ダイビングをやってみたい」という初心者レベルの人には、
      ちょっとおすすめしにくいかなー。。。


      ということで、良い部分も悪い部分もあったサンアイランドリゾート。
      上に書いた悪い部分だけ見ると、何かとんでもないところに思えるかもしれませんが、
      総じて満足できるリゾートでした。

      アリが出たりダイビングで苦労したりはあったものの、島の雰囲気が素晴らしいです。
      変にアジア人観光客だらけで日常に引き戻されるような島よりずっといいと思います。


      まあ100点満点のリゾートを選ぶのは難しいってことですね。

      とはいえ、せっかく行くなら、できる限り思った通りののリゾートを選びたいもの。
      より良いモルディブのリゾートを選ぶにはどうしたらいいのでしょう。

      長くなってきたので、その辺、次の記事で書いてみたいと思います。

      モルディブのリゾートの選び方 ②リゾートを選ぶコツ

      スポンサードリンク


      この記事と同じテーマの最新記事


        スポンサードリンク

        検索フォーム

         

        カテゴリ

        全記事一覧

        お知らせ

        ドバイの旅行情報
        トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

        ドバイ 旅行
        フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

        FC2カウンター

        プロフィール

        kentaro3787

        Author:kentaro3787
        たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
        「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

        S:一生に一度は行きたい
        A:訪れて損はなし
        B:この地域に来たら行きたい
        C:良いけど、省略可
        D:行かなくてもいいかな
        (まあ、基準は適当です。)

        時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

        上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
        HTMHThHhさ