スポンサードリンク

Top Page > 2012年02月
奇しくも、エジプト旅行について書き始めた途端、
先週またエジプトで大変な事件が起きました。

-----------------------------------------------------------------------------
エジプトで過去最悪の惨事… スタジアム暴動で死者74人、負傷者1000人以上

現地時間1日に行なわれたエジプトの国内リーグで、試合後に両チームのサポーターが
ピッチへなだれ込む暴動が発生し、74人が死亡、1000人以上が負傷する大惨事が起こった。
ロイター通信が報じている。

今回の惨事は、強いライバル関係を持つアル・マスリ対アル・アハリの試合後に発生。
目撃者の証言によれば、3対1でアル・マスリが勝利した試合終了後、アル・アハリの
サポーターが相手チームを侮辱する横断幕を掲出し、これをきっかけに暴動に発展したという。

怒ったアル・マスリのファンは相手サポーターを襲撃したほか、アル・アハリの選手を
攻撃すべくピッチに乱入。両チームのサポーター数百名が次々とピッチへとなだれ込み、
スタジアムはパニック状態となった。

目撃者によれば、死者のほとんどはパニックになった観客によって押しつぶされたり、
競技場のポーチから転落した人たちだという。なお、死者のなかには警察関係者も
多数含まれている模様。

アル・アハリのある選手は、地元TV局に対し「こんなのはサッカーじゃない。
これはもう戦争だ。多くの人が僕らの目の前で死んだ。なのに警備も救急車も来なかった」
とコメント。
また、エジプト保健省の副大臣は国営テレビで「エジプトサッカー史上最悪の惨事」と
述べている。
---------------------------------------------------------------------------------

サッカーの試合で74人死亡って。。。

以前、エジプトのジレンマは続くと書きましたが、この国の問題はつくづくこういうところ。

民主化はいいことでしょうが、その一方でのこういう刹那的な行動。
「後は野となれ山となれ」的な無責任さ。

エキサイトして相手のサポーターと喧嘩になるのはまだいいとしても、
勝ったチームのサポーターが負けたチームの選手を襲撃してどうなるのか。。。

「死者のなかには警察関係者も多数含まれている」のであれば、
これは雪崩的に観客席から落ちた、とかいう混乱の中での事故による死亡ではなく、
暴動に乗じた確信犯的な殺人です。

エジプトでデモが日常化する中で、
「何かお題目さえあれば、何をやっても神が許してくれる」
という無責任な歯止めのきかない心理が過剰になっている気がします。

ただでさえ、「全ては神のお導き」という思想を持っていて、
タガが外れると、自爆テロのように過激な方へ進んでしまうリスクが大きいイスラム教。

そういうリスクをはらんだ国民を統治する上で、独裁政権になりやすいのは、
ある意味自然なことではあるのです。

それを変えていくために、群衆は立ち上がったはずなのに。
国民一人一人が最低限のモラルや責任感を持たないと、民主主義など成り立ちません。
こんなことが起こっているようでは、真の民主主義など、夢のまた夢です。

一刻も早く規範となるリーダーが出てきて、エジプトの「民度」を引き上げていくことが
望まれますが、今のところ、そういう人間が出てきそうな気配はありません。

エジプト国民にとって、民主化への敵はもはや政府ではなく、自分たち自身です。
こんな調子では、エジプトのジレンマはまだまだ続いていくのでしょう。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


スポンサードリンク

検索フォーム

 

カテゴリ

全記事一覧

お知らせ

ドバイの旅行情報
トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

ドバイ 旅行
フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

FC2カウンター

プロフィール

kentaro3787

Author:kentaro3787
たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

S:一生に一度は行きたい
A:訪れて損はなし
B:この地域に来たら行きたい
C:良いけど、省略可
D:行かなくてもいいかな
(まあ、基準は適当です。)

時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

HTMHThHhさ