スポンサードリンク

Top Page > 2012年10月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    パリといえばエッフェル塔
    東京タワーは東京のシンボルっていうほどでもありませんが、
    エッフェル塔はやっぱりパリのシンボルとしてそびえ立っています。
    (あ、今は東京タワーより東京スカイツリーか。)

    エッフェル塔1

    日本人ならその名前くらいは誰でも知ってるエッフェル塔。
    たぶん世界で一番有名な「塔」でしょうね。

    ちなみにこのエッフェル塔、高さは324m。
    実は東京タワーより低いんですね。(東京タワーは333m。)

    じゃあ、大したことないやん、と思ってしまいそうですが、
    実際のエッフェル塔を見上げると、なんかその存在感がすごい

    一つは、その造りですかね。
    エッフェル塔を間近に見て思ったのは、
    「エッフェル塔ってめちゃくちゃ”鉄むき出し"やな。」と。

    東京タワーも造りは結構似ているんですが、
    実はエッフェル塔より鉄骨が10分の1くらいしか使われてないらしく。
    色のせいもあるでしょうが、重厚感は違うよね。


    あと、街の景観への溶け込み方。

    パリには高層ビルがない。
    景観保護のために、高層ビル建築を禁じているから。

    なんで、エッフェル塔はこの街の中でもひときわ目立つ存在なわけです。

    エッフェル塔2
    周りもこれだけ開けた広場になってるしね。


    こんなパリのシンボル・エッフェル塔。
    パリに来たからには絶対上まで行かねば、ということで登ってみました。

    登り方はエレベーターと階段。
    どちらにしても、めちゃめちゃチケット売り場は混んでます。
    まあ、世界一有名な塔なんだから仕方ないね。

    でも、塔なんてもんは、上に登ってそんな長時間やることもないわけで、
    そこそこ回転が速いので、サグラダファミリアなんかに比べると随分マシ。
    なめたらあかんぜよ、サグラダファミリア。

    並びたくなかったら、ネットでチケット予約するといいでしょう。
    (公式サイトトップページ http://www.tour-eiffel.fr )

    ちなみに登り方ですが、
    自分はエレベーターと階段、どっちも試したことがあります。
    (今回の旅行中はエレベーターを使いました。)

    個人的結論を書くと、
    階段フェチの人以外は、エレベーターが無難でしょう

    階段の方が空いてるし、料金も安いし、
    「自分の足で登ったぜ!」的な自己満も味わえるわけですが、
    鉄骨やら金網やらに囲まれた無機質な階段を黙々と登るのは結構きついっす。

    それに、何か登っている最中も金網の隙間から下が見えるもんで、正直、
    展望台からの景色にサプライズがなくなる。

    行列に並んでも、エレベーターを選ぶことをおすすめします。

    で、上からの景色。

    エッフェル塔3
    白基調の綺麗な街並み。よい景色。
    景観を損なわないよう、建物が規制されているのが一目でわかります。
    高さだけじゃなくて、形や材質も規制されてるんじゃないでしょうね。

    ただ、上から見る景色としては、ごく普通というか、
    少しコントラストに欠けるような気もするかなー

    むしろ、エッフェル塔で一番印象的だったのは、夜のエッフェル塔。

    エッフェル塔4

    夜にライトアップされたエッフェル塔はめちゃめちゃ綺麗。
    昼間に訪れた人でも、これを見に夜も訪れる価値あり。

    何か、、、エッフェル塔って、
    「エッフェル塔から景色を見る」のが醍醐味なんじゃなくて、
    「エッフェル塔自体を見る」のが醍醐味なのかもね。


    おすすめ度:A
    (何てったってパリのシンボルだからね。夜のエッフェル塔は必見かと。)

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    スポンサーサイト

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ