スポンサードリンク

Top Page > 2012年11月
エッフェル塔と並ぶパリの有名な建造物・凱旋門

凱旋門1

フランスで行われる競馬の世界一のレース・「凱旋門賞」の冠名としても
有名ですね。

一口に「凱旋門」といっても、パリでも凱旋門と呼ばれるものが何個かあるらしく、
俗に我々が「凱旋門」と呼んでいるのは、シャルル・ド・ゴール広場にある、
エトワール凱旋門

何かややこしいね

そもそも凱旋門っていうのは何かというと、、、
「軍の勝利を讃えて、将軍や軍隊が凱旋式を行う記念のために作られた門」。

エトワール凱旋門の場合は、
1805年のアウステルリッツの戦いに勝利した記念に
ナポレオン・ボナパルトが建設を命じた門で、1836年に完成。

でも、建設を命じた当本人のナポレオンは完成した時には既に死去しており、
彼がこの門をくぐったのは1840年にパリに改葬された時だった、という
エピソードつきの建造物です。

高さ約50m、幅約45mの巨大さで、やっぱり門としてはでかいです。

でもね、、、
この凱旋門、なんか外から眺めててもつまらん

世界最大級の門といっても建造物としてはそこまで驚く大きさじゃないし、
それに、、、
ロータリーをアホみたいにたくさんの車がびゅんびゅん走りまわっとるわけです。

門の全景の写真撮ろうにも、車ががんがん写るしね

何だか、思ったより歴史的な由緒ある門って感じの雰囲気じゃない。

ってことで、凱旋門に行ったら上に登りましょう
(入場料:一人9.5ユーロ)

エッフェル塔なんかと比べると低いですが、
凱旋門くらいの高さからの方が、パリらしい光景が眺められます。

凱旋門2
パリで最も美しいと言われるあの有名なシャンゼリゼ通り。

凱旋門3
各方向から星形に通りが星形に集まってきています。
そしてエッフェル塔からは見ることのできないもの。
それはエッフェル塔。

ある意味、エッフェル塔からの眺めより、記憶に残る眺めじゃないでしょうか。
やっぱり凱旋門は上に登ってなんぼですな。
(全く個人的な意見ですのであしからず)

でも、屋上に登るには200段の急な階段を上がらなければならないので、
そこはご注意を。
結構きつい。。。

帰りはてくてくシャンゼリゼ通りを反対のコンコルド広場まで散歩。

凱旋門4
コンコルド広場から見た凱旋門。
さよなら凱旋門。

っていうか、こっちもアホみたいに車多いなー。
何とかならんのかいな。


おすすめ度:B(屋上からの景色は一見の価値あり。)

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


スポンサードリンク

検索フォーム

 

カテゴリ

全記事一覧

お知らせ

ドバイの旅行情報
トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

ドバイ 旅行
フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

FC2カウンター

プロフィール

kentaro3787

Author:kentaro3787
たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

S:一生に一度は行きたい
A:訪れて損はなし
B:この地域に来たら行きたい
C:良いけど、省略可
D:行かなくてもいいかな
(まあ、基準は適当です。)

時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

HTMHThHhさ