スポンサードリンク

Top Page > 2015年02月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    ヨーロッパ旅行で国内を移動する際、よく使う交通機関といえば、鉄道

    パリからモンサンミッシェルへ2

    ヨーロッパの国々は一つの国の中で各地に見どころがあるため、
    それらを見て回ろうと思うと、国内での長距離移動が必要になります。

    日本の新幹線と同じで、ヨーロッパにおいて国内長距離移動に
    最も適しているのが鉄道です。

    例えば自分の場合、
    フランスでは、パリからモンサンミッシェルへの移動、
    スペインでは、マドリッドからバルセロナへの移動、
    さらにはマドリッドからトレドへの移動
    に鉄道を使いました。

    <参考記事>
    パリから一路、モンサンミッシェルへ。
    マドリッド-バルセロナの電車旅

    さらにEUとして国同士の行き来も簡単なヨーロッパでは、
    ユーロスターという高速列車が、ロンドンやパリ、ブリュッセルといった
    主要都市間を繋いでいます。

    時間的にもコスト的にも飛行機より断然安いですし、
    車窓からの景色まで楽しめるとあって、
    ヨーロッパ旅行中に長距離移動をする人には鉄道は必須だと思います。

    ただ、上の旅行記の中でも書いたんですが、
    ヨーロッパの鉄道の予約って、
    ネットで事前予約した方が安い場合が多い。
    ・だけど、ヨーロッパの鉄道会社のHPはかなり使いにくい
    という状況で、旅行者にとってやや厄介な状況なんですね。

    実際、自分もフランス旅行の時はうまく事前予約できたんですが、
    スペインの時は、RENFEのHPでクレジットカード決済がどうしてもエラーになり、
    結局現地に行ってからトレドへの切符を購入しました。
    →過去記事:スペイン旅行前とマドリッド空港の豆知識

    ただ、事前のネット予約の方が安い場合が多いですし、
    そもそも旅行中に切符を買うこと自体が時間のロス。
    切符売り場が行列なんてしてた日にゃ、たまったもんじゃない、と。

    では、簡単にヨーロッパの鉄道チケットを事前予約できる方法がないのか、
    というと、方法はあります。
    それが、レイルヨーロッパジャパンというサイト。

    レイルヨーロッパジャパン
    「レイルヨーロッパ」はフランス国鉄とスイス連邦鉄道の合弁会社で、
    ヨーロッパ各国の鉄道チケットや鉄道パスを全世界に販売しています。
    日本にも事務所があり、ウェブサイトも当然日本語に対応しているので、
    誰でも簡単にチケット予約が可能です。

    ヨーロッパ鉄道チケットをオンラインで購入



    日本からのヨーロッパの列車チケット予約においては鉄板のサイトです。

    一応気を付けた方がいいのは、
    取りたい列車によっては、鉄道会社の直販よりも結構割高になる場合があること。

    スペイン旅行のときのトレドへの列車がまさにそれでした。
    手数料程度の話なので、とんでもなく高くなるわけではないのですが、
    自分のように気になる人は、鉄道会社のサイト(SNCFなど)でも並行して値段を見てみましょう。

    SNCFのサイト
    http://www.sncf.com/en/passengers

    ただし、鉄道会社のサイトは英語、フランス語、オランダ語しか選択肢がありません。
    外国語が苦手な人は、細かい差にはとらわれずにレイルヨーロッパで予約してしまってもいいと思います。
    それなりに時間に余裕のある旅行でないと、現地でチケットを買うのはリスクが高いです。

    また、レイルヨーロッパでは、「鉄道パス」へのキャンペーン価格が魅力的です。
    1回の旅で複数回、列車移動する場合は、こちらを使った方がお得になる場合もあります。

    そういった選択肢も考慮しながら、お得なヨーロッパ鉄道旅行を計画してみてください。

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    スポンサーサイト

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ