スポンサードリンク

Top Page > 2015年12月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    海外旅行クレジットカード

    日本では、「海外旅行をきっかけにクレジットカードを作る」という人は結構多く、おかげさまでこのブログ内でも、以前海外旅行へのおすすめカードを紹介した記事のリンクを通して、毎月何件か新規発行を頂いています。

    自分のブログを読んで「申し込もう」と思ってもらえるなら記事の書き甲斐があるというもの。
    最近は多忙でかなり更新頻度も落ちてしまっているのですが、もっと役に立つ記事を提供できるよう、時間を見つけて書いていきたいなー、と思っとります。

    さて、話はクレジットカードに戻りまして、自分は基本的に年会費はなるべくかけたくないタイプなので、あまり年会費がかからないカードの中から、三井住友VISAカードと楽天カードの2つを海外旅行のおすすめとして推奨しています。
    (実際、自分がメインで使っているカードも一貫してこの2つです。)

    【参考記事】
    結局、海外旅行に適したおすすめのカードは?
    海外旅行で知っておきたいクレジットカードの知識。

    毎月、「このブログを通してどれだけ新規発行があったか」というのが確認できるのですが、これまでのところ三井住友VISAカードよりも、楽天カードの申込みの方が圧倒的に多いようです。

    確かに、楽天カードは「年会費無料」、「ポイント還元率が高い」、「海外旅行保険付き」と三拍子揃っている上に、入会時のポイントプレゼントまであるわけですから、初めてクレジットカードを作るという人にも受け入れやすいのでしょうね。

    以前は、海外だと楽天カードが使えない(認識されない?)場所がたまにあったのですが、最近は海外でも楽天カードが使えない、ということはかなり減ってきています。
    (同じVISAなのに、カードによって使えない場合があるというのが、どういう仕組みなのかは未だによくわからないのですが、おそらくカードの種類の影響があるのだろうと思います。)

    さらに、楽天カードはキャンペーンにエントリーすることで海外利用でのポイント還元率を上がられるので、海外旅行用のカードとしてもかなり優秀なカードに仕上がってきています。

    【過去の参考記事】
    【楽天カード保有者向け】知っておきたい楽天カードのお得なキャンペーン

    一方、三井住友VISAカードは、ガツンと来るポイント還元率や入会時のポイントバックなどわかりやすい目立った「売り」があるわけではないので、良く言えば「オールマイティー」、悪く言えば「目立った特徴がない」という印象を持たれがちだと思います。

    先日、「三井住友銀行の口座を使っている人はATM利用料がお得になるよ!」という記事を書きましたが、それでもまだまだ地味な印象はありますよね。。。

    【参考記事】
    三井住友銀行の口座を使っている人は三井住友VISAカードがお得!

    ただ、個人的にはそれでも、特にあまり海外旅行慣れしていない人向けには、三井住友VISAカードの方をおすすめしたいところ。

    なぜかというと、自分の経験上、三井住友VISAカードは「サポート機能」に他との大きな差があるからなんですね。
    その辺、前回の記事であまり触れなかったので、今回はそのサポート機能の中身について解説しておきたいと思います。

    【サポート機能その1】 充実の日本語サポート

    三井住友VISAカードでは、世界の主要都市54ヵ所に「VJデスク」という日本語サポートデスクを設置しています。
    クレジットカードのことのみならず、パスポートの紛失や盗難といったトラブルにも、24時間年中無休でサポートしてくれる充実度。

    さらには、海外旅行中の困りごとにも柔軟に対応できる体制まで整っています。
    例えば、
    ・現地の観光情報
    ・ホテル・レストランの照会
    ・交通機関の案内
    ・レストランやチケット・オプションツアー等の予約・手配
    ・ガイド・通訳の手配
    ・レンタカー優待/手配
    ・世界のお得な店ガイド
    など。

    要は三井住友VISAカードを保有していれば、クレジットカード云々だけでなく、海外旅行全般へのヘルプデスクを利用できる、というわけです。
    このレベルの日本人旅行者サポートはなかなかないと思いますし、海外旅行初心者にとっては心強い味方になるはず。

    【サポート機能その2】圧倒的に電話がつながる。


    カード各社は当然のことながら、どこもトラブルの際のサポートデスクを用意しています。
    ただ、会社によって実はそこにかけている組織や体制に大きな違いがあります。

    年会費無料であったりポイント還元率が高いカードというのは、どうしてもそういったコストをふんだんにはかけにくいので、万一の時にはどうしても不安が残ります。

    例えば楽天カードの場合でも、海外旅行者向けの対応は、「カードの紛失・盗難」に対して下記のように書かれているだけです。
    -----------------------------------------------
    ※渡航先からは、
    81(国コード)-92-474-9256(24時間受付)へご連絡ください。
    (海外渡航先からはコレクトコールでお電話ください。)
    -----------------------------------------------

    要は、「日本にあるヘルプデスクに海外からかけてくれ。」ということですね。
    世界54ヵ所にサポートデスクを持つ三井住友VISAカードと比べると、どうしてもこういった面では雲泥の差が出てしまいます。

    これは楽天カードだけが特別劣っているということではなく、こういったサポートが整備されていない分、ポイント還元率や入会時のポイントプレゼントに力をかけられる、と考えればいいと思います。
    逆に言えば、還元率を売りにしない老舗系のカードは、こういった面では一日の長があるわけですね。

    そして、いざその場にならないとわからないのですが、このサポート体制によって大きな差が出るのが、電話のつながりやすさなんです。

    いざという時に緊急でカード会社に連絡を取りたい、となっても、世界各国からの対応を日本で一手に引き受けているような場合は、どうしても電話がつながりにくくなります。
    海外旅行中、すぐに連絡したい中で電話がなかなかつながらないというのは旅行者にとって大きなストレスになります。

    そういう意味では、「組織力」が圧倒的な三井住友VISAカードが、そういう面でもいざという時の安心感があるわけです。

    【サポート機能その3】次回の旅行の割引がきく。


    自分はこの機能は使っていないのですが、おまけとしてもう一つ。
    意外と知られていないのですが、三井住友VISAカードは「VJトラベルデスク」という旅行予約サービスを持っています。
    そこを通じて予約すれば、対象旅行代理店の国内・海外の旅行ツアー代金が5%OFFになります。

    各社のパンフレットを見て、「これだ!」というツアーがあれば、VJトラベルデスクに電話して伝えるだけで割引してくれます。
    ツアー派の人には利用価値のある機能じゃないかと思いますし、それだけで年会費以上のものは取れるかと。

    【国内旅行割引対象会社】
    •日本旅行(赤い風船)
    •ANAスカイホリデー
    •JALパックスペシャル
    •クラブメッド
    【海外旅行割引対象会社】
    日本旅行 5%
    JALパック 5%
    ANAハローツアー 5%
    クラブメッド 5%
    ユナイテッドツアーズ 5%
    プレイガイドツアー 5%
    (JALパックパックスペシャル、日本旅行Best、プレイガイドツアーは3%Off)


    以上、海外旅行における三井住友VISAカードのメリットを補足してみました。
    色々なサイトや雑誌ではポイント還元率に注目が集まりがちで、なかなかこういった「サポート機能」はクローズアップされませんが、個人的には海外旅行では結構この点、大事だと思うんですよね。
    特に海外旅行初心者にはおすすめです。
    わずか年間810円(Web明細書の場合)の年会費であれば決して悪くないと思います。

    カード名三井住友
    VISAカード
    楽天カード
    特徴ほとんどの場所で使え
    サポート体制も高い。
    ポイント還元率が高く
    保険サポートも充実。
    年会費1,350円(初年度無料)
    Web明細書で810円
    永久無料
    カード申込三井住友VISAカード入会楽天カード新規入会

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    スポンサーサイト

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ