スポンサードリンク

Top Page > 2016年04月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    HotelsCombined.png

    今回は久々にホテル予約系のネタです。

    先日久々に海外ホテル予約でHotelsCombinedを使った際、一つ「あれ?」と思ったことがありまして。
    何かというと、”Jalan””HotelTraverl.com”が提携パートナーに追加されていたんですね。

    ※"HotelsCombined"を知らない方は下記記事を読んでみてください。自分が海外ホテル予約に使っているサイトで、当ブログでも推奨させて頂いています。

    【おすすめ記事】
    海外旅行計画のコツ ②格安で良いホテルの探し方
    ホテル予約サイトの上手な活用術(”Hotel Combined”の場合)

    ここしばらく旅行の機会がなく使っていなかったため、結構前から追加されていたのかもしれませんが、個人的にはこれ、結構画期的なことだと思うので、この追加によるメリットを紹介しておきます。

    まず"Jalan"。
    皆さんご存じ、日本で最も有名な旅行サイトと言っても過言ではない、あの「じゃらん」ですね。

    じゃらんが提携パートナーとなったことで何が変わるかというと、、、

    ①日本国内のホテル予約にもかなり強くなった。


    これまでHotelsCombinedを使って日本国内のホテル検索をする人はあまりいなかったかもしれませんが、実は国内ホテルは海外サイトで予約した方が安いケースが結構あります。(これ、意外と知られていないかもしれませんが。)
    国内の大手サイトはあくまで日本人向けで、じゃらんと楽天トラベルの2大予約サイトがかなりのシェアを握っているのに対し、海外の場合は全世界の外国人向けに不特定多数のサイトがしのぎを削っているので、自然とそうなるのでしょう。

    ただ、海外サイトで探すにも一つ問題点がありまして、実は日本の大手旅行会社用の予約枠というのがあるため、ホリデーシーズンや週末といった人気の日程だと、日本のサイトより選択肢がやや狭まるのです。
    (要は、日本のサイトだとまだ空きがあるのに、海外のサイトだと「満室」と判断されるホテルが出てくる。)

    ということで、これまでは「日本のホテルは日本の大手サイトで検索する」のが主流になってきたわけですが、HotelsCombinedの検索に、日本最大手クラスのじゃらんが加わることで、空室状況に不利を受けることなく、海外サイトも含めた最安値を探すことができるようになりました。

    一見目立たないことですが、これ、結構大きな進化だと個人的には思います。

    試しに場所を「東京」にして検索してみてください。かなり得なオファーがあるのがわかるかと。




    ② じゃらん海外の割引クーポン、ポイント還元活用のチャンス。

    「じゃらん」と聞いて、あまり海外ホテル予約のイメージは湧かないかもしれませんが、実は最近、じゃらんは「じゃらん海外」と銘打って、海外ホテルの方にもかなり力を入れています。
    まだまだホテル掲載数は他の有名サイトに比べると見劣りしますが、システム自体はExpediaと同じものを使っていて価格レベルはExpediaとかなり似通った水準です。

    これだけ聞くと、「じゃあ、掲載数の多いExpediaでいいやん」ってことになりそうですが、じゃらん海外の強みは、割引クーポンとポイント還元

    じゃらんは定期的に最大1万円OFFのクーポンを配布しているので、うまく時期が合えば、思いがけないお得な金額で予約できる可能性があるんですね。
    また、支払額の2%のリクルートポイントが漏れなく還元され、じゃらんやポンパレモールなどのリクルート系のサイトで使ったり、Pontaに交換することもできるので、これだけでも実質2%引きです。

    この2点を考慮すると、HotelsCombinedで"Jalan"のオファーが上位に出てきたら結構有力な選択肢になるので、ぜひじゃらんのサイトまで飛んでみてチェックしてください。

    これまでも割引クーポンやポイント還元の存在は知っていたものの、いちいち「じゃらん海外」のサイトまで行って他のサイトより少ない選択肢の中から探さなければならず、使いにくさからやや敬遠気味だったんですが、今回HotelsCombinedとつながったことで、その課題が解決されました。


    続いて、もう一つ新たに追加になっていたサイトが"HotelTravel.com"

    日本ではあまり馴染みのないかと思いますが、ここはアメリカのナスダック市場に上場しているインドの大手オンライン旅行会社「メイクマイトリップ」系列のホテル予約サイト。
    タイに本社があり、イギリス・マレーシア・香港にも拠点があるということで、アジア方面にはめっぽう強いのが特徴です。

    試しに、日本/アジア/中近東辺りの国を一つ選んで、検索をかけてみてください。
    自分も全部の国をチェックしているわけではありませんが、この"HotelTravel.com"が最安値になっているホテルが結構見つかると思います。

    アジアやマニアックな都市のホテル予約に注力しているということで、あまり日本での知名度はないのですが、実は2013年には最優秀オンライン旅行会社に選ばれており、地域によってはすさまじい価格競争力を誇ります。

    こういった地域に特化した強いサイトが提携先に入ってきたのも、HotelsCombinedにとっては大きいですね。

    検索のシステムはシンプルなんですが、お得な価格オファーを見つけるにはやはり良いサイトだと思います。

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    スポンサーサイト

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ