スポンサードリンク

Top Page > 2016年09月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    このブログではこれまで何度か海外旅行でのホテル予約について解説していまして、
    「ホテル探しのコツ」としてHotelsCombinedを紹介した時の記事は、今も人気記事としてアクセス数に貢献してくれています。

    海外旅行計画のコツ②格安で良いホテルの探し方

    HotelsCombinedの世間での認知度は微妙ですが、他の有名サイトと比べても海外ホテル予約にはかなり使えるサイトだと思うので、興味のある人はぜひ読んでみてください。

    やはりホテル選びについては世間の関心が非常に高いようなので、
    これに味をしめまして、国内ホテルについてもちょっとだけ書いておこうと思います。

    といっても、国内宿泊に関しては自慢できるほどの経験もないので、
    あくまで自分個人の考え方ということで。

    (1) 国内ホテル予約と海外ホテル予約の違い

    国内ホテルは海外ホテルに比べると、ホテル予約サイトの選び方次第で大きく失敗する、ということはあまりなく、サイトの選び方というよりも、通常より安くなる特典をうまく利用する方が重要です。

    海外旅行で海外系サイトも含めて比較する場合は、そもそも日系サイトが海外サイトより価格的に不利になっていたり、各サイトも地域による得意不得意があったりするので、サイトの選び方次第でコストが結構変わってきます。

    国内ホテルではあくまで対象が「日本」なので、同じホテルでほぼ同条件の場合、ホテル予約サイト同士で大きな価格差が出ることは稀です。

    その分、各サイトが色々なキャンペーンや特典を展開して他社との差をつけているので、海外ホテル予約と比べて「比較サイト」が効果的ではない、と言っていいんじゃないかと思います。
    (キャンペーンは比較サイトでは反映されないので。)


    (2) 国内ホテル予約には、クーポンサイトを上手く使う。

    上にも書いた通り、どうお得な特典を使うかが、国内ホテル予約のコツと言っていいと思います。
    安くなる特典というと、「連泊プラン」や「平日プラン」といった物理的な宿泊日程のことを想像しがちですが、意外と知られていないのがネット上で配布or販売されているクーポン

    各予約サイトでも「割引クーポン」的なものを配布していることも結構ありますが、
    最近は、各社そういった一般的なキャンペーンとは別に、クーポンサイトと組んだ格安オファーを展開するようになっています。

    メジャーどころでは、
    ・楽天トラベル⇔ラクーポン
    ・じゃらん⇔ポンパレ
    ・るるぶ⇔グル―ポン
    といった大手業者が連携し、定期的にお得なオファーを出しています。
    (ラクーポンは提携というより楽天グループですが。)

    例えば今現在で見てみると、

    楽天トラベル
    楽天トラベルでは、「お得なクーポン祭」と称して最大1,500円の割引。

    じゃらん
    じゃらんでは「じゃらんXポンパレ」の提携で50%以上割引宿を毎日更新。

    るるぶ
    るるぶは初めてのユーザー限定で、グル―ポンで「2,500円分クーポン」が500円で販売。
    ということで、実質2,000円の割引。

    各社、クーポンをかなり重視してきているのがわかります。
    これらはあくまで今現在出ているオファーを見ただけですが、時期によっては、るるぶが飛行機と合わせた3万円分クーポンを1万円で販売するなど、驚きのオファーが出ていることもあります。

    「クーポンを出すならホテル価格自体値引きすればいいのに」と思ってしまいそうにもなりますが、
    各ホテル/旅館との関係上、額面上の宿泊料金はそうそう引き下げられない事情はあると思います。

    国内ホテルでは価格設定に差がつかない分、ただサイト毎の通常価格を調べるだけでなく、こういったクーポンサイトに出ているオファーにも目を通してみることをおすすめします。
    (予約サイトの方でも、サイト上にクーポン情報がないかまずチェックした方がいいです。)


    (3) ホテルの公式HPが意外と一番安いことも。

    そして、これも意外な盲点なのですが、ホテル単体で予約する場合、ホテル予約の総合サイトよりも、個別のホテルの公式HPで予約した方が安いケースがあります

    値段を下げなくてもそれなりに部屋が埋まる人気ホテルは、旅行会社用の特別価格を設定しないこともあるので、旅行会社の手数料の分、直接予約の方が安くなります。
    最近は東京などはホテルの需給がひっ迫していて室率も減ってきているので、直接予約も頭に入れておきましょう。

    上で「国内ホテルの場合は比較サイトが効果的でない」と書きましたが、直接予約と総合予約サイト経由とで、どちらが高いのかを確認するという意味であれば有用だと思います。

    以上、国内ホテル予約のコツでした。


    尚、冒頭でも紹介していますが、海外ホテルの場合は今のところ、HotelsCombinedで鉄板です。
    かなりの確率でお得なオファーが見つかるはずです。



    ※使い方のわからない方はこちらを参考にしてください。
    ホテル予約サイトの上手な活用術("Hotels Combined"の場合)

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    スポンサーサイト

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ