スポンサードリンク

Top Page > 2017年08月


<海外旅行で知っておきたいクレジットカードの知識>

1, 海外旅行ではクレジットカード払いが得。
2, 海外旅行でのクレジットカードの「キャッシング」とは?
3, 海外では「クレジットカード=信用」である。
4, クレジットカードの「海外旅行保険」とは?
5, 結局、海外旅行におすすめできるクレジットカードはどのカード?
6, もしクレジットカードのトラブルがあったら?



久々に、海外旅行におすすめのクレジットカードの話です。

以前の記事で、海外旅行でのクレジットカード利用については色々書いてきました。
そして、おすすめとして自分も持っている三井住友VISAカードと楽天カードを挙げています。

結局、海外旅行におすすめできるクレジットカードはどのカード?

今回は久々にこのネタということで、何か他に良いカードが出てきていないかなー、と
自分のためも兼ねてもう一度見直してみました。

が、、、結論としてはやはり、
まず作るなら三井住友VISAと楽天カードの組み合わせ
でよいと思います。
(ただ、カード種類で一つ補足がありますので、最後に追記します。)

これでほぼ問題ないです。

いやー、2枚も持ちたくない、、、という人は、
・海外旅行中の安心を取るなら、三井住友VISAカード。
・海外旅行後も含めたポイント還元率を取るなら、楽天カード。
といったところでしょうか。

なぜその2枚なのか、ポイントを書いておきます。

(1) 無駄な年会費は必要なし。

自分もそうなのですが、海外旅行に適したクレジットカードを作ろうという人は、
そもそもクレジットカード自体にそれほど過度なことを求めていないと思います。

・海外でトラブルなく支払いが行えて、万一のトラブルの際にもしっかり対応できる。
・海外旅行ではそれなりに支払いも大きくなるので、ポイント還元もほしい。
ということが満たされればOKじゃないでしょうか。

色々なステータスや特典を謳って、結構お高い年会費を取るものも多いですが、
最近は年会費が無料 or 安いものでも一般人には十分な機能がついていますから、
上の2つのポイントを実現するのに、無駄な年会費は必要ありません。

とりあえず海外旅行用に作るのであれば、そういったカードで十分です。


(2) 安心感を取るなら三井住友VISAが最も手頃。

海外旅行での"安心感"というと、「海外旅行保険」の金額などに目が行きがちですが、
実は「サポート体制」が大事な要素です。
その点では、三井住友VISAがおそらく最上位じゃないかと思います。

もちろん、VIP会員用に色々なサポートデスクを設けている会社は色々ありますが、
三井住友VISAカードの場合は、普通のクラシックカード保有者でも、世界55か国の
「VJデスク」という24時間年中無休での日本語サポートが使えます。

正直、「お得感」という意味では、三井住友VISAはあまりぱっとしないのですが、
この辺の体制というのは圧倒的な会員規模数のなせる業。

年会費も大してかかりませんから(条件を満たせば無料)、とりあえず作るには鉄板です。


(3) ポイント還元率と海外旅行保険とのバランスでは楽天カード。

ただ、三井住友VISAカードは、ポイント還元率がたったの0.5%なんですよね。
海外旅行はお金を多く使う場面ですから、しっかりポイントを取っておきたいところ。

そこでお得感をしっかり取るのにおすすめなのが楽天カードです。

楽天カードはもともと1%の高還元率で評価が高いクレジットカードですが、
以前も書いた通り、毎月キャンペーンというのをやっていまして、
事前にWebサイトでエントリーすれば、海外使用での還元率が驚きの1.5%になります。

知っておきたい楽天カードのお得なキャンペーン

年会費無料にもかかわらず、この1.5%というレベルはおそらく数あるクレジットカードの中でも
最高レベルじゃないかと思います。

さらに、三井住友VISAほどではありませんが、楽天カードにも海外旅行保険がついていますので、
海外旅行へのおすすめ度としては非常に高いです。


(4) 他のおすすめ候補

ということで、結論が前回とほぼ同じになってしまいましたが、
今回チェックした中でもう一つ他に気になったカードが「エポスカード」

マルイでの買い物がお得になったりするカードですね。
年会費は無料ですし、海外旅行保険機能の内容は楽天カードを凌ぐと思います。
なので、「年会費無料のカードの中で海外旅行保険が最も良いカードがよい」という人には、
おすすめできそうです。

ただ、残念なのが還元率。
三井住友VISAと同じ0.5%ではちょっと買い物系のカードとしては低すぎ。
この還元率なら、少々の年会費がかかっても三井住友VISAを持つ方がいいです。

(5) ベストな組み合わせは「楽天カード」と「クラシックカードA」。

ということで、やはり、年会費も大してかけずに十分なメリットが得られる、ということで、
楽天カードと三井住友VISAカードで良いと思うのですが、
これまでの記事で書いていなかったのが、「選ぶべきカードの種類」

楽天カードはそもそも種類が少ないので普通のカードでよいのですが、
三井住友VISAカードは、「クラシックカード」ではなく「クラシックカードA」を選ぶ方がよいです。

なぜなら、海外旅行保険が自動付帯になるから。

三井住友カード一覧はこちら

海外旅行保険には「自動付帯」と「利用付帯」というのがあり、
自動付帯は、そのカードを持っているだけで保険が適用されますが、
利用付帯は、海外旅行でそのクレジットカードを使用すれば保険が適用されます。


今回おすすめしている組み合わせの場合、
楽天カードで主な支払いをして、楽天カードの保険機能も適用されるようにし、
予備として持っている三井住友VISAカードでは、クラシックAで自動付帯にしておけば、
両方の保険が適用されることになるわけです。

年会費は2年目以降1,500円と、クラシックカードより150円上がりますが、
Web明細書にすることで540円割引になるので、年間960円。

1年で1,000円以下であれば、海外旅行に行くことのある人は持っておいて損はないと思います。


カード名三井住友VISA
クラシックカードA
楽天カード
特徴ほとんどの場所で使え
サポート体制がとにかく高い。
ポイント還元率が高く
保険サポートも充実。
年会費1,500円(初年度無料)
Web明細書で960円
永久無料
カード申込三井住友VISAカード入会楽天カード新規入会


スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


スポンサードリンク

検索フォーム

 

カテゴリ

全記事一覧

お知らせ

ドバイの旅行情報
トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

ドバイ 旅行
フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

FC2カウンター

プロフィール

kentaro3787

Author:kentaro3787
たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

S:一生に一度は行きたい
A:訪れて損はなし
B:この地域に来たら行きたい
C:良いけど、省略可
D:行かなくてもいいかな
(まあ、基準は適当です。)

時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

HTMHThHhさ