スポンサードリンク

Top Page > タスマニアのみどころ > クレイドルマウンテンロッジ
クレイドルマウンテンで今回泊ったのは
クレイドルマウンテンロッジ」。

クレイドルロッジ3
こんな建物。

クレイドルロッジ4
メインの建物はペンション風のアットホームな雰囲気。

といっても、この建物の中に宿泊部屋があるわけではなく、
広い敷地の中に散在しているコテージ風の部屋に宿泊します。

部屋の中はこんな感じ。

クレイドルロッジ1
左下に光っているのは暖炉風のオブジェ。
実際に薪を燃やしているわけではありませんが、
火がついていて暖かい。

自然な雰囲気が守られていて、現代的なものは最低限に
抑えられています。
ちなみに、山奥なのでインターネットは繋がりません。
(メインの建物に一つ共通のPCがありましたが、故障中でした)

自分にとってのここの目玉は、「動物」。
コアラに続く、動物シリーズ第2弾でございます。

クレイドルロッジ2
道端にいた野生のワラビー。

こんなのが普通に敷地内にうようよしているんですよ。
こりゃたまらん
ちょっと、朝食を食べに行こうとしたら、普通にいるんです。
こりゃたまらん

いやー、いかにも大自然の中のロッジ。
空気がうまい。

クレイドルマウンテンロッジ6
敷地内には、こんな小川も流れていて、木々の間を散策できます。
(ガイドが木々を案内してくれる散策ツアーもあり)

まさに自然満喫のための宿泊施設という感じですね。

あ、あとここは食べ物もおいしいんです。
でも長くなるので、その辺は次の記事にて。

お勧め度:A(タスマニアに来たらここは必須。動物たまらん

にほんブログ村 海外旅行
にほんブログ村 中東情報

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


スポンサードリンク

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

 

カテゴリ

全記事一覧

お知らせ

ドバイの旅行情報
トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

ドバイ 旅行
フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

FC2カウンター

プロフィール

kentaro3787

Author:kentaro3787
たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

S:一生に一度は行きたい
A:訪れて損はなし
B:この地域に来たら行きたい
C:良いけど、省略可
D:行かなくてもいいかな
(まあ、基準は適当です。)

時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

HTMHThHhさ