スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    2010
    11
    16

    ロスの村

    ロンセストンを出発し、タスマニア東岸にあるフレシネ国立公園へ
    向かう途中に、ロスの村という小さな村があります。

    ここは、「魔女の宅急便」のパン屋のモデルになったと言われる店が目玉、
    ということなので、ちょうど通り道ということで立ち寄ってみました。
    (実際はモデルではないそうですが。)

    ロス1

    このロスの村、思っていた以上に小さな村。
    ほんと、例のパン屋以外何もありません。
    ↑こんな地図で全部案内できてしまうくらいですからね

    並木道沿いに建物がまばらにある程度ですね。
    メルヘンチックな建物もあって、綺麗な町並み(村並み?)。


    ロス4
    これは郵便局ですね。

    ロス5
    これがモデルになったパン屋らしいです。
    正直、見た目は普通のパン屋のような気が。。。
    (パンは食べませんでしたが)

    よくよく考えると、「魔女の宅急便のパン屋」と言われても、
    どんな建物だったかよく覚えてない

    ロス3
    奥には小川が流れていて、こんなのどかな光景も。

    このロスの村、「景色の綺麗なのどかな村」という感じです。
    一見しただけでは、ここが観光地とは全くわかりません。
    (着いたときは人気がなさすぎて、本当にここで合っているのか
    不安になったくらい)

    ネットで下調べしたときは、「パンがおいしい」という情報も見た
    覚えがあるので、「ここのパン屋に行ってみたい!」という思い入れが
    ある方は立ち寄ってみてもよいのではないでしょうか。

    お勧め度:C
    (個人的には、時間がなければ立ち寄らなくてもよいかな、と。
    でも、綺麗でのどかです。)

    にほんブログ村 海外旅行
    にほんブログ村 中東情報


    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ