スポンサードリンク

Top Page > メルボルンのみどころ > メルボルンという街
いくつかUAEネタを書きましたが、またオーストラリア話に戻ります。
書き始めたら全部書かないと気が済まないなもので

不定期更新のくせにすんません

さて、ここからはオーストラリアの都市部について。

これまで書いてきた通り、個人的に今回の旅行のメインは
「グレートオーシャンロードとタスマニア」だったわけですが、
そこへの拠点となるのが、オーストラリア第二の都市・メルボルン

グレートオーシャンロードへはここからレンタカーで、
タスマニアへはここから飛行機で向かえます。

この街では気合いを入れて観光をしたわけではないのですが、
せっかくなので見たものの記録を。

メルボルンという街。
近代的な大都市でありつつ、歴史的な美しい町並みも残し、
また街の1/4を公園が占めるほど自然に溢れていている、
なんとも色々なものが融合した街です。

個人的には、パリやロンドンといったヨーロッパの大都市は、
喧噪感に溢れていて、どうも好きになれないので、
こういったメルボルンくらいの街の方が落ち着きます。

「いかにも都会」という感じがしないのがいいですよね。
住みやすそう。

メルボルンの街5
大都市ならではの大通りですが。。。

メルボルンの街1
馬車が走っていたり。。。

メルボルンの街2
歴史を感じさせる路面電車も通っています。

しかも路面電車の中にも色々あって、
実は写真の車両は「走るレストラン」なんですよね。
しゃれてるよなー。

メルボルンの街3
路上にはストリートミュージシャンがいっぱい。
この子供、演奏しながら歌っているんですが、めちゃくちゃうまいんです。
ほんとに驚きました。

あと、日本人のミュージシャンもいましたよ。


メルボルンの街6
中心部にあるフリンダース・ストリート駅。

メルボルンの街7
なんじゃ、このビルのデザインは。

フィッツロイガーデン1
街中にも「大聖堂」が。

本当に古きから新しきまで、たくさんのものが融合された場所ですな。

街を歩いた印象だと、大都市という割には比較的こじんまりていて、
「住みやすそうな街だな」と。
街歩きには楽しいところだと思います。

観光的には。。。少し中途半端かな

お勧め度:B

にほんブログ村 海外旅行
にほんブログ村 中東情報

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


スポンサードリンク

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

 

カテゴリ

全記事一覧

お知らせ

ドバイの旅行情報
トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

ドバイ 旅行
フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

FC2カウンター

プロフィール

kentaro3787

Author:kentaro3787
たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

S:一生に一度は行きたい
A:訪れて損はなし
B:この地域に来たら行きたい
C:良いけど、省略可
D:行かなくてもいいかな
(まあ、基準は適当です。)

時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

HTMHThHhさ