スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > クラブワールドカップ 現地観戦記⑥Top Page > クラブワールドカップ > クラブワールドカップ 現地観戦記⑥
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    残り10分を切り、
    「追い付くのは時間の問題」とどこか余裕だった
    バルセロナサポーターにもいよいよ焦りが。

    一方のエストゥディアンテサポーターは、
    試合開始直後からずっと立ちっぱなしで応援。
    勝利が間近になり俄然声援が大きくなります。

    バルセロナが圧倒的に攻めながら、
    ここまで1-0のスコアを守れてきたのは、
    やはりヴェロンの存在が大きかったと思います。

    IMG_0584_convert_20091222073956.jpg

    正直、「一昔前のアルゼンチンの司令塔」という
    イメージしかありませんでしたが、
    このチームを背負っているのは間違いなくヴェロンでした。

    ピンチになっても、絶妙なポジショニングでボールを拾い、
    キープして試合を落ち着かせる。
    メッシ同様、簡単にはボールを取られない。球際も強い。

    バルセロナがどこからでも攻められる一方、
    エストゥディアンテの攻撃は常に彼を経由していました。

    このままエストゥディアンテが逃げ切っていたら、
    彼がこの大会のヒーローとなり、
    「ヴェロン健在」を印象付けることになっていたと思います。

    しかし、残り1分、89分間守り続けてきたゴールを、
    ついにバルセロナに割られます。

    ロングボールをピケが頭で繋ぎ、途中出場のペドロが頭で
    押し込みました。

    IMG_0589_convert_20091222074449.jpg

    今日一番の盛り上がりが会場を包みます。
    歓喜に沸くバルセロナイレブン。

    IMG_0591_convert_20091222074926.jpg

    歓喜に沸くバルセロナサポーター。

    IMG_0593_convert_20091222075127.jpg

    静まり返るエストゥディアンテサポーター。
    残り1分+ロスタイムで世界一だったのですが。

    もうこうなれば、完全にペースはバルセロナへ。
    エストゥディアンテにもう抵抗する力は残っていませんでした。

    次の記事へ続きます。


    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ