スポンサードリンク

Top Page > ヨルダンという国 > ヨルダンという国
2011
03
29

ヨルダンという国

UAE、オマーン、オーストラリアに続いて取り上げる国は、ヨルダン

ヨルダンという国は一般の方にはあまり馴染みがないかもしれませんが、
日本から見るとドバイよりさらに西、
ヨーロッパから見ると地中海を挟んで南東に位置する、
一般に「北アラブ」と呼ばれる地域の中の一国。

サッカー好きの人なら、
*今年のアジアカップ予選リーグで大苦戦の末、日本代表が引き分けた国
*2004年のアジアカップ準々決勝で日本代表が奇跡のPK勝利を挙げた国
といった方がわかりやすいかもしれませんね。

ヨルダンマップ2

さて、ヨルダンと国境を接している国。
*シリア
*イスラエル
*パレスチナ
*イラク
*サウジアラビア

こう見ると、アラブ情勢や戦争関連のニュースでも頻繁に名前の出る国々と
国境を接しているので、「危険なんじゃないの?」と思われがちですが、
実は非常に穏やかな国で、中東では観光地の一つとして有名。

最近のアラブ諸国の暴動の中でも、ヨルダンでは小さなデモはあったものの、
特に大事になることはありませんでした。

というのも、もともとヨルダンは周辺国の不安定な治安状況の中で、
イスラエルとパレスチナの仲介役として、多くのパレスチナ難民を受け入れて
きた歴史があり、今では国民の70%以上がパレスチナ人
言われています。

湾岸戦争でも多国籍軍に加わることなく、中立的な姿勢を固持。

そういう意味では、ヨルダンは難しい国の立地の中で、
うまく各国とのバランス(アメリカとの関係を含め)を取りながら、
平和路線を維持してきた国と言うことができると思います。

とはいっても、イスラム教国。
過激派によるテロの可能性は常にありますので最低限の用心は必要です。

しかし、基本的には「治安は良い」といってよいでしょう。


さて、観光スポットですが、
この国には世界的にも有名なぺトラジェラシュといった古代遺跡、
極めて濃い海水により、浮遊体験ができる死海
壮大な砂漠の大自然が堪能できるワディラム
など、実はみどころが満載。

その他では、旧約聖書で登場するモーセ終焉の地と言われるネボ山(Mount Nebo)。
キリスト教の聖地であり、敬虔な信者も多く訪れます。

国の最南端にはアカバというリゾート地があり、
世界最高のダイビングスポットの一つと言われています。

その他にも数々の史跡があり、特に歴史好きな人にはたまらない国だと思います。

こうやって挙げていくと、観光地として有名なのがわかるでしょ?
日本人にはマイナーな国だと思いますが、穴場の観光地として結構おススメです。

次回から、自分の訪れた
*死海
*ぺトラ
*ジェラシュ
について紹介したいと思います。

あと、それほどメジャーではありませんが、
ジェラシュに行ったついでに訪れたアジュルン城についてものちほど。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
    2. 管理人のみ閲覧できます

      2013/02/23(Sat) 13:50- [ URL|Mail ]

      このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    HTMHThHhさ