スポンサードリンク

Top Page > クラブワールドカップ > クラブワールドカップ 現地観戦記⑧
会場は表彰式へ。

IMG_0611_convert_20091222081931.jpg

バルセロナは表彰式用に、ホームのお馴染みのユニフォームへ
着替えて登場。

IMG_0609_convert_20091222081707.jpg

一方、3位になった浦項スティーラーズも再び登場しましたが、
バルセロナの選手たちの写真撮りまくり。。。
選手たちをバックに記念写真を撮っている選手もいました。

こういうのを見ていると、アジアと世界との差を痛感します。
仮にも3位になったプロ選手たちがまるでスターを見てはしゃぐ
子供のよう。。。
例えば、オリンピックで銅メダルの選手が、こんな風に
表彰式で金メダルの選手の写真を撮りまくるでしょうか。

まだアジアにはヨーロッパや南米のチャンピオンと同じ大会で
同じ土俵に立つ資格さえないのではないでしょうか。

そして、そんな浦項にアジア代表を譲ってしまった日本。
この差は永遠に埋まらないかにも思える、何ともやりきれない
シーンでした。

IMG_0616_convert_20091222082145.jpg

表彰式ではエミレーツ航空のスチュワーデス姿の女性たちも登場。
そういえばアブダビでやっているのに、エミレーツが協賛なんですね。

IMG_0617_convert_20091222082448.jpg

バルセロナの表彰のときに、金キラキンの紙吹雪みたいなのが
吹きあがり、きれいでした。
この演出は◎。

IMG_0618_convert_20091222082751.jpg

歓喜のバルセロナ。

IMG_0620_convert_20091222083021.jpg

ウイニングランで会場を一周。
実は、このときに大画面でグアルディオラ監督の泣いている
姿が映し出されていました。
本当に過密日程の中、この大会を制覇することは、
我々が想像する以上に大変なことだったのでしょうね。

そして、最後は、監督の胴上げで締めくくり。
実はここでカメラのバッテリーが切れてしまい、
胴上げの場面は取れず。

IMG_0624_convert_20091222083447.jpg

クラブワールドカップの歴史に残る名勝負となった
この試合。
奇しくも、アブダビの地でこんな試合を生で見ることが
できるとは思いませんでした。
本当に幸運でした。

日本のチームもいつの日か、こんな名勝負を繰り広げられる
ようになるのが来るのでしょうか。
ヨーロッパ対南米の好勝負の余韻に浸る一方で、
「日本はW杯、大丈夫なんだろうか??」とちょっと不安も
感じながら帰途につきました。

観戦記終わり。

にほんブログ村 海外旅行
にほんブログ村 中東情報

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


スポンサードリンク

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

 

カテゴリ

全記事一覧

お知らせ

ドバイの旅行情報
トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

ドバイ 旅行
フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

FC2カウンター

プロフィール

kentaro3787

Author:kentaro3787
たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

S:一生に一度は行きたい
A:訪れて損はなし
B:この地域に来たら行きたい
C:良いけど、省略可
D:行かなくてもいいかな
(まあ、基準は適当です。)

時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

HTMHThHhさ