スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > アジュルン城Top Page > ヨルダンのみどころ > アジュルン城
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    2011
    05
    08

    アジュルン城

    ジェラシュ遺跡を見て回るには半日もかからないので、
    朝から行って午前中で終了。

    さて、午後はどうしようかと思っていたら、
    ジェラシュまで乗せていってくれた運転手さんが
    「近くにアジュルン城というところがあるけど行く?」
    と言ってくれたので、せっかくだからじゃあいこか、ということで、
    足を伸ばしてアジュルン城へ。

    ジェラシュ遺跡沿いの大きな道路から横道に入り、山の方へ向かうと、
    遥か前方の山頂に、城らしき建物が。

    アジュルン城1
    わかります?

    「おー、あれかー!」と、ちょっと興奮する自分とは裏腹に、
    横に座る運転手さんがやや焦っている様子。

    「どうしたの?」
    迷った

    迷いました
    現地人でも迷うくらいのややこしい道のり。
    もしレンタカーで自分で運転していく、という人はご用心を。

    まあ、途中で歩いていたおっさんに道を聞きつつ、
    何とか無事に到着。
    (街のおっさんには英語は通じないのであしからず)

    アジュルン城3
    外から見ると、城というよりやや要塞のような佇まい。
    でも、何か趣きがありますな。

    要塞っぽいのもそのはず、ここは1184年にダマスカスとエジプトを結ぶ道を
    十字軍による攻撃から守るための城として建てられたそうで。

    アジュルン城4
    中は石に覆われた隠れ家的雰囲気。
    窓から入る光が眩しくて、ちょっと神秘的。

    アジュルン城5
    窓から外を覗くと、山の麓の景色が広がります。


    アジュルン城2
    城の屋上からの景色。
    一面のオリーブ畑とアジュルンの街並みが広がります。

    ちなみに、ヨルダンでは色々なところでオリーブの木が目につきます。
    というのも、アラブ料理にはオリーブオイルがつきもの。
    (オリーブ自体も出てきますね)

    実はオリーブ発祥の地はヨルダンなんですね。

    今は世界第10位のオリーブ生産国ですが、各家庭での消費量がすさまじいらしく、
    あまり輸出はしていないようです。

    でもヨルダンのオリーブオイルはかなり質がいいらしいです。
    お土産に一考もありかな?


    さて、アジュルン城。
    率直な感想は「思っていたよりええやないか」
    という感じですかね。

    屋上からの景色も爽快ですし、時間があれば行ってみるのもいいかと。

    おすすめ度:C (いいんですが、優先度はやや低いです。時間があれば、で。)

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ