スポンサードリンク

Top Page > ウィーンのグルメ > 美術館エリアで朝食を。
さて、イラっとした初日の夕食も何とか無事終わり、
いよいよ翌日からはウィーン観光のスタート!

といっても、ウィーンなんて貴族っぽい世界はよくわからん。。。

まあとりあえず「ウィーン」っぽく過ごせばええやないか、
ということで、朝から美術館エリアへ。

ウィーンと言えば「音楽の都」で有名ですが、ガイドブックによると、
ハプスブルグ家の帝都だったウィーンには、数え切れないほどの
美術館や博物館があり、一つの観光の目玉となっているらしいですな。

「よし、いっちょ美術館巡りでもやったるか!」

などという、高尚な意気込みが、美術に興味のない自分に起きるはずもなく

そもそも眠くなるしね

じゃあ、何でわざわざ美術館エリアへ足を運んだかというと、
朝食を食べるため

前夜にネットでウィーンのことを調べていたら、
「ウィーンの美術館エリアの朝食がうまい」って書いてあって、
それなら行くしかないでしょう、と。

まあ、たかだか朝食なんですが、
シドニーで"Bills"に行った時の記憶が未だに鮮烈で、
やっぱり旅行中1日くらい、特別な朝食にチャレンジしてみるものだ、と
最近は思っとります。

ウィーン 美術館周辺

ということで、今回足を運んだのは、
広大な複合美術館エリア・ミュージアムクォーター(MQ)
「世界十指に数えられる大規模なカルチャーエリア」らしいです。

ウィーン Cafe Restaurant HALLE 3
クンストハレという展示場の2階部分にある「カフェ・ハレ」へ。

中に入ると、常連客っぽいお洒落さんがうようよ。
店員さんもバタバタしていて、「空いてるところに座れば。」みたいな感じ。

ムム!このアウェー感は。。。
ドバイからのおのぼりさんとしては、少しばかり緊張状態に
(こういうところ、小心者。後でウィーンのカフェ自体、どこもこんなもんだと
わかりましたが、初日だしね。)

だって、オフシーズンの平日で、観光客みたいな人誰もいないし

めちゃめちゃラフな格好で、こんな美術館エリアに来て、
「場違いなアジア人だと思われてるんじゃないかな」とか考えるし

初めキョドりすぎて、予約済みの席に座ったし

とりあえずメニューをもらってそのまま若干オドオドしていたら、
店員さんが笑顔でオーダーを聞きに来てくれました。しかもちゃんと英語。

「おー、美術館エリアの気取ったオーストリア人でもなかなか親切じゃないか」
と勝手に勇気付けられて、元気回復。

無事、朝食にありつけました。よかった、よかった。


で、そんなことより肝心の朝食。

ウィーン Cafe Restaurant HALLE 2

パンがうまい、ハムがうまい、フルーツがうまい、半熟卵がうまい。

やっぱりドバイとは違うなー。。。
特にパンとハム。

で、何より、ウィーンのこのエリアのカフェで朝食を食べていること
自体に充足感もあり。

シドニーのBillsもそうでしたが、「いかにも観光客向け」という感じが
全くないので、こういう店って場の雰囲気ごと味わえる気がして
いいですな。

Billsと違って味自体に驚きはないですが、場所も比較的便利な
場所にあるので、朝食好きは立ち寄ってみてもいいんじゃないでしょうか。

おすすめ度:B
(せっかくなら、こういったエリアで朝食を。
ただ、味自体はどうしても行くほどではないかな。でもおいしい。)

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


スポンサードリンク

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

 

カテゴリ

全記事一覧

お知らせ

ドバイの旅行情報
トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

ドバイ 旅行
フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

FC2カウンター

プロフィール

kentaro3787

Author:kentaro3787
たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

S:一生に一度は行きたい
A:訪れて損はなし
B:この地域に来たら行きたい
C:良いけど、省略可
D:行かなくてもいいかな
(まあ、基準は適当です。)

時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

HTMHThHhさ