スポンサードリンク

Top Page > ウィーンのみどころ > 王宮国立図書館
2011
07
10

王宮国立図書館

旧王宮の次に訪れたのは、スイス宮にある国立図書館

ここは、奥さんが当初から行きたがっていた場所ですが、
自分はというと、
「ウィーンまで来てなんで図書館見んとあかんねん」
と内心思いながら、若干渋々。

そもそも王宮自体に興味ないのに、その中の図書館やしね
俺の人生に絶対関係ないしね
でも、せっかく来て自分だけ外で待ってるのもね。

うーん。ま、行っとくか。

ウィーン 王宮図書館1
立派な建物。
建物の前の銅像の下では、現地の学生さんたちが
サンドイッチをかじりながら、勉強してました。

王宮国立図書館の前で勉強とはさすがウィーンの学生。
(勝手なイメージですけどね)

さっそく中に入ろうとすると、「観光用の入口は裏だよ」と。
王宮の外に出て、ぐるっと裏へ回ったところが入口ですので、
これから行く人がいればお気を付けを。

ちなみに、この王宮図書館、観光客が見られるのはたった1部屋

「1部屋見るのに、入場料まで取られるってどういうことやねん」と思いつつ
階段を上った先には。。。
(文句ばっかり書いてますが、それほど期待値は低かったんですよね。。。)


ウィーン 王宮図書館2
どーん!
というより、しーん。。。!

一部屋といっても、天井は高く、奥行きは長く、「ホール」といった感じですね。
部屋に足を踏み入れた瞬間、室内に張り詰めた荘厳な空気に包まれます。

いやー、この空間はすごい。

日常から全く隔離された別世界。
部屋の空気に圧倒されそうになります。

完全に完成された無駄のない空間。

ウィーン 王宮図書館4
本棚の奥には更に本棚。

書物を手に取って見ることはできず、ただ眺めるしかないわけですが、
こんな荘厳な本棚は生まれて初めてです。

ここ、ホーフブルグ(王宮)の中では、ダントツで良かったですね。
図書館ですが、全く侮れず。

「なんで図書館見んとあかんねん」なんて言ってごめんね。

おすすめ度:A(この荘厳な空気は圧巻。入場料を払う価値のある一部屋。)

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


スポンサードリンク

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

 

カテゴリ

全記事一覧

お知らせ

ドバイの旅行情報
トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

ドバイ 旅行
フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

FC2カウンター

プロフィール

kentaro3787

Author:kentaro3787
たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

S:一生に一度は行きたい
A:訪れて損はなし
B:この地域に来たら行きたい
C:良いけど、省略可
D:行かなくてもいいかな
(まあ、基準は適当です。)

時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

HTMHThHhさ