スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > 世界遺産一覧 ヨーロッパ(国名ア~オ)Top Page > 世界遺産一覧 > 世界遺産一覧 ヨーロッパ(国名ア~オ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    アイスランド(2)
    シンクヴェトリル国立公園
    スルツェイ島

    アイルランド(2)
    スケリッグ・マイケル
    ベンド・オブ・ボインの考古学遺跡群

    アゼルバイジャン(2)
    コブスタンの岩石画の文化的景観
    シルヴァンシャーの宮殿と乙女の塔がある城塞都市

    アルバニア(2)
    ベラトとギロカストラの歴史地区群
    ブトリント

    アルメニア(3)
    エチミアジンの聖堂と教会群およびスヴァルトノツの考古学遺跡
    ゲガルト修道院とアザト峡谷の上流
    ハフパットとサナヒンの修道院

    アンドラ(1)
    マドリュウ・ペラフィタ・クラロー渓谷

    イギリス(27)
    アイアンブリッジ峡谷
    ウエストミンスター・パレス、ウエストミンスター寺院、聖マーガレット教会
    エディンバラの旧市街と新市街
    王立植物園キュー・ガーデン
    カンタベリー大聖堂、聖オーガスティン修道院、聖マーチン教会
    グウィネズ地方のエドワード1世ゆかりの城郭と市壁
    グリニッジ海事
    コンウォールと西デヴォンの鉱山景観
    ゴフ島とイナクセサブル島
    新石器時代の遺跡の宝庫オークニー
    ジャイアンツ・コーズウェイとコーズウェイ海岸
    ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群
    セントキルダ
    ソルテア
    ダウエント渓谷の工場群
    ダラム城と大聖堂
    ドーセットおよび東デヴォン海岸
    ニュー・ラナーク
    バース市街
    ファウンティンズ修道院跡を含むスタッドリー王立公園
    ブレナム宮殿
    ブレナヴォンの産業景観
    ヘンダーソン島
    ポントカサステ水路橋と運河
    リヴァプール-海商都市
    ローマ帝国の国境界線
    ロンドン塔

    イタリア(45)
    アクイレリアの考古学地域とバシリカ総主教聖堂
    アグリジェントの考古学地域
    アッシジの聖フランチェスコのバシリカとその他の遺跡群
    アマルフィターナ海岸
    アルベロベッロのトゥルッリ
    ウルビーノの歴史地区
    エオリエ諸島(エオーリアン諸島)
    オルチャ渓谷
    カステル・デル・モンテ
    カゼルタの18世紀王宮と公園、ヴァンヴィテリの水道橋とサン・レウチョ邸宅
    クレスピ・ダッダ
    サン・ジミニャーノの歴史地区
    サヴォイア王家王宮
    シエナの歴史地区
    シラクーサとパンタリカの岩の墓
    ジェノバ:新道とロッリの館群
    チェルヴェテリとタルクィニアのエトルリア墳墓群
    ティヴォリのヴィッラ・アドリアーナ
    ティヴォリのヴィッラ・デステ
    ドロミーティ山群
    ナポリの歴史地区
    ノート渓谷(シチリア島南東部)の後期バロック都市群
    バルーミニのス・ヌラージ
    パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)
    ピエモント州とロンバルディア州の聖山群
    ピエンツァ市街の歴史地区
    ピサのドゥオモ広場
    フィレンツェの歴史地区
    フェラーラ:ルネッサンス都市とポー・デルタ
    ペストゥムとヴェリアの考古学遺跡とパドゥーラの僧院があるチレント・ディアーナ渓谷国立公園
    ポルトヴェーネレ、チンクエ・テッレと諸島(パルマリア、ティーノ、ティネット)
    ポンペイ、ヘルクラネウム、トッレ・アヌンツィアータの考古学地域
    マテーラの岩穴住居と岩窟教会群の公園
    マントヴァとサッビオネータ
    モデナの大聖堂、市民の塔、グランデ広場
    モン・サン・ジョルジオ
    ラヴェンナの初期キリスト教記念物
    レーティッシュ鉄道アルブラ線とベルニナ線の景観群
    「最後の晩餐」があるサンタ・マリア・デレ・グラツィエ教会とドメニコ派修道院
    ローマの歴史地区、教皇領とサンパオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂
    ヴァルカモニカの岩石画
    ヴィチェンツァの市街とベネトのパッラーディオのヴィラ
    ヴィッラ・ロマーナ・デル・カザーレ
    ヴェネツィアとその潟
    ヴェローナの市街

    ウクライナ(4)
    カルパチア山脈の原生ブナ林群とドイツの古代ブナ林群
    キエフの聖ソフィア大聖堂と修道院群、キエフ・ペチェルスカヤ大修道院
    シュトルーヴェの測地弧
    リヴィフの歴史地区

    ウズベキスタン(4)
    イチャン・カラ
    サマルカンド-文明の十字路
    シャフリサーブスの歴史地区
    ブハラの歴史地区

    エストニア(2)
    シュトルーヴェの測地弧
    ターリンの歴史地区(旧市街)

    オーストリア(8)
    ウィーンの歴史地区
    グラーツの市街- 歴史地区とエッゲンベルク城
    ザルツカン・マーグート地方のハルシュタットとダッハシュタインの文化的景観
    ザルツブルグ市街の歴史地区
    シェーンブルン宮殿と庭園群
    センメリング鉄道
    フェルトゥ-・ノイジードラーゼーの文化的景観
    ワッハウの文化的景観

    オランダ(8)
    Ir.D.F.ウォーダヘマール(D.F.ウォーダ蒸気揚水ポンプ場)
    アムステルダムのシンゲル運河の内側にある17世紀の環状運河地域
    アムステルダムの防塞
    キンデルダイク-エルスハウトの風車群
    スホクランドとその周辺
    ドローフマカライ・デ・ベームステル(ベームスター干拓地)
    リートフェルト・シュレーダー邸
    ワッデン海


    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ