スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > シェーンブルン宮殿Top Page > ウィーンのみどころ > シェーンブルン宮殿
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    ウィーンの中心部からは少し離れていますが、
    「ウィーン最大のみどころ」とも言われるのがシェーンブルン宮殿

    シェーンブルン宮殿2
    (ちょっと写真が暗くてすんません。)

    王宮(ホーフブルグ)に行ったと思ったら今度は宮殿ですか。。。
    ていうか、王宮と宮殿ってどう違うねん

    ということで調べたら、
    宮殿=天皇・国王などの住む御殿
    王宮=王の住む宮殿
    (Yahoo辞書より)

    ふむふむ、なるほど。。。そういう違いがあるのね。


    って、ほとんど一緒やないか!

    察するに王宮は一番偉い王が住んでいて、宮殿はそうとは限らない、って感じかな。
    まあ、どちらにしても、また苦手分野じゃ


    と、前置きはこのくらいにして、
    このシェーンブルン宮殿は、ハプスブルク家が夏の離宮として使用した宮殿。

    6歳のモーツァルトが、7歳の女帝マリー・アントワネットの前で演奏し、
    無邪気なプロポーズをした場所としても有名らしく。

    そして、1996年に世界遺産に登録されています。
    これはポイント高いね

    内部見学のツアーは2種類。
    22室を回るインペリアルツアーと、40室を回るグランドツアー。
    「もちろんグランドツアーだぜ♪」と言いたいところですが、
    ハプスブルク家に何のゆかりもない自分は、あっさりインペリアルツアーを選択。

    歴史にそれほど興味のない自分に40室はきついっす
    なんせ、ハプスブルク家と何のゆかりもないもんで。

    ここにも日本語のオーディオガイドがありまして、説明を聴きながら見学。
    インペリアルツアーは、基本的にフランツ・ヨーゼフとエリザベートの使用していた
    部屋を見て回ることになりますね。

    特に内容は印象に残っていません

    むしろ、印象に残ったのは、内部見学の後に行ったこの宮殿の広大な庭園

    シェーンブルン宮殿3

    東西約1.2km、南北約1kmという広大な緑の庭。
    いやー、スケールがでかい。

    ん?
    何か、買い物帰りのおばさんやジョギングしているおっさんがいますな。
    ここ、世界遺産の宮殿ですよね?

    などと不思議に思っていたら、
    どうもこの庭、一般開放されているようで、普通に付近の住民が歩いてます。
    何か郊外の公園のような雰囲気ですね。

    というより、実はこのシェーンブルン宮殿自体、
    公務員の庭付き賃貸アパートになっているらしく。

    そりゃ、庭にも一般人がいるわ。
    しかし、世界遺産の部屋を賃貸するとは。。。ウィーン、おそるべし。

    この日は早起きしてここまで来たので、若干疲れていた自分と奥さんは、
    ここのベンチでのどかにしばらく昼寝して帰りました。

    シェーンブルン宮殿4
    ベンチで昼寝しながら撮ったシェーンブルン宮殿。


    ちなみにここはウィーン随一の観光名所だけあって夏は混み合って
    入場待ちがあるようです。
    朝のうちから行った方がいいかもしれませんね。

    自分は4月に行きましたが、その時期でも昼からは少し混み始めていました。

    おすすめ度:B
    (世界遺産だし、ウィーン旅行では絶対に外せない場所でしょう。
    建物内部は、歴史好きの人でなければ、これといって感動はない。
    でも、世界遺産の宮殿を眺めながら、庭のベンチでのんびりっていうのは
    なかなか乙なもの。)



    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ