スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > ペーター教会でのオルガンコンサートTop Page > ウィーンのみどころ > ペーター教会でのオルガンコンサート
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    ウィーンといえば、音楽の都。

    ウィーン楽友協会ホールやオペラ座、フォルクス・オーバーなどの
    世界的に有名なコンサートホールや劇場が多く存在し、
    世界遺産シェーンブルン宮殿でもコンサートが行われています。

    ただね。。。
    オーケストラとかオペラとかバレエとかって、なんか敷居が高い

    慣れている人から言わせれば「そんなことないよ」と言われそうですが、
    自分みたいな、クラシックもオペラもバレエも観賞したことのない人間にはね。。。
    そもそも旅行者にはドレスコードもちょっと面倒だし。

    でも一応、ウィーンに来たなら「コンサート」と名のつくものに行っておきたいけど。

    ということで、ペーター教会の「オルガンコンサート」に行ってきました。
    まあ、ウィーン少年合唱団が歌うミサに参加したのと似たような動機ですな。

    1日に2回やっているパイプオルガンの無料コンサートです。

    ウィーン ペーター教会2
    ペーター教会はウィーンで2番目に古い教会らしく。

    ウィーン ペーター教会1
    荘厳なペーター教会の内装を眺めながら、教会に鳴り響くオルガンの
    調べを聴きます。

    ウィーン ペーター教会3
    天井画と採光窓。

    コンサート目的で行ったわけですが、オルガンの音色自体というより、
    このペーター教会の夜の荘厳な雰囲気が特筆もの。

    暗い教会内に窓から入ってくる夜空の微かな光。
    天井画、壁画に囲まれながら聴く教会中に響くオルガンの音。

    声を発するのもはばかられるような、異世界のような雰囲気に包まれます。

    ウィーン ペーター教会4
    パイプオルガン。
    目の前で演奏者を見るわけではなく、背後の2階での演奏となります。

    正直なところ、コンサート自体はオルガンのみなので、
    そんなに面白いものではないです。

    むしろ、「オルガンの音色に包まれながら、夜のペーター教会を見学する」
    のがメインという感じですね。

    おそらく、昼間見学するのとは全然雰囲気が違うでしょう。
    個人的には「これぞ、教会見学!」というくらい良かったです。
    (ニュアンス、伝わらないだろうけど。。。)

    それに、助かるのが、途中退場も自由なところ。
    さすがにオルガンだけをずっと聴き続けるのは自分にはきつい。。。

    出口で、チップを渡さなければならないので、小銭をお忘れなく。


    おすすめ度:B
    (コンサート自体というより、オルガンの音色に包まれた夜のペーター教会。
    「荘厳な雰囲気」にはしびれます。ウィーン中心部だし、ちょっと夜の部に
    行ってみるのはアリでしょう。)

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ