スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > ウィーンのグルメ編① ウィーンのカフェTop Page > ウィーンのグルメ > ウィーンのグルメ編① ウィーンのカフェ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    ウィーンの食といえば、有名なのはカフェですね。
    ガイドブックにも、「ハプスブルク家」の次くらいに「カフェ」が出てきます。

    17世紀後半から300年もかけて独自のカフェ文化が発展し、
    あのスターバックスでさえ苦戦しているのが
    このウィーンだそうで。

    そんなウィーンでカフェに行かない手はない、ということで、
    今回の滞在中、事あるごとにカフェを訪れました。
    なんだかんだで1日に1店くらい行ったかな。。。

    そんな中から気になった店を。

    まずはじめに、ウィーンで最も有名なカフェといえば、
    カフェ ザッハー(CAFE SACHER)でしょう。

    チョコレートケーキの王様と言われるザッハトルテ
    世界的に有名で、日本でも販売されています。

    ザッハートルテ2
    ホテル・ザッハーの敷居が高そうな店もあるけど、こんな通り沿いの気軽な店も。
    敷居高いの大嫌いな自分はもちろん、こっちに。
    食べるものは同じだしね。

    ザッハートルテ1
    出た!ザッハトルテ!

    一言で言うと、「普通にうまい。」
    「チョコレートケーキの王様」というほどかというと微妙だけど。
    クリームが甘くなくてうまい。

    とりあえず、本場でこれを食べた、というだけで満足。

    ただ、高級な方のカフェ・ザッハーはまた違うかもしれませんが、
    この店は、やや"観光客相手"という感じがあってミーハー感は否めず。
    ザッハトルテを気軽に食べる目的なら是非。

    続いては、市庁舎の近くにあるCafe Central

    Cafe Central
    路地裏の、歴史を感じさせる佇まい。

    実はここは、ウィーン在住の知り合いの方に連れて行ってもらったんですが、
    話し込んでしまったので、中の写真撮り忘れました

    が、ここは、いかにも「昔ながらのカフェ」という雰囲気が良い!

    昔ながらといっても、内装は豪華。
    ウェイターの人も、程よくプロフェッショナルな感じで、安らげる空間。
    もちろん、ケーキもうまいです。

    次にCafe Schwarzenberg
    「シュヴァルツェンブルグ=黒い山」という意味だそうです。
    リンク内で一番古いカフェだとか。

    Cafe Schwarzenberg 1
    ここは大通りに面していて、中はやや慌しい感じ。
    ビジネスマンが商談に使っている姿もチラホラ見かけました。

    ザッハトルテ的なものは避けて、違うケーキに行きましたが、うまかった。
    ただ、やっぱり慌しさはあるので、居心地は微妙。


    ということで、この3つであれば、総合的には
    Cafe Central > カフェ ザッハー > Cafe Schwarzenberg でしょうか。
    (ザッハーは、「本場ザッハーでザッハトルテ」の価値込みで。)


    最後に、旅行中に気づいたウィーンのカフェの豆知識。

    1, ウェイターが気づいてくれることを期待しない。
    日本なら店に入れば、ウェイターが気づいて案内してくれますよね。
    そしてある程度したら、注文を取りに来てくれますよね。
    ウィーンでは期待しない方がいいです。一生放置になる可能性あります

    うっかりメニューももらえないことさえあるので、
    店員をがんばって呼び止めましょう。

    2, ケーキがわからなきゃ指差す。
    メニューには字しかなくてどんなケーキかよくわからない時は、
    ガラスケースまで行って、「これ」と指差せば大丈夫。
    有名なカフェの店員さんなら、このやり方にも慣れているはず。

    おすすめ度:B
    (カフェのためにウィーンを訪れるべき、とは思いませんが、
    ウィーンに行けば一軒は行っておきたいものです。)

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ