スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    2011
    08
    06

    カレル橋

    "塔"に興奮しすぎて、先に橋塔に登ってしまいましたが、
    主役のカレル橋自体についても触れておかなければなりませんね。

    カレル橋1

    カレル橋は、プラハを流れるヴルタヴァ川に架かる橋で、
    ヨーロッパに現存する最古の石橋です。
    ちなみに、ヴルタヴァ川はチェコで最長の川。

    この橋が完成したのは600年以上前の1400年。
    当時ここにかかっていた橋が洪水で流され、皇帝の命令で造られた由緒ある橋。
    実に50年もかけて造られたそうな。

    今は観光客でごった返すこの橋も、昔はプラハ城と市街をつなぐ重要な橋だったんですね。

    カレル橋2

    由緒ある橋らしく、橋の欄干には彫刻が並んでいます。
    その中でも、カトリックの聖人ヤン・ネポムツキー像(旧市街側から8番目)は
    特に有名で、台座のレリーフに触ると、幸運が訪れると言われているらしく。

    カレル橋3
    確か、これがヤン・ネポムツキー像。

    カレル橋4
    みんなが触っていくから、そこだけピカピカ、ツルツル

    奥さんもはりきって触っていました。
    今のところ幸運は訪れていなさそうですが。


    こんな由緒あるカレル橋ですが、昼間はアーティストの人たちが、
    似顔絵を売ったり、作品を売ったり、楽器を弾いたり、と
    観光客で賑わっています。

    カレル橋6
    色々変わったものも売っているので、見るだけでも楽しい。

    カレル橋5
    そして何といっても、目玉はここから眺めるプラハ城でしょう。

    プラハ城を遠くから眺めるには、この橋の上がベストスポットじゃないでしょうかね。

    いやー、素敵な橋だなー


    おすすめ度:B(素敵な橋です。でも、遠くから見るこの橋の方がもっと風情があるかな。)

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ