スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > プラハでタイマッサージTop Page > プラハのみどころ > プラハでタイマッサージ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    プラハを歩き回って思ったこと。

    「石畳、侮れず」

    ええ、これまでの記事でもたびたび書いてまいりましたよ。

    プラハに到着!さて。。。
    ミュシャ美術館
    プラハ城周辺の街並み
    ストラホフ修道院

    歩いた距離だけなら、タスマニアのトレッキングでもそれなりに歩いたし、
    他の旅行でもそれなりに歩いた気がしますが、プラハでの足の疲れ方は
    ちょっとレベルが違う。。。

    石畳の固さもそうですが、デコボコしている道の形状が、
    予想以上に、足に負担を与えるのでしょうね。

    プラハ 石畳
    憎き、プラハの石畳

    ストラホフ修道院への坂道上りでとどめをさされた自分の足は
    もうほぼ単なる"棒キレ"

    もう歩けまへん。。。

    そんな自分が旅行中、目をつけたのが、タイマッサージ

    プラハって驚くほどたくさんタイマッサージ屋があるんですよね。
    おそらく、石畳の観光地という土地柄、結構、需要があるのでしょう。

    とりあえず、有名そうなチェーン店が良かろう、ということで、
    向かったのは、旧市街広場近くの『THAI WORLD CZ』。

    プラハ タイマッサージ1

    若干怪しげなビルを2階に上っていってドアを開けると、
    突然、屈強な黒人が登場
    (普通の黒人じゃなくて、あきらかに"屈強な"黒人。)

    思わず、「うわ!」と後ずさりましたが、
    どうも彼はマッサージ屋の受付らしく、
    「マッサージですか?どのコースにしますか?」と普通に対応してくれました。

    想像ですが、屈強な黒人を受付に据えているのは、
    タイマッサージと聞いて、エロを期待する人がいるからでしょう。
    (だって、でかでかと"No Eros"って書いてあったし

    しかし、この店、何か明らかに変な匂いがする。。。

    もう、単なる観光客にとっては、かなり怪しい雰囲気が充満しているわけですが、
    「ここまで来て引けるか!」と覚悟を決めて、
    タイマッサージ60分を選んで、案内されるがまま奥へ進みます。

    薄いカーテンに仕切られた空間で待たされて5分ほどすると、、、

    タイ人の兄さんとおばさん登場!

    おお、ついにタイ人と遭遇。待ってたよ
    そして、おばさん、何かいい人そうだ。
    ほっと胸を撫で下ろす。

    そこからは普通にマッサージ。
    まあ、いわゆる指圧マッサージですね。ちゃんとしています。

    「うつぶせ」とか「みぎ」とか「ひだり」とかカタコトの日本語もできて一安心。
    途中からは、気持ちよくて寝てしまうくらいでした。
    (奥さんは、熟睡してた。)

    日本やドバイのマッサージに比べると値段もリーズナブル。
    価格はこんな感じ→Price List

    他に役立ちそうな情報としては、
    *Tシャツと半パンツが用意されていて、それに着替えることになります。
    *女性でも男性マッサージ師が出てくることもありますが、「女性がいい」と
    希望すれば替わってくれます。
    *チップは少し渡した方がベターだと思いますが、向こうから要求はしてきません。
    自分の場合は終わってすぐ次のお客さんに行ってしまったので、渡せず。

    まあ、色々ありましたが、
    終わった後の感想は、「プラハでタイマッサージも、ええやん

    プラハで身体がガタガタになった人、おススメです。

    おすすめ度:B
    (中は汚いけど、ちゃんとしたタイ人のマッサージ。
    疲れた身体も少しは回復するはず。プラハの石畳にはマッサージで対抗!)

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ