スポンサードリンク

Top Page > プラハのこと > 帰りの列車。そしてウィーンとプラハを振り返る。
プラハ旅行を終え、列車で再びウィーンへ。

帰りの列車も行きと同じ2等車でしたが、今度は個室制ではなく座席制。
(日本の新幹線みたいなもんですね。)
※ちなみにウィーン→プラハは個室制でした。→ウィーンからプラハの列車

列車によって、個室制か座席制かは変わるのかもしれませんね。

プラハからウィーンまでの電車1
車内はこんな感じ。
きれいだし全然問題ないです。
シーズンオフの4月なので、それほど混んでいませんでした。

ただ、心配はやはり大荷物
個室制でないとなると今度こそやばいかな、と思いきや。。。

プラハからウィーンまでの電車2
シンパイナイヨ

座席と座席の間のスペースがかなり大きくて、
スーツケースもすっぽり。

このスーツケースは相当でかいんで、
大概のスーツケースは大丈夫だと思います。

いやー、ウィーン⇔プラハ間に限らないけど、
ヨーロッパの電車っていいっす

車窓からの景色もかなり風情があるし。

プラハの車窓から1

プラハの車窓から2

うむ、やっぱり風情がある

もちろん値段次第ですが、飛行機よりも費用が安ければ、
旅行の機会があれば、また電車移動を選びたいなー、と思います。

そして、Wien Meidling駅から空港へのバスへ飛び乗り、
帰路につきました。


さて、ウィーンとプラハの旅を終えて感じた印象を振り返ると。。。

ウィーンは、「お高くとまった街」
プラハは、「観光地という自覚を持った街」
という印象でした。

まあ、どちらも悪い意味ではなくて、
ウィーンは、
「俺たちはウィーンだ!」という風格のようなものがどこかあって、
それが音楽だとかカフェだとか、歴史ある文化を築いているんだと
思います。
でも、観光客に対しては、あまりやさしくない街かな。

プラハは、
ウィーンよりかなりカジュアルな雰囲気で、観光客も巻き込んだ
親しみやすさのようなものがあり、街自体も良い意味でこじんまりと
まとまっています。
でも、街として、ウィーン的な風格はあまりないかな。


個人的には、プラハの方が好きです。
プラハは、これまで行ったヨーロッパの中でもかなり居心地のよい
街だったような気がします。


おすすめ度:なし
(帰りの列車はかなり疲れて寝ていまして。。。)


では、これにてプラハ旅行記終了!


スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    HTMHThHhさ