スポンサードリンク

Top Page > ドバイのホテル > アルマハリゾート & スパ - 到着から部屋まで -
続いて、このアルマハリゾートの詳細へ移ります。

まず、ドバイ中心部からアルマハリゾートまでの道程ですが、
さすが高級リゾートホテルだけあって、
希望の場所まで高級車でお迎えが来てくれます。
(確か別料金)

私はドバイ在住なので、自分の車で行きました。
Dubai-Al Ain Roadを1時間半ほど砂漠の方に車を走らせると、
"Al Maha Desert Resort & Spa"の標識が見えてきます。

ただ、砂漠の真っ只中のリゾートだけあって、
小さな標識があるだけで、地図を持っていないと見過ごして
しまいそうなくらい、わかりにくかったです。

ゲートに着くと、四駆でのお迎えが来て、
再びヴィラまで砂漠の中を走ります。
迎えに来てくれた従業員は南ア出身の白人。
もともと、南アの国立公園で働いていたとか。。。

車の中で、申し込むアクティビティーを選びます。
その日の夕方のアクティビティーもあるので、
事前に希望を考えておいた方がいいと思います。


ところで、このリゾートの内容ですが、
1泊2日の場合、朝・昼・晩の3食+2種類のアクティビティー
ついてきます。

ですので、夏場の価格水準くらいなら、
食事代、アクティビティー代を考えると、
そこまでべらぼうに高いわけではない、というわけです。

選べるアクティビティーの種類ですが、
* Cemel Ride(ラクダ乗り)
* デザートサファリ(車で砂漠巡り)
* Horse Ride(乗馬)
* アーチェリー
* 鷹狩り
* ネイチャーウォーク(砂漠の動物・植物観察)
の6種類。

私はCamel Rideと鷹狩りを選びました。

ゲートから車で走ること10分程度。
いよいよアルマハの建物へ到着。

受付周辺はこんな感じ。
CIMG0832_convert_20100119211046.jpg

ウェルカムドリンクを飲みながらチェックインを済ませると、
カートで自分の部屋まで連れて行ってくれます。
(全室ヴィラタイプなので、部屋は外です。)

Al+Maha+Room_convert_20100119212856.jpg
入り口はこんなコテージ的なたたずまい。
(人の写っている部分を切り取っています。)

部屋の中はこんな感じです。
広い。。。
CIMG0683_convert_20100119224229.jpg

風呂もでかい。(シャワー室は別)
CIMG0684_convert_20100120000403.jpg

各種の紅茶など、飲み物類も充実。
CIMG0686_convert_20100120000947.jpg

そして、圧巻は部屋についているプール!
CIMG0688_convert_20100120152631.jpg
砂漠を眺めながらプールで泳げる機会はそうはないでしょう。

CIMG0697_convert_20100120154120.jpg
水面と砂漠と青い空。

さらに驚いたことに、
プールの傍らに鹿みたいな動物が突然出現!
この動物は"オリックス"といって、
この地区で自然保護されているそうです。
CIMG0701_convert_20100120153342.jpg

人慣れしているのか、近づいても逃げません。
十分プールサイドをうろうろした挙句、飽きたのか帰っていきました。
CIMG0705_convert_20100120153637.jpg

このように、部屋も自然と一体化した様相で、
本当にゆったりとした時を過ごすことができるところです。

一度ここへ来ると、砂漠へのイメージも変わるかもしれません。

この後はいよいよアクティビティーですが、
長くなりすぎたので、別の記事にします。

<続きの記事>
アルマハリゾート -アクティビティー-

にほんブログ村 海外旅行
にほんブログ村 中東情報

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


スポンサードリンク

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

 

カテゴリ

全記事一覧

お知らせ

ドバイの旅行情報
トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

ドバイ 旅行
フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

FC2カウンター

プロフィール

kentaro3787

Author:kentaro3787
たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

S:一生に一度は行きたい
A:訪れて損はなし
B:この地域に来たら行きたい
C:良いけど、省略可
D:行かなくてもいいかな
(まあ、基準は適当です。)

時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

HTMHThHhさ