スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > アルマハリゾート & スパ - アクティビティー-Top Page > ドバイのホテル > アルマハリゾート & スパ - アクティビティー-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    いよいよアクティビティーです。

    1泊2日で2つのアクティビティーですので、
    夕方に一つ、翌朝に一つというのが一般的かと思います。

    まず夕方にCamel Ride(ラクダ乗り)へ参加。

    案内人に付いて参加者全員で砂漠の方へ向かうと、
    アラブ衣装に身を包んだ男たちとラクダが待ち構えています。
    CIMG0733_convert_20100121051842.jpg

    ずらっとラクダ。
    前後のラクダはロープで繋がれていて、一列で座っています。
    CIMG0734_convert_20100121052158.jpg

    そして、ラクダに乗って砂漠へ向かいます。
    夕陽をバックに、砂漠の中ほどへ。
    CIMG0749_convert_20100121052551.jpg

    しばらく歩いて中ほどまで行くと、
    何やら丘になっているところに人が待っています。

    ラクダを降りて近づいてみると、待っていたのはシャンパン。
    CIMG0757_convert_20100121052847.jpg

    砂漠ではしばらく自由時間があり、一面の砂漠を楽しめます。
    砂漠の真ん中でシャンパンを飲みながら沈む夕日を見るというのも
    乙なものです。
    素晴らしい経験でした。


    続いて翌日、早朝から鷹狩りのアクティビティーへ。
    日が昇る前から四駆に乗って砂漠へ向かいます。
    CIMG0809_convert_20100122065132.jpg

    砂漠の中ほどには人数分の椅子が用意してあって、
    インストラクターが鷹狩りを見せてくれます。
    CIMG0780_convert_20100122064456.jpg
    まず鷹狩りの説明から。

    CIMG0769_convert_20100122062440.jpg
    インストラクターが先に肉のついた長いロープを投げ、
    鷹がそれを追います。

    CIMG0798_convert_20100122063454.jpg
    近くで見ると目がぎょろっとしてますね。

    CIMG0807_convert_20100122070437.jpg
    続いてフクロウも登場。
    こちらは鋭い目をしています。

    最後は鷹を腕に持たせてくれて、
    写真を撮ってくれます。
    これも、他では経験できないアクティビティーでした。

    いやー、ここのアクティビティーはさすがに趣向がこらされていて
    両方素晴らしかったです。


    以上でアルマハの紹介を終わりたいと思います。
    ここでは割愛しますが、もちろん食事なども充実しています。
    特にディナーは美味しかったです。

    トータルで考えると、
    時期を選べば、結構お値打ち感があるんじゃないでしょうか。

    お勧め度ですが、やはり宿泊料金の問題がありますので、
    下記のようにしました。

    お勧め度:ご予算次第
    <ピークシーズン>
    B~C(これがなくてもドバイは楽しめるという意味で。)
    <オフシーズン>
    A(オフシーズン価格でご予算が許すなら一泊おススメ!)

    にほんブログ村 海外旅行
    にほんブログ村 中東情報

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ