スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > スペイン旅行前とマドリッド空港の豆知識Top Page > スペイン旅行と旅行前の豆知識 > スペイン旅行前とマドリッド空港の豆知識
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    旅行記の前に、スペイン旅行の豆知識を少し。

    まあ、「豆知識」というほどでもないのですが、
    実際自分が少しばかり困ったことについて書いておきましょう。

    まず、両替

    これはスペインに限らず、海外旅行でいつも気になることですが、
    現地通貨(スペインの場合はユーロ)をどこで換えるのがいいか、ですね。

    結論から書くと、日本で(自分の場合はドバイで)換えるのがいいと思います。

    自分は今回、ユーロの両替は現地でやった方が得じゃないか、と思って、
    最低限のユーロだけ持って、残りはドルで持って行きました。
    (ドバイ旅行の場合は、UAEディルハムを入手するには圧倒的に現地が得なんですよね。
    → 詳しくはドバイの通貨事情をご参照。)

    しかし、これが大失敗

    空港の銀行で換えようと思ったのですが、
    スペインでは銀行が午後2時までしか開いていません
    自分が空港に着いた時には既に閉まっていて。。。

    そして、空港にしても、街中にしても、
    両替所のレートはかなり高いところが多い

    結局、街中の銀行で換えたのですが、
    銀行も手数料がそれなりに高いので、日本で換えるよりすごく得、
    ということはあまりないと思います。
    旅行前に日本の銀行が換えるのが良さそうです。


    ついでにクレジットカードについて書いておきましょう。

    マドリッド、バルセロナでは、
    ほぼあらゆるところでクレジットカードが使えます
    電車もカードで乗れます。

    スペイン 切符販売機
    この販売機でクレジットカード使用可。
    どこの駅でも大概この種の販売機があります。
    写真は、マドリッド空港第4ターミナル駅。ユーロがなくてもホテルまで行けます。

    カードを使えなかったので覚えているのは、市場とトレドのカテドラルくらいかな。
    (市場は混んでるし。トレドのカテドラルは、「現金のみ」と言われました。)

    多額の現金をあまり持ち歩くのも危ないでしょうから、
    できる限りカード決済がよいのではないかと思います。

    ただし、デパートやスーパーでクレジットカードを使用する際は、
    パスポートの提示を求められます。

    「スペインは治安が悪いからパスポートは持ち歩くな」という注意を目にすることが
    ありますが、全て現金払いで済ます人以外はパスポートは持ち歩いた方がいいでしょう。
    (ちなみに、銀行で両替する際も、パスポートの提示を求められます。)


    最後に、電車の予約

    今回はマドリッド⇔トレド、マドリッド⇔バルセロナ間で電車を使いました。
    スペインの長距離電車移動の場合、指定席を買う必要があります。
    (自由席、というものがないんですね。)

    電車の予約は"RENFE" (Renfe: Red Nacional de los Ferrocarriles Españoles) という
    スペインの電車会社のページからできるのですが、
    なぜか、ほとんどのクレジットカードが拒否されます
    オンライン予約やのに、なんでやねん

    どうも、このHP自体の不具合らしいですが。
    たまに、うまく行くカードもあるらしいですが、自分は5枚ほど試して全部ダメでした
    RENFE、何とかせえよ。。。

    他に、Rail Europeからも予約できますが、それなりの手数料を取られます

    今回、マドリッド⇔バルセロナはこのサイトで取りましたが、
    マドリッド⇔トレドは、RENFEから取るのとRail Europeから取るのとでは
    倍くらいの差があり、さすがにちょっとバカバカしいな、、、と。

    迷った挙句、トレドへの電車については、現地で切符を買うことにしました。
    ただ、ネットによるとシーズン中の駅の切符売り場は長蛇の列という話も。。。

    まさか買えない、なんてことはないよな。。。
    という一抹の不安を抱えつつ、スペインへ。

    でも、結果的には全く問題なし

    マドリッド空港に着いて、RENFEの窓口を発見。

    RENFE窓口 in マドリッド空港
    ターミナル4のRENFE窓口。

    しかも、ガラガラ。
    おそらく、「空港で、電車の切符を買う」という発想があまりないのでしょうね。
    (まあ普通、あまり考えないわな。)

    ここは結構穴場じゃないでしょうか。
    もちろん、RENFEの公式な窓口なので、無駄な手数料などは取られません。
    ほしい切符が決まっている人はここで買ってみてはどうでしょうか。

    ただし、窓口の人はある程度英語はできますが、そこまで流暢ではありませんし、
    こちらがカタコトの英語だと、コミュニケーションが難しいかもしれません。

    RENFEのページをプリントアウトしたり、買いたい電車の番号と時間を紙に書いて
    おいたりして、渡すのが一番手っ取り早いと思います。

    ご参考にどうぞ。

    ちなみに、マドリッド⇔バルセロナの方は、
    Rail EuropeとRENFEのサイトでそれほどチケットの価格差はありませんでした。

    Rail Europeは日本語にも事務所があって、サイトも当然日本語対応になっているので、
    言語にそこまで自信のない人は、そちらでの予約の方をおすすめします。

    レイルヨーロッパジャパン
    「レイルヨーロッパ」はフランス国鉄とスイス連邦鉄道の合弁会社で、
    ヨーロッパ各国の鉄道チケットや鉄道パスを全世界に販売。
    日本からヨーロッパの鉄道チケットを予約するには鉄板のサイトです。


    以上、スペイン旅行の豆知識でした。


    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ