スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > プラド美術館Top Page > マドリッドのみどころ > プラド美術館
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    2011
    08
    29

    プラド美術館

    マドリッドのみどころといえば、やはりプラド美術館でしょう。

    スペイン プラド美術館3

    「3万点以上の絵画や彫刻を所蔵」
    「年間250万人もの人が訪れる」
    「世界を代表する美術館の一つ」
    「スペインの三大巨匠・ゴヤ、エル・グレコ、ベラスケスの作品を一挙に集めた場所」
    などという話を聞けば、
    美術館が苦手な自分もさすがに無視することはできません

    マドリッドを訪れれば、行っておかなければならない場所でしょうね。

    超有名美術館だけあって、いつも混んでいるようなので、
    少し早起きして、9:30頃に美術館へ到着。

    スペイン プラド美術館2
    ある程度並ぶことも覚悟していたんですが、ほとんど列はなし。
    若干拍子抜けするくらいのガラガラぶり。

    朝のうちは空いている、ということもあるのでしょうが、
    どうもマドリッドは最近、色々な建物の改修作業に入ってるようで、
    観光客も少し減っているみたいですね。
    (マドリッドのレストランの方に聞いた話ですが。)

    スペイン プラド美術館4
    プラド美術館の傍らにも美しい教会(?)がありますが、残念ながら工事中。
    この教会はすごく綺麗で、プラド美術館に入る前、思わず目を奪われました。

    さて、チケットには、
    「特別展に入れるもの」と「入れないもの」がありましたが、
    自分にとっては常設作品だけで十分なので、特別展に入れない方で。
    大人一人=10ユーロ。(カードでの支払可)

    スペイン プラド美術館1
    美術館入口。"MUSEO DEL PRADO"="プラド美術館"ですね。
    入るときには、飛行機に乗る時のような持ち物チェックがあって、
    大きな荷物は預ける必要があります。

    写真撮影不可なので、内部の様子は写していませんが、とにかく広い
    全部くまなく見ていたらキリがない

    ガイドをつけたりしないのであれば、
    ガイドブックを頼りに有名な絵画を押さえていく、というのがよいかと。
    自分は「地球の歩き方」を頼りに、書いてある通りに回りました。

    ただし、このプラド美術館、レイアウトが頻繁に変わるらしく、
    ガイドブックに載っている絵画の場所は正しいとは限りませんのでご注意を。

    館内に置いてあるパンフレット(日本語版はありません)の方が情報が正確だと
    思いますので参考にしてみてください。


    さて、肝心の絵画の方ですが、、、
    やっぱり自分のような素人が見てもすごいですよ。
    美術に全く興味のない自分でも、歴史の教科書で見たことのあるような絵が
    かなりあって、さすが「世界を代表する美術館」。

    ただ1枚1枚に関しては、やっぱり自分には良し悪しはわからないけど。。。
    (教養と感受性がなくてごめんよ

    といっても、これだけで終わると、めちゃめちゃ薄っぺらいやつと
    思われそうなので、自分のような素人でもわかる絵について1枚だけ
    触れておきます。

    プラド美術館 ラス・メニーナス
    ベラスケス作「ラス・メニーナス」。

    このプラド美術館で最も有名な絵ですかね。
    本当にすばらしい不朽の名作。。。かどうかは自分にはわかりませんが、
    この絵に関して自分が驚いたのは、
    あのピカソがこの絵に基づく連作を58作も描いたということ。

    もっとわかりやすく言うと、ピカソが58回もこの絵を真似した
    ということですね

    歴史上最も有名といってもいい画家が、そこまで病的なくらいこの絵の
    研究に取り組んだ。。。その事実だけでも、この絵のすごさがわかります。

    これに関しては、バルセロナのピカソ美術館で詳しく説明されていますので、
    興味のある方は是非。

    おすすめ度:B
    (ちょこちょこ「お!これ見たことある!」みたいな絵が見られますし、
    よくある「昔の貴族の絵」とか「キリストの絵」ばかりでなく、
    遊び心のある絵も混じっていて、あまり退屈しませんでした。
    ちなみに、自分にとっては"美術館の最高ランク"がBです。)

    Museo del Prado(プラド美術館)
    開館時間:9:00~20:00
    閉館日:月曜、1月1日、5月1日、12月25日
    見学料金:10 ユーロ


    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ