スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > ドバイのお酒事情Top Page > ドバイお役立ち情報 > ドバイのお酒事情
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    2010
    01
    31

    ドバイのお酒事情

    今回はドバイでの飲酒について。

    アラブの国々は基本的にイスラム教ですので、
    飲酒が禁止されています。

    といっても、中近東諸国でも国によってその厳しさは様々で、
    サウジやクウェートなど、あらゆる場所で飲酒自体が違法な国もあれば、
    オマーンのように普通に街中のレストランで飲める国もあります。

    ドバイは、大体その中間くらいで、
    多くのホテルや一部モール内のレストランでは飲酒が可能ですが、
    それ以外の公共の場所では、禁じられています。
    (飲めるところでもやや値段は高いですが)

    居住者の場合は、手続きをしてリカーライセンスを取れば、
    街中のリカーショップで自由にお酒を購入することができますが、
    手続きも面倒なので、実際リカーライセンスを持っている日本人は
    割と少ないかもしれません。

    では、ドバイで働く日本人が、どうやって家で飲むお酒を
    調達するかというと、要は外から持ち込むんです。

    実は、ドバイにはお酒の持込みが可能。
    そもそも、ドバイ国際空港に到着して空港の外に出る間際の
    Buggage Claim(預け荷物がぐるぐる回るやつ)の前には、
    免税店があって、山ほどお酒を売っています。

    逕サ蜒・109_convert_20100131211459
    写真はTerminal1のものですが、Terminal3にもお店はあります。

    逕サ蜒・104_convert_20100131212047
    種類もビール、ワイン、ジン、ウォッカ、テキーラなど充実。

    税金がかからない分、全般的に値段も安いです。

    ドバイ在住の知り合いがいるような場合は、
    ドバイに着いて空港を出る前にちょっと免税店に寄って、
    ビールなんかを買っていってあげると喜ばれるかもしれません。

    もちろん、他国から持ってきたお酒も持ち込み可能なので、
    日本酒や焼酎なんかを日本からお土産に持ってくるというのも
    良さそうです。

    日本酒や焼酎も、ドバイの日本食屋さんで飲めるのですが、
    基本、現地で手に入らないので、やっぱりものすごく高いんですよね。

    ちなみに、自分はほとんどお酒を飲まないので、
    奥さんがたまに飲む用とか、お客さんが来たとき用のビール、ワイン
    なんかを空港の免税店で買って帰る程度です。

    にほんブログ村 海外旅行
    にほんブログ村 中東情報

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ