スポンサードリンク

Top Page > ドバイお役立ち情報 > ドバイのタバコ事情
お酒事情について書いたので、
ドバイのタバコ事情についても少し触れておきます。

昨今、ドバイでも喫煙に対する風当たりは徐々に強くなっており、
空港、ホテル、レストランなどでも、喫煙場所(もしくは喫煙席)
でしかタバコが吸えない状況になってきました。

それでも、建物から一歩外に出れば、大抵灰皿がありますし、
灰皿のないところでも屋外ならば喫煙OKというのが
一般的な認識です。

アラブはシーシャ(水タバコ)が嗜好品として一つの文化であり、
アラブ料理店では必ずといってよいほどシーシャが用意されていますので、
タバコに対する一定の理解はある、というわけです。

ただ、場所によっては喫煙がはばかられるところもあると思いますので、
そういう場合は、従業員に"Where can I smoke?"と聞いてみるとよいと
思います。
必ず近くに喫煙できるところがあるはずです。


そしてもう一つ。
あまりクローズアップされませんが、
ドバイでは、タバコの価格が先進国に比べて非常に安いんです。

街中でも1箱=200円くらいだったと思いますが、
空港の免税店になるとさらに激安。

逕サ蜒・106_convert_20100131212513
写真のMalboroの場合、1ダース=57ディルハム(1500円弱)。
1箱に換算すると、1箱=125円弱になります。

日本では、タバコ税の増税検討がかなり話題になっていますが、
現在のところ、ドバイではそういった予定はなさそうです。

日本なら現行でも1箱=300円くらいですから、
ドバイでの値段は相当安いですよね。

さらに、ドバイの空港の免税店では、
よくここでしか変えない、限定バージョンを目にします。

逕サ蜒・107_convert_20100131212351
写真は先週買った"Malboro Limited Edition"(限定版)。

これまでも、F1バージョンや、真っ黒バージョンなど、
期間限定の"Limited Edition"を目にしました。

喫煙者の方向けに、ドバイからの意外なお土産として
買って帰るのも面白いかもしれませんね。
興味のある方は、是非覗いてみてください。

にほんブログ村 海外旅行
にほんブログ村 中東情報

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


スポンサードリンク

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

 

カテゴリ

全記事一覧

お知らせ

ドバイの旅行情報
トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

ドバイ 旅行
フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

FC2カウンター

プロフィール

kentaro3787

Author:kentaro3787
たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

S:一生に一度は行きたい
A:訪れて損はなし
B:この地域に来たら行きたい
C:良いけど、省略可
D:行かなくてもいいかな
(まあ、基準は適当です。)

時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

HTMHThHhさ