スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > 旅行の豆知識:飛行機での座席の選び方(一人の場合 その2)Top Page > 飛行機での座席の選び方 > 旅行の豆知識:飛行機での座席の選び方(一人の場合 その2)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    飛行機での座席の選び方(一人の場合 その1)

    では、続いて中の「4列席」について考えていきましょう。

    飛行機 座席表

    ④4列席の通路側
    電車などでもそうですが、日本人は「真ん中寄りの席を嫌う」傾向があります。
    同じ通路側でも中の4列席より両端の3列席の方を選ぶ人の方が多いと思います。

    しかし、飛行機では実は中の4列席の方がおすすめです

    通路側の場合、面倒なのが自分より内側の人が「席を立つ」瞬間。
    その自分より内側の人が、4列席の場合、一人しかいません

    例えば、あなたが3列席の通路側、Cに座っている場合。
    内側のA,Bの人が席を立つたびに、邪魔をされます。

    しかし、4列席の通路側、例えばDに座っている場合、
    あなたの邪魔をするのはEの人だけです。
    Fの人はG側から席を立ちますからね。

    そして、もう一つ。
    これは経験則によるものなので定かではありませんが、
    4列席の方が、隣が空席の可能性が高いです。

    旅客には、一般的に夫婦やカップルなどの"2人組"のグループが多いわけですが、
    あらかじめCの席を予約しても、A,Bに2人組が入ってくる可能性が高いです。

    しかし、例えばあらかじめDの席を一人で予約した場合、他の2人組がF,Gに入ってきて、
    自分の隣のEが空席のままになる場合が結構あります。

    以上のような理由から、個人的にはこのポジショニングが一番良いと思います。

    個人的おすすめ度:◎


    ⑤4列席の中側
    4列席の中側は、もしかすると最も敬遠される席配置かもしれません。
    しかし、3列席の中側と比べると、そんなに悪くありません

    最もいいのは、席を立つ人に邪魔をされないところ。

    上に書いたのと同じ理屈ですが、
    自分がEに座る場合、Fの人はG側から席を立つので、自分が邪魔をされることはありません。
    これは、Bと比べて結構大きな差です。

    そして、もう一つは隣が空席である可能性が高いところ。
    (これも上と同じ理屈)

    もちろん、中側の席は好ましくないのですが、3列席の真ん中よりはいいでしょう。

    個人的おすすめ度:×


    ということで、個人的な好みの順番としては、④→③→①→⑤→②となります。
    睡眠重視派か、トイレ重視派かによっても変わってくると思います。


    では、続いて。。。

    2) 縦のポジショニング

    横に比べて、縦は比較的単純です。

    前の方がいいか、後ろの方がいいか。

    前の方の席であれば、早く飛行機から降りられます

    飛行機が着陸した後、自分より前の乗客たちが荷物を取って降りるのを、
    ずーっと待っているのは疲れますし、
    飛行機を降りた後のパスポートコントロールも混雑しがちなので、
    飛行機から早く降りられるに越したことはありません。

    ただし、前の方の席で一つリスクになるのは、
    「近くに赤ん坊がいる可能性が高くなること」です。

    一番前の真ん中の4列席は広くなっていてバシネットがあるため、
    中の4列席の一番前は、赤ん坊がいる人が座っている可能性が非常に高いです。

    赤ん坊の泣き声に悩まされることもありえますので、あまり前を指定すぎない方が
    個人的には良いと思います。


    一方、後ろの方の席のメリットは、前より空いていることが多いところ。

    航空会社は、前から乗客を埋めていく傾向があるようで、何も座席指定がない顧客に
    関しては、前の方で空いている席に入れていきます。

    前の方がかなり混んでいるのに、後ろの3-4列が誰もいない、なんてことさえあります。

    当然、前の方より後ろの方が隣が空いている可能性も高いわけです。

    まあ、満員のフライトなら結局同じことなんですけどね。


    一番前の席と一番後ろの席

    ただし、一番前、一番後ろだけは別格です。
    好みによりますが、自分なら一番前か一番後ろ、どちらかが空いていればそこを選びます。

    一番前の場合は、足を伸ばせます

    そして、中側の人が席を立つ際も、前が広いので、
    テーブルをしまう必要がありません

    もちろん、降りるときもエコノミーの中では一番早く降りられるわけですし、
    一番前を好む人はかなり多いです。


    しかし、実は自分が最も好きなのは実は一番後ろ。

    なぜかというと、フライト中、リクライニングを戻す必要がないから

    飛行機の中で食事が出る場合、後ろの人のためにリクライニングを戻す必要があります。
    しかし、一番後ろなら、後ろに壁しかないので、いちいち戻す必要がありません。

    そして、後ろの人を気にせず、リクライニングを倒すことができます
    自分は結構気を遣うタイプなので、これはかなりありがたいです。

    もちろん後ろに壁があるので、倒せる角度が他の席より限定的。
    これが嫌な人は、避けた方がよいでしょう。

    「少しでもいいから、後ろを気にせずリクライニングを倒したい」という人にはおすすめです。


    ということで、縦のポジショニングはかなり好みが分かれるところだと思いますが、
    個人的には後ろの方が好きです。
    (できれば、一番後ろ。)


    以上、一人の場合の座席の選び方の話でした。
    何かマニアックな記事になってしまいましたが、誰かの参考になればいいのですが


    ※なお、飛行機に乗る際のもう一つ大事な基礎知識が「マイレージ」についてですが、
    これは別の記事でまとめていますので、そちらをご参照ください。

    <参考記事>
    海外旅行で知っておきたいマイレージの基礎知識

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
    2. 2014/05/18(Sun) 18:00まり [ URL|Mail ]

      飛行機のるのが一人では初めてなのでとても不安です。飛行機の乗りかたがわからにいという始末で恥ずかしい(T_T)
      そしていろいろなことが気になります。すごく参考になります!ありがとうございます(*^^*)

    3. 大変助かりました(*^^*)

      2015/08/03(Mon) 11:17paris [ URL|Mail ]

      ドバイに1人で行こうかと迷い中で、
      ツアー以外で1人旅は初めてなので、
      とってもこのHPを見て心強くなりました。
      本当にありがとうございました。
      また、ちょこちょこと何回かに分けて詳しく拝見させていただきます。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ