スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > クフ王のピラミッドの内部に入ってみた。Top Page > カイロの見どころ > クフ王のピラミッドの内部に入ってみた。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    エジプトのピラミッドの中でも最大のものがクフ王のピラミッド

    エジプト ピラミッド1

    高さ138mで、現存する石造建築の中で世界最大です。
    実はこのクフ王のピラミッド、チケットを買って内部に入ることができます。

    毎日の入場人数は制限されていて午前、午後各150人ずつ。
    チケットはチケット売り場で買う必要があります。

    8時から並ぶのはしんどすぎるので、13時に行ってチケット窓口へ。
    果たして150人限定チケットが入手できるのか。。。

    と思ったら-

    ピラミッド チケット窓口
    。。。
    全然混んでない。。。

    まあ、民主化デモ発生以来、観光客が激減していることもありますが、
    現地の人に聞いてみても、土日でも13時に行けば全く問題ないそうです。

    まあ、勝手な予想ですが、
    ピラミッドのエジプト人のことなので、150人限定なんて言いつつ、
    売れるチケットは片っ端から売っているんじゃないでしょうかね。

    尚、チケットはピラミッドエリアに入るのが60LE、クフ王のピラミッド内部に入るのが
    100LE。
    受付の奴はすぐお釣りをごまかそうとするので、気をつけましょう。
    (ピラミッドにいるエジプト人は普通のエジプト人の10倍くらい性質が悪いと思いましょう。)


    そして、クフ王のピラミッドへ。

    ピラミッド 内部への入口
    中央の穴みたいなところから、中へ入ります。

    ちなみに、内部へのカメラ持ち込みは禁止。
    入口にいる見張りみたいな奴が「預かるから大丈夫」などとぬかしますが、
    ピラミッドのエジプト人は全員全く油断ならんので、わざわざ駐車場まで戻って、
    連れてきてくれた車の運転手に預けました。

    内部への入口まで行ってから戻るのは結構大変なので、気をつけましょう。

    撮影禁止だったので、図で内部を説明すると、

    クフ王ピラミッド内部
    ⑨から入って、⑪、③を通って、①まで入れます。

    中の通路は相当せまくて、決して快適ではないです。
    身をかがめて進む部分が多く、奥まで行くのは結構大変。

    で、ようやくたどり着いた①の「王の間」には石の棺桶みたいなのが一つあるだけ。

    中にはエジプト人のガイドが待っていて、少し説明してくれます。
    何だかよくわかりませんが、王の間では、
    「石の棺桶に入ってみろ」と勧められ、
    入ると「あーーー」と声を出してみろ、と言われ、
    その音が反響するのを、得意げに「すごいだろ」とどや顔。

    何がすごいのかはよくわからないけど、
    まあピラミッドの中で棺桶に入って声を出せただけで、まあいっか。

    さて、中も見たし、さあ戻ろう、、、と思ったら、
    ガイドが何やらごにょごにょ小声で話しかけてきます。

    。。。
    ガイドよ、お前もか

    押し売りは、ピラミッドのなかにもいた。

    しかも、いくら渡したか忘れましたが、チップを適当に出したら、
    「足りない。もっとくれ」と言い出す始末。

    もうここまで来ると、エジプト人根性って、見事だね


    ということで、ピラミッドの内部見学。
    せっかく行くなら入ればいいと思いますが、特にどうってことはないです。

    別に入らなくてもいいでしょう。

    おすすめ度:C
    (ピラミッドの中に入る、という意味でのおすすめ度です。
    別に入らなくてもいいと思います。)


    他のピラミッドとスフィンクス、そしてギザのピラミッド全体のおすすめ度については、
    次の記事で。

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ