スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > アルハディーラで行われるショーについてTop Page > ドバイのレストラン > アルハディーラで行われるショーについて
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    さて、ここからはアルハディーラで行われる
    ショーについて。
    さすがバブアルシャムスだけあって、趣向が凝らされています。

    ショーの開演は、大体20:00くらいから。
    初めは地味なアラブの歌などから始まるので、
    20:00くらいを目指して行けば、ちょうどメインのショーを
    食事しながら楽しむことができると思います。

    ショーの内容は、
    ①アラブの歌
    ②くるくる回るおじさん
    ③男と女の愉快な踊り
    ④ベリーダンス
    ⑤ラクダや馬を絡めた砂漠ショー
    といったラインナップ。
    (題名は勝手に私がつけました。)

    中でもこのレストラン独特なのが、②と⑤。
    ドバイでも他ではなかなか見られないと思います。

    では、順次紹介していきましょう。
    ①は大して印象的でもないので割愛します。
    ②ですが、カラフルな衣装を着たおじさんが、
    カスタネットを叩きながら、ひたすらクルクル回ります。

    IMG_0334_convert_20100207044830.jpg
    「クルクル回る」というと大したことなく聞こえますが、
    履いているスカートや、手に持っている小道具を駆使して、
    色々な見せ方をしてくれます。

    初めて見たときは結構驚かされました。

    IMG_0361_convert_20100207051944.jpg
    これはスカートを首のところまで上げて、体の回転で回す技。
    エリマキトカゲみたいですね。

    長時間ひたすらクルクル回ります。
    これだけまわって目が回らないのか心配になるほどです。

    続いて③男と女の愉快な踊り。
    貴族的な衣装に扮した男性、女性たちがアラブ独特の踊りを
    繰り広げます。
    IMG_0366_convert_20100207053051.jpg
    まあ、とにかく陽気な人たちでした。

    そして④ベリーダンス。
    これは最近、日本でもおなじみですね。
    IMG_0412_convert_20100207053755.jpg
    セクシーな腰使い。

    この日は何と、インド人の女の子が踊りにつられて
    ステージに上がってしまうハプニング。
    IMG_0424_convert_20100207054138.jpg
    見よう見まねで踊る姿が可愛らしかったです。

    最後に、砂漠ショー。
    これはステージ上ではなく、このレストランを囲む砂漠の
    砂地の上で行われます。

    行商人に引かれたラクダの隊列からショーは始まります。
    CIMG0169_convert_20100207053216.jpg

    その後には、たいまつを掲げたアラブ人の、馬に乗っての
    戦闘シーン。
    IMG_0396_convert_20100207053519.jpg
    上は、馬の上に立ってたいまつを掲げるパフォーマンス。

    ライトアップされた砂漠の上で行われる、何とも幻想的なショーです。

    今回紹介した上記のショーを見るだけでも、
    ここのレストランを訪れる価値あり、だと思います。

    <続きの記事>
    アルハディーラ おまけ

    にほんブログ村 海外旅行
    にほんブログ村 中東情報


    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ