スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > 「我らの貴婦人」・ノートルダム大聖堂Top Page > パリの見どころ > 「我らの貴婦人」・ノートルダム大聖堂
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    ヨーロッパにとにかく多い「大聖堂」。
    ヨーロッパ観光にはもう欠かせない観光名所です。

    大聖堂はキリスト教の宗教建築で、日本で言うと「寺」に当たるわけですから、
    まあ多くて当たり前なんですけどね。

    当然、パリにも有名な「大聖堂」が。
    ノートルダム大聖堂です。

    ノートルダム大聖堂1

    「ノートルダム」といえば、自分にはむしろ日本でお馴染みの名前で、
    学生時代、「京都ノートルダム女子大学」という女子大が近くにありました。

    この「ノートルダム」という言葉。
    フランス語で、「我らの貴婦人」という意味だそうで、聖母マリアを指すそうで。

    なるほど。
    日本語では「京都聖母マリア女子大学」だったのか、あそこの大学は。


    と、、、話が横道に逸れましたが、このノートルダム大聖堂。
    しばしば「初期ゴシック建築の最高傑作」と言われる建物で、
    外観だけでなく、その内装も非常にきれいです。

    ノートルダム大聖堂2
    ステンドグラスのばら窓。
    直径13mからなる、世界の大聖堂のばら窓の中でも有名なものらしいです。

    中央に黙示録のイエス・キリストが、その周りに使徒と天使達が描かれていますね。

    。。。。

    って、そんなもん、遠すぎて見えるかい!

    この大聖堂のステンドグラスは全体的に位置が高いので、
    じっくり見たい人は、双眼鏡かなんか持っていきましょう。

    ノートルダム大聖堂3
    日本語で「静粛に」。
    さすが、世界的に有名な大聖堂だなー。。。

    でも、こういうところに日本語があると、何か興ざめな感も


    ノートルダム大聖堂4
    最後に、奥さんが記念メダル買ってました。
    2ユーロなり。

    上からはパリを一望できるらしいですが、パリの景色は
    エッフェル塔と凱旋門から嫌というほど見たので、ここではやめときました。


    全高127.5mという大きさを誇る世界を代表する大聖堂。
    写真に全貌を映すにも、相当遠くから撮らないといけないくらいです。

    ただ、その分ステンドグラスが遠くなるからか、
    中の全体的な印象度は素人の自分にはあまり強くなかったかなー。


    おすすめ度:C
    (でっかい大聖堂ですが、ヨーロッパの大聖堂や教会の中では
    インパクトはあまり感じず。)

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ