スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > パリから一路、モンサンミッシェルへ。Top Page > モンサンミッシェルへの行き方 > パリから一路、モンサンミッシェルへ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    パリ観光を終えて向かうのは日本人憧れの地・モンサンミッシェル

    モンサンミッシェルからもう一度パリに戻って帰路につく予定だったので、
    でっかい荷物はそのままホテルへ預け、小さな荷物だけ持って出発。

    パリからモンサンミッシェルへは、4時間くらいの道のり。
    行き方は大体こんな感じです。↓

    まずは、パリのモンパルナス駅からTGVに乗車。

    2時間くらいでレンヌ駅へ到着。

    レンヌ駅からモンサンミッシェル行きのバスに乗る。

    1時間20分くらいでモンサンミッシェル入口へ。

    徒歩でホテルへ。

    ということで、まずはパリからTGVに乗ります。

    TGVって何やねん、と言うと、、、
    いわゆる日本の「新幹線」ですね。

    フランス国有鉄道(SNCF)の超高速列車Train Grande Vitesseの略。

    チケットは駅でも買えますが、事前にネットで買った方が安いので、
    事前に買っておく方がいいでしょう。

    英語かフランス語がある程度分かる人はSNCFのHP
    SNCFホームページ

    日本語ならRail EuropeのHP辺りで予約できます。
    レイルヨーロッパジャパン

    手数料の問題でRail Europeの方が高いこともありますが、
    さすがにチケット予約で書いてあることの意味がわからないのは危険なので、
    言語に自信のない人はレイルヨーロッパジャパンの方でいいと思います。

    さて、予約番号を控えていって駅でチケットを発券してプラットホームを目指します。

    パリからモンサンミッシェルへ1
    レンヌ行き。

    「改札はどこかいな??」と探しながら、TGV乗り場を目指すと。。。

    パリからモンサンミッシェルへ2

    プラットホームまで着いてもーた

    あれ?あれ?
    「いくらなんでも、新幹線がノーチェックはないんやろ??」と
    思って、他の現地人の動きを見ていたら、ホームの傍らの何か黄色い
    ものの前で何かやっとる。

    パリからモンサンミッシェルへ3
    チケット刻印機。
    ああ、これでどこから乗ったか判別できるわけね

    それにしても、ヨーロッパの切符チェックてラフすぎるやろ

    そしてTGVに無事乗車。
    TGVの乗り心地は全然悪くないですが、日本の新幹線の方がいいかな。

    スペインのRENFEなんかはリクライニングがかなりきいて驚きましたが、
    こちらはリクライニングはきかず。

    そして2時間ほどでレンヌ駅へ到着。
    ここでバスに乗り換えます。

    パリからモンサンミッシェルへ4
    駅を出て右手に行くとバスターミナルが。
    待ってたらいつか来ます。

    パリからモンサンミッシェルへ5
    バスからはフランスの地方っぽい石の家の町並み。

    パリからモンサンミッシェルへ6

    あ、遠くに「あれ」が見えた!

    と思ったところでバスの停留所。
    ちなみに停留所の前(写真右手)には割とでかいスーパー。

    モンサンミッシェルの間近にスーパーとかあるんやね

    普段の旅行ではバスとか電車を降りてからホテルまで、荷物を引きずって
    長い道のりがあるんですが、今回はホテルも停留所からすぐでした。

    いやー、よかった、よかった。

    ということで、無事モンサンミッシェルに到着です。

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


      スポンサードリンク

      Comment

      1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

      Comment Form


      管理者にだけ表示を許可する

      検索フォーム

       

      カテゴリ

      全記事一覧

      お知らせ

      ドバイの旅行情報
      トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

      ドバイ 旅行
      フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

      FC2カウンター

      プロフィール

      kentaro3787

      Author:kentaro3787
      たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
      「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

      S:一生に一度は行きたい
      A:訪れて損はなし
      B:この地域に来たら行きたい
      C:良いけど、省略可
      D:行かなくてもいいかな
      (まあ、基準は適当です。)

      時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
      HTMHThHhさ